役行者山(ちまき販売・・・)疾病除け・交通安全

役行者山

役行者山(読み方:えんのぎょうじゃやま)

役行者山(ちまき販売・ご利益・マップ)を紹介しています。役行者山ちまき販売は例年7月21日から23日です。(要確認)役行者山ちまきのご利益は疾病除け・交通安全・安産です。役行者山では護摩焚きが行われます。

【祇園祭ちまき販売(後祭) 販売日・時間(要確認)】
祇園祭ちまき販売(後祭)は例年7月21日~23日です。一部の山鉾町では7月20日から始まります。
祇園祭ちまき販売(後祭)2023
●祇園祭の主要行事の日程を確認できます。(下記リンク参照)
祇園祭2023日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【役行者山 マップ・アクセス】
場所・・・京都府京都市中京区室町通三条上る役行者町
最寄り駅・バス停・・・四条駅(徒歩約12分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
祇園祭山鉾マップ(後祭)by グーグルマップ

【役行者山 ちまきなどの授与品】
ちまき(粽)・疾病除けのお守り・護摩木・安産のお守りなど

【役行者山 搭乗(要確認)】

【役行者山 ご利益】
疾病除け・交通安全・安産

スポンサーリンク

【役行者山 歴史・簡単概要】
役行者山(読み方:えんのぎょうじゃやま)は起源が明確ではありません。役行者山は室町時代中期の応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))前の山鉾と地名を記した「祗園社記(ぎおんしゃき)」第15(八坂神社記録)に記されている「ゑんの行者山(姉小路室町と三条間)」とも言われ、応仁の乱前には既に創建されていたと言われています。役行者山は修験道(しゅげんどう)の開祖である役行者・役小角(えんのおづの)が、一言主神(ひとことぬしのかみ)を使って葛城(かつらぎ)と大峰(おおみね)の間に石橋を架けたという故事に由来しています。役行者は飛鳥時代から奈良時代の呪術僧で、藤原鎌足(ふじわらのかまたり)の病気を平癒させたとも言われています。役行者は十代の頃に奈良・元興寺(げんこうじ)で孔雀明王(くじゃくみょうおう)の呪法を学び、葛城・熊野(くまの)・大峰で山岳修行を続け、吉野金峯山(きんぷさん)で金剛蔵王大権現(こんごうざおうごんげん)を感得し、日本古来の山岳信仰(宗教)と外来の密教(仏教)などを融合させた修験道の基礎を築いたと言われています。江戸時代には神変大菩薩(じんぺんだいぼさつ)の諡号を勅賜されたと言われています。一言主神は第21代・雄略天皇(ゆうりゃくてんのう)が葛城で狩りをした際に現れ、葛城神(かつらぎしん)と同一の神とも言われているそうです。
*参考・・・役行者山(祇園祭山鉾後祭)
●祇園祭山鉾は平安時代中期の999年(長保元年)が起源とも言われています。
祇園祭山鉾とは疫神を鎮める依り代

【役行者山 特徴・懸装品】
●御神体は役行者・一言主神・葛城神です。役行者は洞(ほこら)で、角帽子(すんぼうし)・掛絡(から)・経巻(きょう かん)・錫杖(しゃくじょう)を持って座しています。一言主神は鬼形で、赤熊(しゃぐま)を被って手に斧(おの)を持っています。葛城神は女体で、手に宝輪(ほうりん)をのせた輪台(りんだい)を手に持っています。
●水引は西山勘七(にしやまかんしち)作の唐子遊図(からこゆうず)の綴錦(つづれにしき)、胴懸は雲龍波濤文様(うんりゅうはとうもんよう)の綴錦です。前懸の牡丹胡蝶図(ぼたんこちょうず)と雲龍文様の三枚継ぎは1997年(平成9年)にレプリカに代えられました。見送は袋中上人(たいちゅうしょうにん)請来と言われている龍文様のものを二枚合わせて、赤地古金襴(あかじこきんらん・安楽庵裂)で縁どった1枚と中国・明時代の官工場で作られた金地唐美人図(きんじとうびじんず)の綴錦の1枚があったが、1982年(昭和57年)に金地唐美人図の綴錦のレプリカに代えられました。
●山担ぎ手の法被は2001年(平成13年)度にレプリカに代えられました。

【役行者山 行事(要確認)】
●役行者山護摩焚きでは聖護院の山伏が護摩木を焚き上げ、祈願成就と山鉾巡行(祇園祭)の安全を祈願します。
祇園祭役行者山護摩焚き
●宵山(7月21日~7月23日)では夕方から駒形提灯を灯します。
祇園祭宵山(後祭)
●山鉾巡行(7月24日)では烏丸御池から御池通・河原町通・四条通の順に巡行します。
祇園祭山鉾巡行(後祭)

【役行者山 備考(要確認)】
●日程・時間は変更になっている場合があります。必ず確認して下さい。
聖護院門跡は1090年(寛治4年)白河上皇が熊野三山を参詣する熊野御幸の際、先達を務めた増誉大僧正(ぞうよだいそうじょう)が常光寺を下賜され、聖体護持の二字から聖護院となったのが起源です。
祇園祭2023日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)
●祇園祭の山鉾(前祭23基・後祭11基・休山1基)の名称・読み方・由緒・ちまき(粽)などの情報を確認できます。
祇園祭山鉾一覧

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る