祇園祭山鉾巡行(後祭)2020/7/24(日程・時間・・・)

祇園祭山鉾巡行(後祭)

祇園祭山鉾巡行(後祭)

祇園祭山鉾巡行(後祭)2020(時間・順番・ルート・・・)を紹介しています。山鉾巡行(後祭)は7月24日に神輿渡御・還幸祭(かんこうさい)に先立って行われます。山鉾巡行では橋弁慶山(はしべんけいやま)を先頭に山鉾10基と鷹山(唐櫃巡行)が7月2日のくじ取り式で決まった順番に烏丸御池から出発し、御池通・河原町通・四条通を巡行します。(詳細下記参照)

●鷹山は2021年まで唐櫃巡行し、2022年に完全復帰を目指しています。

【祇園祭山鉾巡行(後祭)2020 日程時間(要確認)】
祇園祭山鉾巡行(後祭)2020は2020年(令和2年)7月24日(金曜日)9:30に烏丸御池を出発します。なお山鉾巡行(前祭)2020は7月17日(水曜日)9:00に四条烏丸を出発します。
祇園祭山鉾巡行(前祭)2020
祇園祭2020日程(山鉾巡行・宵山・・・)祇園祭2020日程一覧(山鉾巡行・宵山・・・)祇園祭2020(山鉾巡行・宵山・・・)

【祇園祭山鉾巡行(後祭)2020 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市・烏丸御池
最寄り駅・バス停・・・烏丸御池駅(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

【祇園祭山鉾巡行(後祭)2020 時間タイムテーブル】
烏丸御池出発(9:30)→河原町御池(10:00頃)→四条河原町(10:40頃)→四条烏丸到着(11:20頃)
祇園祭山鉾巡行コース(後祭)

スポンサーリンク


【祇園祭山鉾巡行(後祭) 簡単概要】
祇園祭山鉾巡行(後祭)は夕方から行われる神輿渡御・還幸祭(かんこうさい・おかえり)に先立って行い、山鉾巡行で祓い清めます。山鉾巡行では橋弁慶山(はしべんけいやま)を先頭に山鉾10基と鷹山(唐櫃巡行)が7月2日のくじ取り式で決まった順番に烏丸御池から出発し、御池通・河原町通・四条通を巡行します。山鉾巡行では京都市役所前でくじ改め、河原町御池・四条河原町の交差点で辻回しは行われます。また囃子方がある北観音山・南観音山・大船鉾は巡行中に祇園囃子を奏でます。ちなみに河原町通などでは山鉾巡行の山鉾が通り過ぎた後、花傘巡行を見ることもできます。なお山鉾巡行(後祭)では山鉾巡行(前祭)で行われる注連縄切りや長刀鉾稚児による稚児舞(太平の舞)は行われません。
辻回しは山鉾巡行中に鉾(ほこ)・曳山(ひきやま)・船鉾(ふねほこ)が交差点で90度方向転換する際に行なわれます。辻回しでは道路に青竹などを敷って水を掛け、引き綱を何回か横から引き、山鉾を90度方向転換させます。なお辻回しは山鉾巡行の最大の見どころとも言われています。
くじ改めではくじ取り式で決まった順番で山鉾巡行が行われているかを確認します。奉行役の京都市長に各山鉾町の町行司がくじ(鬮)の入った文箱を扇子を使って紐を解き、蓋を開けてくじ(鬮)を差し出します。
祇園祭山鉾巡行見どころ祇園祭くじ改め祇園祭辻回し
●昨年の山鉾巡行(後祭)順番は橋弁慶山・北観音山・鯉山・八幡山・黒主山・南観音山・役行者山・浄妙山・鈴鹿山・鷹山・大船鉾の順に巡行します。
祇園祭山鉾巡行順番(後祭)祇園祭山鉾巡行(後祭)場所取り

【祇園祭山鉾巡行(後祭) 基礎知識】
山鉾巡行の山鉾はその形から鉾(ほこ)・曳山(ひきやま)・船鉾(ふねほこ)・傘鉾(かさほこ)・舁山(かきやま)に分類されます。
●鉾・曳山・船鉾には祇園囃子を奏でる囃子方(はやしかた)、鉾・曳山には屋根方(やねかた)、長刀鉾には稚児(ちご)などが搭乗します。山鉾巡行では石持の上に渡された横木にのる2人の音頭取り(おんどとり)の「エンヤラヤー」の掛け声とともに曳方(ひきかた・曳子)が綱を曳き、車方(くるまがた)がてこ棒を使って車輪を調整し、進行方向を微妙に変えたり、ブレーキを掛けたりします。辻回しでは車方が道路に青竹(ささら)などを敷って水を掛け、4人となった音頭取りの「ヨイヨイヨイトセ ヨイトセ」の掛け声とともに曳方が綱を横から曳いて90度方向転換させます。山鉾巡行の見せ場である辻回しは鉾(重さ約10~12トン)・曳山(重さ約8~10トン)・船鉾(重さ約8~10トン)が約8トン以上あることから数回曳いて90度方向転換します。
●舁山は舁き手が舁きます。(舁山は現在人手不足から補助輪が付けられています。)

【祇園祭山鉾巡行(後祭) 曳山】
●北観音山は山の上には楊柳観音像と韋駄天立像を祀っていることに由来しています。(辻回し)
●南観音山は楊柳観音像と脇侍・善財童子像を祀っていることに由来しています。なお南観音山は下り観音山とも言われています。(辻回し)

【祇園祭山鉾巡行(後祭) 舁山】
●橋弁慶山は五条橋で牛若丸と弁慶の出会った謡曲・橋弁慶に由来しています。(くじ取らず先頭1番目)
●鯉山は中国黄河の難所である龍門の滝を登った鯉は龍になるという故事・登龍門に由来しています。
●浄妙山は1180年(治承4年)の宇治川の合戦の際の三井寺の僧兵・筒井浄妙の先陣争いに由来しています。
●黒主山は謡曲・志賀に歌われている平安時代の歌人で、六歌仙の一人である大伴黒主に由来しています。
●役行者山は修験道の開祖である役行者・小角が一言主神を使って葛城と大峰の間に石橋を架けたという故事に由来しています。
●鈴鹿山は伊勢の鈴鹿山で人々を苦しめた悪鬼を退治した鈴鹿権現・瀬織津姫命の伝説に由来しています。
●八幡山は町内に祀られていた八幡宮を勧請したことに由来しています。八幡山の鳥居には夫婦円満を象徴する雌雄の鳩が向かい合って止まっています。

【祇園祭山鉾巡行(後祭) 船鉾】
●大船鉾は1864年(元治元年)の元治の大火で焼失したが、2014年に150年振りに巡行に復帰しました。大船鉾は船鉾が出陣の船鉾と言われるのに対し、凱旋の船と言われています。(辻回し)

【祇園祭山鉾巡行(後祭)2020 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭宵山2020祇園祭山鉾巡行2020

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る