祇園祭宵山(前祭)2023/7/14~16(日程時間)

祇園祭前祭宵山

祇園祭宵山(前祭)

祇園祭宵山(前祭)(日程・時間・・・)を紹介しています。宵山(前祭)は7月14日~16日です。夕方から23基の山鉾に駒形提灯が灯され、長刀鉾・函谷鉾・月鉾・船鉾・鶏鉾・放下鉾・菊水鉾・岩戸山などの囃子方がある山鉾では祇園囃子が奏でられます。宵山(前祭)では15日・16日に屋台露店が立ち並びます。(要確認)(詳細下記参照)

●祇園祭2023最新情報。

【祇園祭宵山(前祭)2023 日程時間(要確認)】
祇園祭宵山(前祭)2023(●コロナによる実施の有無・内容要確認)は2023年(令和5年)7月14日(金曜日)~16日(日曜日)です。ちなみに宵山は時間に関係なく昼前頃から賑わうが、駒形提灯が灯されて祇園囃子が奏でられる夕方以降は大変賑わいます。なお宵山(後祭)2023は7月21日(金曜日)~23日(日曜日)です。
祇園祭2023日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【祇園祭宵山(前祭) アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市中京区
最寄り駅・バス停・・・四条駅・烏丸御池駅

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
祇園祭山鉾マップ(前祭)by グーグルマップ

スポンサーリンク

【祇園祭宵山(前祭) 簡単概要】
宵山(前祭)には神幸祭(しんこうさい・神輿渡御)の前に行う小祭という意味があります。ちなみに神幸祭では3基の神輿が八坂神社から氏子地区を回って、四条御旅所(おたびしょ)に迎い、3基の神輿が還幸祭まで泰安されます。宵山(前祭)は7月14日~16日です。ちなみに7月14日が宵々々山、7月15日が宵々山、7月16日が宵山とも言われています。宵山(前祭)では夕方から23基の山鉾に駒形提灯(こまがたちょうちん)が灯され、長刀鉾(なぎなたほこ)・函谷鉾(かんこほこ)・鶏鉾(にわとりほこ)・菊水鉾(きくすいほこ)・月鉾(つきほこ)・放下鉾(ほうかほこ)・岩戸山(いわとやま)・綾傘鉾(あやかさほこ)・四条傘鉾(しじょうかさほこ)・船鉾(ふねほこ)の囃子方がある山鉾では祇園囃子(コンチキチン)が奏でられます。祇園囃子が奏でられる時間や間隔は山鉾町で異なります。綾傘鉾・四条傘鉾では棒振り踊りも披露されます。また宵山(前祭)期間中には浴衣姿の子供たちがわらべ歌(童歌)を唄いながらちまき(粽)などが販売され、祇園囃子だけでなく、がわらべ歌も楽しむことができます。ちなみに宵山(前祭)期間中に山鉾を巡ったりする場合、山鉾町の御朱印集め(スタンプ集め)をするのもおすすめです。なお宵山(前祭)期間中の人出は曜日や天候にもよるが、山鉾巡行(前祭)よりも多くなることがあります。
●前祭山鉾・・・長刀鉾(なぎなたほこ)・函谷鉾(かんこほこ)・鶏鉾(にわとりほこ)・菊水鉾(きくすいほこ)・月鉾(つきほこ)・放下鉾(ほうかほこ)・保昌山(ほうしょうやま)・孟宗山(もうそうやま)・占出山(うらでやま)・山伏山(やまぶしやま)・霰天神山(あられてんじんやま)・郭巨山(かっきょやま)・伯牙山(はくがやま)・芦刈山(あしかりやま)・油天神山(あぶらてんじんやま)・木賊山(とくさやま)・太子山(たいしやま)・白楽天山(はくらくてんやま)・蟷螂山(とうろうやま)・岩戸山(いわとやま)・綾傘鉾(あやがさほこ)・四条傘鉾(しじょうかさほこ)・船鉾(ふねほこ)

●宵山(前祭)期間中の内、7月15日・16日には屋台露店が新町通などに立ち並び、夕方から四条通・烏丸通などの道路は交通規制されて歩行者天国になります。(要確認)ただ屋台露店は山鉾23基が組み立てられた全ての場所に立ち並ぶのではなく、烏丸通(三条通から蛸薬師通周辺)・室町通(山伏山から白楽天山周辺)・新町通(放下鉾から岩戸山周辺)などの一部です。(変更の場合あり)
祇園祭屋台露店
●宵山(前祭)期間中の内、7月16日には囃子方がある山鉾で祇園囃子を奉納して晴天を祈願する日和神楽(ひよりかぐら)が行われます。
祇園祭日和神楽(前祭)

【祇園祭宵山(前祭) 駒形提灯】
駒形提灯は宵山に山鉾などに灯されます。駒形提灯の名称は縦・横に繋がれた俵型の提灯の全体の形が将棋の駒に似ていることに由来するとも言われています。駒形提灯は山鉾町により、その形・サイズ・色・文様・文字などが異なり、それぞれのオリジナルになっています。ただ祇園祭が八坂神社の祭礼であることから駒形提灯に八坂神社の神紋である「左三つ巴(ひだりみつどもえ)」・「五瓜に唐花(ごかにからはな)」が使われたり、「御神燈」の文字が記されたりしています。長刀鉾の「長」のデザインは町内の古老による口伝によると安土桃山時代に織田信長が長刀鉾町内に何かを寄進した際、自筆で書いた文字を基にしているとも言われています。織田信長は左利きであったとも伝えられています。駒形提灯は江戸時代中期の1730年(享保15年)に創業した髙橋提燈・江戸時代末期に創業した奥川提灯などで製造されています。ちなみに駒形提灯は2008年(平成20年)に電球から電球型蛍光灯に全て変更されたそうです。なお宵山に灯される駒形提灯の数も山鉾町によって異なったりします。

【祇園祭宵山(前祭) 祇園囃子】
宵山(前祭)では親しみを込めて「コンチキチン」とも言われ祇園囃子が奏でられます。祇園囃子は室町時代末期に能楽(能・狂言)をヒントに奏でられるようになり、江戸時代に現在のような様式に整えられたと言われています。祇園囃子には山鉾に共通している部分もあるが、その多くは各山鉾町独自のものだそうです。祇園囃子は独特の音色を響かせ、リズムを刻む鉦(かね・摺り鉦)・旋律(メロディー)を奏でる笛(能菅)・テンポを司って全体を統制する太鼓(締め太鼓)から構成されています。ちなみに祇園囃子には山鉾巡行の際に賑やかお囃子を奏でることにより、疫病の元とされる悪霊を誘い出して引き寄せ、山鉾町に持ち帰って蔵に封じ込める役割があるとも言われています。
祇園囃子は大きく山鉾巡行(前祭)の際、出発(四条烏丸)から四条河原町(八坂神社最寄り)までの間に奏でられる曲とそれ以外に奏でられる曲に分けられます。前者は荘重で厳粛な曲、後者がテンポが速く軽快で華やかな曲です。前者は地囃子・渡り囃子・渡り、後者は戻り囃子・戻りなどと言われています。
祇園祭祇園囃子

【祇園祭宵山(前祭) わらべ歌(童歌)】
宵山(前祭)では浴衣姿の子供たちがわらべ歌(童歌)を唄いながらちまき(粽)などを売る情景が風物詩になっています。わらべ歌は「厄よけのお守りはこれより出ます ご信心の御方様は 受けてお帰りなされましょう ろうそく一丁献じられましょう ろうそく一丁どうですか」が基本形です。わらべ歌は基本的なメロディは同じだが、各山鉾によってご利益や取り扱う品物が異なることから「厄よけ」が「聖徳太子知恵」・「安産」・「雷除け火除け」などに変わります。また祇園囃子のように各山鉾の独特の歌詞もあります。そして宵山(前祭)最終日の7月16日には「厄よけのお守りはこれより出ます ●常は出ません今晩かぎり● ご信心の御方様は 受けてお帰りなされましょう ろうそく一丁献じられましょう ろうそく一丁どうですか」になります。
祇園祭ちまき販売(前祭)

【祇園祭宵山(前祭) 祇園囃子を奏でる山鉾】
●長刀鉾は鉾頭に疫病邪悪を祓う大長刀を付けていることに由来しています。(四条通)
●函谷鉾は中国の戦国時代(紀元前403~221年)に斉の孟嘗君が鶏の声により、函谷関を脱出できたという故事に由来しています。(四条通)
●鶏鉾は中国の堯の時代に天下がよく治まり、訴訟用の太鼓(諫鼓)に用がなくなり、苔が生えて鶏が宿ったという故事に由来しています。(室町通)
●菊水鉾は室町時代末期町内に千利休の師である茶人・武野紹鴎の大黒庵があり、その屋敷にあった菊水井に由来しています。(室町通)
●月鉾は鉾頭に新月型を付けていることに由来しています。(四条通)
●放下鉾は真木の天王座に放下僧の像を祀っていることに由来しています。(新町通)
●岩戸山は天照大神が天の岩戸を開いて現れる日本神話に由来しています。(新町通)
●船鉾は神功皇后の新羅遠征の際の出船に由来しています。(新町通)
●綾傘鉾は鉾頭が金の鶏と金幣の古い形式の傘鉾です。(綾小路通)
●四条傘鉾は傘の上に花瓶・赤幣・若松を飾った応仁の乱以前に起源を持つ古い形式の傘鉾です。(四条通)
(下記は過去の日程です。)
●長刀鉾・7月13日~16日(17:00~21:00)
●函谷鉾・7月13日~15日(17:00~22:00)・7月16日(15:00~22:00)
●鶏鉾・7月13日~16日(18:00~22:00)
●菊水鉾・7月13日~16日(19:00~)
●月鉾・7月13日(18:00~21:00)現在確認中
●放下鉾・7月13日(17:30~21:00)・7月14日~16日(17:30~21:30)
●船鉾・7月13日(19:00~22:00)・7月14日~16日(18:00~21:00)
●岩戸山・7月13日~15日(19:00~22:00)・7月16日(18:00~21:30)
●綾傘鉾・7月14日~15日(18:00~22:00)・7月16日(17:00~21:00)
●四条傘鉾・囃子7月14日19:00~・囃子おどり7月15日・16日19:00~

【祇園祭宵山(前祭) 基礎知識】
祇園祭宵山では一般に蝋燭(ろうそく)や提灯(ちょうちん)が普及した江戸時代中期頃から屏風祭や会所飾りが行われるようになったとも言われています。江戸時代に蝋燭は高価で、貴重な品物だったそうです。江戸時代中期の1757年(宝暦7年)発刊の「山鉾由来記(やまぼこゆらいき)」に屏風祭が「祭礼の町々、前日より提灯を夥敷(おびただしく)ともし、幕をうち、金銀屏風(きんぎんびょうぶ)、羅紗毛氈(らしゃもうせん)のたぐひ、他にをとらじと粧(よそ)ひかざりて客をまふく」、会所飾りが「山の町にハ申ノ刻より人形宝物をかざり、諸人に拝せしむ。貴賤(きせん)街に群をなせり」と記され、屏風祭や会所飾りを楽しむ貴人や町人も祇園祭宵山を楽しんだと記されています。

【祇園祭宵山(前祭) 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭2023日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る