祇園祭2021日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

祇園祭

祇園祭2021日程一覧

祇園祭日程2021一覧では7月1日から31日までの1日ごとに行事を紹介しています。宵山は前祭が7月14日~16日、後祭が7月21日~23日になり、駒形提灯が灯され、祇園囃子が奏でられます。山鉾巡行は前祭が7月17日、後祭が7月24日になり、山鉾が都大路を巡行します。

●2021年4月15日、京都新聞は祇園祭の山鉾巡行が中止になったと報道しました。諸行事は今後変更などが発表されると考えられます。京都新聞ホームページ

【祇園祭2021日程(要確認)】
祇園祭2021日程(●コロナによる実施の有無・内容要確認)は2021年(令和3年)7月1日(木曜日)~31日(土曜日)に行われます。
●宵山(前祭)・・・7月14日(水曜日)~16日(金曜日)
●屋台露店・・・7月15日(木曜日)~16日(金曜日)
●宵山(後祭)・・・7月21日(水曜日)~23日(金曜日)
●山鉾巡行(前祭)・・・7月17日(土曜日)
●山鉾巡行(後祭)・・・7月24日(土曜日)
祇園祭2021日程(山鉾巡行・宵山・・・)

【祇園祭 基礎知識】
祇園祭・祇園祭り(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に京都をはじめ全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が神泉苑に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来の化身とされる牛頭天王を祀り、更に牛頭天王を主祭神とする八坂神社から3基の神輿を送り、病魔退散を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。
祇園祭歴史

スポンサーリンク

【7月1日】
●吉符入・・・5日頃までに山鉾町などで打合せが行われ、神事(祇園祭)の無事を祈願します。(通常非公開・日程例外あり)
●長刀鉾町お千度・・・10:00から稚児などが八坂神社を訪れ、選ばれたことを報告し、神事(祇園祭)の無事を祈願します。本殿を時計回りに3周し、正面と背面(裏正面)で立ち止まって祈願します。稚児は神のお使いとされ、長刀鉾は山鉾巡行(前祭)で先頭を巡行します。
祇園祭長刀鉾町お千度2021
●二階囃子・・・囃子方がある山鉾町の会所二階などで祇園囃子の稽古が始まります。囃子方は長刀鉾・函谷鉾・鶏鉾・菊水鉾・月鉾などにあります。普段から稽古が行われることもあります。

【7月2日】
●くじ取り式・・・10:00から京都市役所で山鉾巡行の順番を決めます。くじ取らずの10基(前祭5基・後祭5基)を除く、24基(前祭18基・後祭6基)の山鉾の順番を決めます。(後祭くじ取らずの鷹山含む)
●山鉾連合会社参・・・くじ取り式後の11:30頃から八坂神社を訪れ、くじ取り式の結果を報告し、神事(祇園祭)の無事を祈願します。

【7月3日】
●船鉾神面改め・・・10:00から船鉾町でご神体に取り付ける本面と写し面を確認します。(通常非公開)

【7月5日】
●長刀鉾稚児舞披露・・・15:30頃から稚児が長刀鉾町の会所二階で清め祓い、疫病退散を祈願する稚児舞(太平の舞)を披露します。稚児舞は山鉾巡行(前祭)中、注連縄切りの際や町名が変わる度に披露されます。
祇園祭長刀鉾稚児舞披露2021

【7月7日】
●綾傘鉾稚児社参・・・14:00から稚児などが八坂神社を訪れ、選ばれたことを報告し、神事(祇園祭)の無事を祈願します。本殿を時計回りに3周し、正面と背面(裏正面)で立ち止まって祈願します。

【7月9日】
●出囃子・・・17:30から菊水鉾・四条傘鉾が河原町オーパ(OPA)で祇園囃子を披露します。四条傘鉾では赤熊(しゃぐま)を付けた棒振りも行われます。

【7月10日】
●山鉾建て(前祭)・・・午前中から14日までに23基の山鉾が組み立てられます。釘を1本も使わず、荒縄などによる縄絡みと言われる伝統技法で組み立てます。(山鉾町で日程が異なります)
●神用水清祓式・・・10:00から四条大橋の東岸で神事を行い、夕方からの神輿洗の水を鴨川(宮川)から汲み上げます。
●高橋町社参・・・11:00から7月17日の山鉾巡行(前祭)で注連縄切りが行われる斎竹を建てる高橋町が八坂神社を訪れ、神事(祇園祭)の無事を祈願します。
●日本神話語り奉納・・・13:00から八坂神社で日本神話の語りが奉納されます。(要確認)
●お迎え提灯・・・16:30から行列が八坂神社から京都市役所に向かい、17:30頃から市役所前(本能寺境内)で芸能が奉納されます。その後20:30頃に八坂神社に戻り、神輿洗後の神輿を迎え、舞踊などが能舞台で奉納されます。
祇園祭お迎え提灯2021
●神輿洗・・・18:00から3基の神輿が神輿倉から出され、その後八坂神社から四条大橋までを松明で清め、中御座神輿を八坂神社から四条大橋まで担いで神用水で清めます。20:00頃に榊によって振り掛けられた神用水を浴びると厄除けのご利益があるとも言われています。20:30頃に戻って中御座神輿が飾り付けられます。
祇園祭神輿洗2021(7月10日)

【7月12日】
●山鉾曳き初め(前祭)・・・14:00から函谷鉾(四条通)、14:30から鶏鉾(室町通)、15:00から月鉾(四条通)・菊水鉾(室町通)、15:30から長刀鉾(四条通)が曳かれます。長刀鉾では稚児舞(太平の舞)が行われます。一般人でも並ぶと参加できることがあります。
祇園祭山鉾曳き初め2021(7月12日)

【7月13日】ちまき販売(前祭)開始
●ちまき販売(前祭)・・・16日まで山鉾町で厄除けちまきを購入できます。厄除けちまきなどを購入すると山鉾に搭乗できる場合があります。(山鉾町で日程が異なります。売れ切れあり)
祇園祭ちまき販売(前祭)2021
●長刀鉾稚児社参・・・11:00から稚児が八坂神社を訪れ、正五位少将・十万石大名の位を授かります。長刀鉾の上から貴人を見下ろしても不遜にならないように位を授かります。
祇園祭長刀鉾稚児社参2021
●菊水鉾お茶席・・・16日まで午後から菊水鉾でお茶席が設けられ、稚児人形に因んだ和菓子・したたりが出されます。(要確認)
●山伏山茅の輪くぐり・・・16日まで山伏山の蔵前に設置された直径約2.5メートルの茅の輪をくぐり、厄除け・無病息災を祈願できます。(要確認)
●舁山舁き初め(前祭)・・・12:00から蟷螂山(西洞院通)が舁かれます。一般人でも並ぶと参加できることがあります。
●久世駒形稚児社参・・・14:00から稚児が八坂神社を訪れ、神事(祇園祭)の無事を祈願します。稚児は神の化身とされ、7月17日の神幸祭・7月24日の還幸祭で中御座神輿を先導します。
●山鉾曳き初め(前祭)・・・15:00から放下鉾(新町通)・船鉾(新町通)・岩戸山(新町通)が曳かれます。一般人でも並ぶと参加できることがあります。
祇園祭山鉾曳き初め舁き初め2021(7月12日)

【7月14日】宵山(前祭)開始
●屏風祭(前祭)・・・16日頃まで山鉾町の町屋などで家宝の屏風などが披露されます。秘蔵の家宝を虫干しを兼ねて飾ります。
祇園祭屏風祭(前祭)2021
●御朱印集め(前祭)・・・16日まで山鉾町の御朱印を集めることができます。志納金が必要な場合などがあります。
●古式一里塚松飾式・・・14:00から八坂神社の神職・長刀鉾稚児などを招き、松原中之町の町会所・祗園床で神事が行われます。(要確認)松原通ではかつて山鉾巡行が行われていました。
●宵々々山(前祭)・・・夕方から山鉾の駒形提灯が灯され、囃子方がある山鉾で祇園囃子が奏でられます。綾傘鉾・四条傘鉾で棒振り踊りが行われます。(歩行者天国・屋台露店なし)
祇園祭宵山(前祭)2021

【7月15日】
●斎竹建て・・・4:30頃から四条麩屋町交差点に7月17日の山鉾巡行(前祭)で注連縄切りが行われる斎竹が建てられます。
●屋台露店・・・お昼前から夜遅くまで屋台露店が烏丸通・室町通・新町通などに立ち並びます。
祇園祭屋台露店2021
●生間流式庖丁・・・10:00から八坂神社の本殿内で生間流式庖丁が奉納されます。
●山伏山護摩焚き・・・11:00から聖護院の山伏が山伏山で護摩木を焚き上げ、祈願成就と山鉾巡行の安全を祈願します。(要確認)
●伝統芸能奉納・・・15:00から八坂神社で今様歌舞楽・一絃琴・琵琶などの伝統芸能が能舞台で奉納されます。
●宵々山(前祭)・・・夕方から山鉾の駒形提灯が灯され、囃子方がある山鉾で祇園囃子が奏でられます。綾傘鉾・四条傘鉾で棒振り踊りが行われます。夕方から四条通・烏丸通などが歩行者天国になります。
●宵宮神賑奉納行事前夜祭・・・19:00頃から八坂神社の石段下でビアカウンターなどが設けられます。(要確認)
●宵宮祭・・・20:00から八坂神社の境内の明かりを消し、本殿から3基の神輿に神霊を遷します。宵宮祭は撮影禁止です。
●いけばな展・・・17日まで四条通(八坂神社の石段下から四条烏丸)に面した店舗のショーウィンドーに生け花が展示されます。

【7月16日】
●献茶祭・・・9:00から八坂神社で境内の井戸水で点てたお茶を神前に供えます。
●屋台露店・・・お昼前から夜遅くまで屋台露店が烏丸通・室町通・新町通などに立ち並びます。
●宵山(前祭)・・・夕方から山鉾の駒形提灯が灯され、囃子方がある山鉾で祇園囃子が奏でられます。綾傘鉾・四条傘鉾で棒振り踊りが行われます。夕方から四条通・烏丸通などが歩行者天国になります。
●宵宮神賑奉納行事・・・19:00頃から八坂神社の石段下の臨時ステージで京舞(祇園甲部歌舞会)・舞楽などの各種芸能が奉納されます。
●石見神楽・・・18:30から八坂神社で石見神楽が能舞台で奉納されます。大蛇(おろち)などが奉納されます。
●日和神楽(前祭)・・・21:00頃から囃子方がある山鉾町が祇園囃子を奏でながら四条御旅所に向かい、囃子を奉納して晴天を祈願します。
祇園祭日和神楽(前祭)2021
●船鉾神功皇后御神体腹帯巻き・・・23:30から船鉾の御神体・神功皇后に安産祈願の腹帯が巻かれます。(非公開)巡行後に祈願者に渡されます。
●弓矢町武具飾り・・・17日まで松原通(西福寺前から松原橋)沿いの町家や町会所である弓箭閣などに甲冑が飾られます。

【7月17日】前半のハイライト
●山鉾巡行(前祭)・・・9:00から四条烏丸を出発し、長刀鉾を先頭に23基の山鉾が四条通・河原町通・御池通を巡行します。巡行中にくじ改め・注連縄切り・辻回しが行われます。
祇園祭山鉾巡行(前祭)2021
●お位返しの儀・・・14:00頃から長刀鉾稚児が八坂神社を訪れ、授かった正五位少将・十万石大名の位を返します。
●神幸祭(おいで)・・・16:00から本殿で始まり、18;00に八坂神社の石段下で出発式が行われます。18:30頃に3基の神輿が石段下で差し上げられ、その後3基の神輿が氏子町を回り、四条御旅所に向かいます。3基の神輿は別々のコースを回り、四条御旅所に向かいます。
祇園祭神幸祭2021

【7月18日】
●山鉾建て(後祭)・・・午前中から21日までに10基の山鉾が組み立てられます。釘を1本も使わず、荒縄などによる縄絡みと言われる伝統技法で組み立てます。(山鉾町で日程が異なります)

【7月19日】
●松取式・・・13:00頃から北観音山・南観音山が京都鳴滝で伐採された2本の真松をジャンケン・くじ引きで選びます。(要確認)

【7月20日】ちまき販売(後祭)開始
●ちまき販売(後祭)・・・23日まで山鉾町で厄除けちまきを購入できます。厄除けちまきなどを購入すると山鉾に搭乗できる場合があります。(山鉾町で日程が異なります。売れ切れあり)
祇園祭ちまき販売(後祭)2021
●山鉾曳き初め(後祭)・・・15:00から北観音山(新町通)・南観音山(新町通)・大船鉾(新町通)が曳かれます。一般人でも並ぶと参加できることがあります。
祇園祭山鉾曳き初め2021(7月20日)
●花傘巡行馬長稚児・児武者宣状式・・・15:00から八坂神社で馬長稚児・児武者に宣状が交付されます。
●山鉾舁き初め(後祭)・・・16:00から八幡山(新町通)が関係者によって舁かれます。

【7月21日】宵山(後祭)開始
●屏風祭(後祭)・・・23日頃まで山鉾町の町屋などで家宝の屏風などが披露されます。秘蔵の家宝を虫干しを兼ねて飾ります。
祇園祭屏風祭(後祭)2021
●御朱印集め(後祭)・・・23日まで山鉾町の御朱印を集めることができます。志納金が必要な場合などがあります。
●山鉾舁き初め(後祭)・・・11:00から橋弁慶山(蛸薬師通)が関係者によって舁かれます。
●宵々々山(後祭)・・・夕方から山鉾の駒形提灯が灯され、囃子方がある山鉾で祇園囃子が奏でられます。(歩行者天国・屋台露店なし)
祇園祭宵山(後祭)2021

【7月22日】
●エコ屋台村・・・17:00から京都芸術センターでエコ屋台村が行われます。オープニング・セレモニーが行われます。
祇園祭エコ屋台村2021
●宵々山(後祭)・・・夕方から山鉾の駒形提灯が灯され、囃子方がある山鉾で祇園囃子が奏でられます。(歩行者天国・屋台露店なし)

【7月23日】
●煎茶献茶祭・・・9:00から八坂神社で煎茶を神前に供えます。
●琵琶奉納・・・13:00から八坂神社で琵琶が奉納されます。(要確認)
●役行者山護摩焚き・・・14:00から聖護院の山伏が役行者山で護摩木を焚き上げ、祈願成就と山鉾巡行の安全を祈願します。(要確認)
●オハケ清祓・・・14:00から又旅社(御供社)で3基の神輿の神霊が宿って休憩するオハケが清められます。
●エコ屋台村・・・17:00から京都芸術センターでエコ屋台村が行われます。
●宵山(後祭)・・・夕方から山鉾の駒形提灯が灯され、囃子方がある山鉾で祇園囃子が奏でられます。(歩行者天国・屋台露店なし)
●日和神楽(後祭)・・・20:30頃から囃子方がある山鉾町が祇園囃子を奏でながら四条御旅所に向かい、囃子を奉納して晴天を祈願します。
祇園祭日和神楽(後祭)2021
●南観音山あばれ観音・・・23:00頃から南観音山の御神体・楊柳観音像を蓮台にぐるぐる巻にし、町内を回ります。日和神楽(後祭)が終わった直後に行われます。
祇園祭南観音山あばれ観音2021

【7月24日】後半のハイライト
●山鉾巡行(後祭)・・・9:30から烏丸御池を出発し、橋弁慶山を先頭に10基の山鉾と鷹山(唐櫃巡行)が御池通・河原町通・四条通を巡行します。巡行中にくじ改め・辻回しが行われます。鷹山は2022年の山鉾巡行(後祭)に復帰する予定です。
祇園祭山鉾巡行(後祭)2021
●花傘巡行・・・10:00から行列が八坂神社を出発します。巡行後に八坂神社で舞踊などが舞殿で奉納されます。花街(先斗町・祇園東・祇園甲部・宮川町)は原則隔年で二花街が参加します。
祇園祭花傘巡行2021
●還幸祭(おかえり)・・・17:00から3基の神輿が四条御旅所から氏子町を回り、又旅社(御供社)を経由して、八坂神社に戻ります。19:30から又旅社で奉饌祭が行われます。3基の神輿は別々のコースを回り、八坂神社に戻ります。
祇園祭還幸祭2021

【7月25日】
●狂言奉納・・・11:00から八坂神社で狂言大蔵流・茂山忠三郎社中によって茂山狂言が能舞台で奉納されます。
●千団子・・・14:00から又旅社(御供社)で3基の神輿に供えられた団子が配られます。食べると厄除けになるとも言われています。(要確認)

【7月28日】
●神用水清祓式・・・10:00から四条大橋の東岸で神事を行い、夕方からの神輿洗の水を鴨川(宮川)から汲み上げます。
●神輿洗・・・18:00から八坂神社から四条大橋までを松明で清め、中御座神輿を八坂神社から四条大橋まで担いで神用水で清めます。榊によって振り掛けられた水を浴びると厄除けのご利益があるとも言われています。その後八坂神社に戻り、神輿庫に収められます。
祇園祭神輿洗2021(7月28日)

【7月29日】
●神事済奉告祭・・・16:00から八坂神社で祇園祭の終了を奉告します。神事済奉告祭はかつて祇園祭を締めくくる最後の行事でした。

【7月31日】
●疫神社夏越祭・・・10:00から八坂神社の境内摂社・疫神社で鳥居に取り付けられた茅輪をくぐり、護符が授与されます。祇園祭を締めくくる最後の行事です。

【不定期】
●みやび会お千度・・・7月4日~9日頃の10:00から京舞井上流家元・祇園甲部の舞妓・芸妓が八坂神社の本殿を時計回り周り、技芸の上達や神事の無事などを祈願します。南楼門前で記念撮影が行われます。
祇園祭みやび会お千度2021
●函谷鉾町龍源寺墓参・・・7月5日頃に1872年(明治5年)に函谷鉾に轢かれて死亡した少年の墓に参り、山鉾巡行の安全を誓います。
●はも道中・・・7月上旬14:00から木桶に入れた鱧・人形浄瑠璃の人形・クイーン淡路・島原の葵太夫などが八坂神社から四条通を練り歩きます。
●山伏山くまモン登場・・・宵山(前祭)頃に山伏山に熊本県PRキャラクター・くまモンが登場し、熊本県をPRします。

【祇園祭2021日程 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
*参考・・・八坂神社祇園祭行事予定祇園祭山鉾連合会祇園祭行事日程

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る