浄妙山(ちまき販売・・・)勝ち運

浄妙山

浄妙山(読み方:じょうみょうやま)

浄妙山(ちまき販売・ご利益・マップ)を紹介しています。浄妙山ちまき販売は例年7月21日から23日です。(要確認)21~23日(10:00~22:00)ただ売り切れることもあります。なお浄妙山ちまきのご利益は勝ち運です。

【祇園祭ちまき販売(後祭) 販売日・時間(要確認)】
祇園祭ちまき販売(後祭)は例年7月21日~23日です。一部の山鉾町では7月20日から始まります。
祇園祭ちまき販売(後祭)2023
●祇園祭の主要行事の日程を確認できます。(下記リンク参照)
祇園祭2023日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【浄妙山 マップ・アクセス】
場所・・・京都府京都市中京区六角通烏丸西入骨屋町
最寄り駅・バス停・・・四条駅(徒歩約7分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
祇園祭山鉾マップ(後祭)by グーグルマップ

【浄妙山 ちまきなどの授与品】
ちまき(粽)・手拭・勝お守り・懐紙・交通安全のお守りなど

【浄妙山 搭乗(要確認)】

【浄妙山 ご利益】
勝ち運

スポンサーリンク

【浄妙山 歴史・簡単概要】
浄妙山(読み方:じょうみょうやま)は起源が明確ではありません。浄妙山は室町時代中期の応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))前の山鉾と地名を記した「祗園社記(ぎおんしゃき)」第15(八坂神社記録)に記されている「しゃうめう山(四条坊門烏丸と室町間)」とも言われ、応仁の乱前には既に創建されていたと言われています。浄妙山は平安時代末期の1180年(治承4年)に行われた宇治川(うじがわ)の合戦の際の僧兵・筒井浄妙(つついじょうみょう)と一来法師(いちきほうし)の先陣争い(橋合戦)に由来しています。筒井浄妙が先陣争いで一番乗りしようと橋桁を渡ろうとした際、後から来た一来法師が「悪しゅう候(あしゅうそろう)、御免あれ(ごめんあれ)」と言いながら筒井浄妙の頭の上をひらりと飛び越え、一番乗りを果たして先陣を取りました。筒井浄妙は近江(滋賀)・三井寺(みでら・園城寺(おんじょうじ))の僧兵で、源頼政(みなもとのよりまさ)・以仁王(もちひとおう)などが平家打倒の挙兵をした際に宇治川の合戦に参戦し、平家方の兵を83人を討ったが、自らも鎧兜に63本もの矢を射られ、5本は鎧の内側まで達したと言われているそうです。一来法師は筒井浄妙の弟子とも言われています。浄妙山は宇治川の合戦の先陣争いから悪しゅう候山(あしゅうそうろうやま)とも、胴掛のビロード織からビロード山とも言われています。また宇治川の合戦は平家の勝ちに終わったが、その後平家が滅亡したことから浄妙山は勝ち運の山とも言われているそうです。
*参考・・・浄妙山(祇園祭山鉾後祭)
●祇園祭山鉾は平安時代中期の999年(長保元年)が起源とも言われています。
祇園祭山鉾とは疫神を鎮める依り代

【浄妙山 特徴・懸装品】
●御神体の一来法師と筒井浄妙は一来法師が筒井浄妙の頭上を飛び越える姿をしています。一来法師の左手と筒井浄妙の頭は木片の楔(くさび)だけで繋がり、黒漆塗の橋桁には何本もの矢が刺さっています。なおかつての筒井浄妙の鎧・黒韋威肩白胴丸(くろかわおどしかたじろどうまる)は室町時代に作られ、重要文化財に指定されています。
●水引は布ではなく、波濤文様(はとうもんよう)の彫刻です。見送は本山善右衛門が織った雲龍文様(うんりゅうもんよう)のかがり織です。胴懸はビロード織の琴棋書画図(きんきしょが)だったが、長谷川等伯(はせがわとうはく)の原画による柳橋水車図(りゅうきょうすいしゃず)に代えられました。また前懸が長谷川久蔵(はせがわきゅうぞう)筆の桜図と後懸が長谷川等伯筆の楓図を原画としたものにそれぞれ新調しました。なお桜図・楓図はともに智積院所蔵の障壁画です。

【浄妙山 行事(要確認)】
●宵山(7月21日~7月23日)では夕方から駒形提灯を灯します。
祇園祭宵山(後祭)
●山鉾巡行(7月24日)では烏丸御池から御池通・河原町通・四条通の順に巡行します。
祇園祭山鉾巡行(後祭)

【浄妙山 備考(要確認)】
●日程・時間は変更になっている場合があります。必ず確認して下さい。
祇園祭2023日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)
●祇園祭の山鉾(前祭23基・後祭11基・休山1基)の名称・読み方・由緒・ちまき(粽)などの情報を確認できます。
祇園祭山鉾一覧

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る