祇園祭山鉾巡行コース(後祭)7/24

大船鉾

祇園祭山鉾巡行コース(後祭)

祇園祭山鉾巡行コースルートを紹介しています。祇園祭山鉾巡行(後祭)では橋弁慶山・鯉山・浄妙山・黒主山・役行者山・鈴鹿山・八幡山・北観音山・南観音山・大船鉾の10基と鷹山(唐櫃巡行)が巡行します。なお山鉾巡行(後祭)のコースルートでは山鉾巡行(前祭)の逆になります。

【祇園祭山鉾巡行(後祭) 日程時間(要確認)】
山鉾巡行(後祭)は毎年7月24日9:30から烏丸御池出発を出発します。なお山鉾巡行(後祭)は雨天決行です。
祇園祭山鉾巡行(後祭)2020
祇園祭2020日程(山鉾巡行・宵山・・・)祇園祭2020日程一覧(山鉾巡行・宵山・・・)祇園祭2020(山鉾巡行・宵山・・・)

【祇園祭山鉾巡行コース マップ・地図】

【祇園祭山鉾巡行コース タイムテーブル】
烏丸御池出発(9:30)→河原町御池(10:00頃)→四条河原町(10:40頃)→四条烏丸到着(11:20頃)

スポンサーリンク


【御池通 スタート地点】
山鉾巡行(後祭)では橋弁慶山・鯉山・浄妙山・黒主山・役行者山・鈴鹿山・八幡山・北観音山・南観音山・大船鉾の10基の山鉾と鷹山(唐櫃巡行)が御池通を目指し、新町通などを北上します。
(新町通基礎知識)
新町通は北端の上賀茂橋から南端の十条通南まで南北に走っています。新町通には通りを横断する電線が張られておらず、大型の山鉾が通ることができます。

【烏丸御池出発 9:30】
山鉾巡行(後祭)では10基の山鉾と鷹山が橋弁慶山を先頭に烏丸御池交差点から御池通を東に進みます。途中京都市役所前でくじ改めが行われます。なお山鉾巡行(後祭)では注連縄切りは行われません。
(烏丸通基礎知識)
烏丸通(からすまどおり)は北端の今宮通から南端の十条通南まで南北に走っています。
(御池通基礎知識)
御池通は東端の川端通から西端の佐井通まで東西に走っています。御池通の名称はかつて禁苑(宮中の庭)だった神泉苑(しんせんえん)の前を走っていることに由来しています。
くじ改め(後祭)・祇園祭山鉾巡行コース

【河原町御池交差点到着 10:05頃】
山鉾巡行(後祭)では河原町御池交差点で90度方向転換し、河原町通を南下します。河原町御池交差点では北観音山・南観音山・大船鉾が辻回しを行います。
(河原町通基礎知識)
河原町通は北端の葵橋西詰から南端の十条通まで南北に走っています。河原町通は安土桃山時代の関白・豊臣秀吉による京都改造後に開かれ、名称は鴨川の河原だったことに由来しています。
辻回し(後祭)・祇園祭山鉾巡行コース

【四条河原町交差点到着 10:40頃】
山鉾巡行(後祭)では四条河原町交差点で90度方向転換し、四条通を西に進みます。四条河原町交差点では北観音山などが辻回しを行います。
(四条通基礎知識)
四条通は東端の八坂神社の石段下(東大路通)から西端の松尾大社(松尾橋)まで東西に走っています。四条通はかつて新京極通から天神川近辺までは平安京の四条大路でした。

【四条烏丸交差点到着 11:20頃】
山鉾巡行(後祭)では四条烏丸交差点に到着すると公式的に終了して解散になります。その後山鉾は新町通などを通て戻ります。四条新町交差点でも北観音山などが辻回しを行います。
(室町通基礎知識)
室町通は北端の北山通から南端の十条通南まで南北に走っています。室町通の名称はかつて室があったとも、室町川が流れていたからとも言われています。室町通には足利将軍家室町第(室町殿・花の御所)が造営され、室町幕府・室町時代の由来になっています。

【祇園祭山鉾巡行コース 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭宵山2020祇園祭山鉾巡行2020

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る