カテゴリー:祇園祭

  • 長刀鉾

    祇園祭山鉾巡行見どころ7/17・24(辻回し・・・)

    祇園祭山鉾巡行見どころを紹介。祇園祭では2014年(平成26年)に山鉾巡行(後祭)が復活し、山鉾巡行(前祭)が7月17日、山鉾巡行(後祭)が7月24日が行われます。山鉾巡行(前祭)では山鉾23基、山鉾巡行(後祭)では山鉾10基と鷹山が巡行します。
  • 祇園祭(後祭)

    祇園祭山鉾一覧(前祭23基・後祭11基・休山1基)

    祇園祭山鉾一覧を紹介。前祭23基・後祭11基・休山1基、全35基の山鉾の読み方・概要などを紹介しています。祇園祭山鉾とは疫病などの災厄をもたらす疫神を鎮める依り代(よりしろ)です。山鉾はその形態から鉾・曳山・船鉾・傘鉾・舁山に分類されます。
  • 祇園祭

    祇園祭2020人気イベント(宵山・山鉾巡行・・・)

    祇園祭2020人気イベントを紹介しています。祇園祭2020は7月1日の吉符入から31日の疫神社夏越祭までの1ヶ月に渡って行われます。山鉾巡行(前祭・後祭)は広く知られて人気があります。また駒形提灯が灯され、祇園囃子が奏でられる宵山(前祭・後祭)も人気があります。なお人出は天候・曜日などに左右されます。
  • 山鉾搭乗拝観

    祇園祭山鉾見学・搭乗拝観(女人禁制)

    祇園祭山鉾見学(搭乗拝観)(日程・時間等)を紹介。祇園祭山鉾見学(搭乗拝観)は毎年宵山(前祭・後祭)などで行われています。ただ山鉾見学は山鉾により、期間・条件などが異なります。ちなみに長刀鉾(なぎなたほこ)・放下鉾(ほうかほこ)では現在も女人禁制を守り、女性が山鉾に搭乗できなかったりします。
  • 久世駒形稚児社参

    祇園祭稚児(長刀鉾・久世駒形・綾傘鉾)

    祇園祭稚児とは長刀鉾・久世駒形・綾傘鉾の稚児です。長刀鉾稚児とは神のお使いとされ、山鉾巡行(前祭)で長刀鉾に搭乗して注連縄切り・太平の舞を行います。久世駒形稚児とは神の化身とされ、神幸祭・還幸祭で馬に乗って中御座神輿を先導します。
  • ちまき(粽)

    祇園祭ちまき(販売日・飾り方・処分・ご利益)

    祇園祭ちまき(飾り方・処分・ご利益)情報を紹介。ちまき(粽)は山鉾町や八坂神社で販売しています。山鉾町のちまき販売日は原則祇園祭宵山期間で、早めに販売が開始されることもあります。ちまきでは飾り方が疫病神が進入してくる玄関の軒下などに吊るします。
  • 長刀鉾

    祇園祭長刀鉾稚児(稚児とは神の使い)

    祇園祭長刀鉾稚児とは神の使いで、現在唯一の生稚児です。長刀鉾稚児は四条麩屋町に張られた注連縄を太刀で切り、神域との結界を開放し、山鉾が進んでいきます。また長刀鉾稚児は山鉾巡行中に太平の舞を披露し、山鉾巡行のコースを清め祓い、疫病の退散を祈願します。(祇園祭長刀鉾稚児の費用・選び方などは掲載しておりません。)
  • 祇園祭神幸祭

    祇園祭神輿(中御座・東御座・西御座)

    中御座神輿・東御座神輿・西御座神輿の3基の神輿は7月17日の祇園祭神幸祭(しんこうさい)では八坂神社から氏子地区を回り、御旅所まで巡行します。また7月24日の祇園祭還幸祭(かんこうさい)では御旅所から氏子地区を回り、御供社(又旅社)を経由して、八坂神社に戻ります。
  • 祇園祭前祭宵山

    祇園祭歴史起源(祇園祭とは牛頭天王の祟りが由来)

    祇園祭歴史を簡単に紹介。祇園祭とは869年(貞観11年)に全国に疫病が流行し、牛頭天王(素戔嗚尊)の祟りであるとしたのが起源由来です。祇園祭歴史は千年以上の歴史があるが、室町時代に延暦寺・日吉大社の影響によって中止・延期になった歴史もあります。
  • 長刀鉾

    祇園祭見どころ(前祭)(宵山・山鉾巡行・・・)

    祇園祭見どころ(前祭)を紹介しています。祇園祭見どころ(前祭)には山鉾建て・山鉾曳き初め・宵山・山鉾巡行・神幸祭などがあります。その内、駒形提灯が灯され、祇園囃子が奏でられる宵山と長刀鉾を先頭に山鉾23基が巡行する山鉾巡行が祇園祭見どころ(前祭)となっています。
  • 大船鉾

    祇園祭見どころ(後祭)(宵山・山鉾巡行・・・)

    祇園祭見どころ(後祭)を紹介しています。祇園祭見どころ(後祭)には山鉾建て・山鉾曳き初め・宵山・山鉾巡行・花傘巡行・還幸祭などがあります。その内、駒形提灯が灯され、祇園囃子が奏でられる宵山と橋弁慶山を先頭に山鉾10基が巡行する山鉾巡行が祇園祭見どころ(後祭)となっています。
  • 函谷鉾曳き初め

    祇園祭山鉾曳き初め・舁き初め7/12~21(日程・・・)

    祇園祭山鉾曳き初め・舁き初めは7月17日の山鉾巡行(前祭)・7月24日の山鉾巡行(後祭)に先立って、組み立てた山鉾を本番さながらに動かします。曳き初めなどでは山鉾を見るだけでなく、曳く体験ができます。なお曳き初めなどは全ての山鉾で行われるのではなく、一部の山鉾で行われます。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る