祇園祭屋台露店2023/7/15・16(日程・・・)

山伏山護摩焚き

祇園祭屋台露店

祇園祭屋台露店(日程・時間・・・)を紹介しています。祇園祭屋台露店は例年7月15日・16日の宵山(前祭)に立ち並びます。屋台露店の場所は山鉾23基が組み立てられた全ての場所に立ち並ぶのではなく、烏丸通(三条通から蛸薬師通周辺)・室町通(山伏山から白楽天山周辺)・新町通(放下鉾から岩戸山周辺)などの一部の場所です。(変更の場合あり)(詳細下記参照)

●祇園祭2023最新情報。

【祇園祭屋台露店2023 日程時間(要確認)】
祇園祭屋台露店2023(●コロナによる実施の有無・内容要確認)は2023年(令和5年)7月15日(土曜日)・16日(日曜日)に立ち並びます。なお屋台露店の時間は一定ではなく、お昼前から夜遅くまで営業しているところが多いかもしれません。(現在確認中・要注意)
*参考・・・京都府警察本部

祇園祭2023日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【祇園祭屋台露店・前祭山鉾 アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市中京区
最寄り駅・バス停・・・四条駅・烏丸御池駅

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
祇園祭山鉾マップ(前祭)by グーグルマップ

スポンサーリンク

【祇園祭屋台露店 歴史・簡単概要】
祇園祭屋台露店(やたいろてん)は7月14日から16日の宵山(前祭)期間中の15日・16日に立ち並びます。ちなみに14日は宵々々山・15日は宵々山・16日は宵山とも言われ、屋台露店は15日の宵々山・16日の宵山に立ち並びます。ただ屋台露店の場所は山鉾23基が組み立てられた全ての場所に立ち並ぶのではなく、いずれも南北に伸びる烏丸通(三条通から蛸薬師通(たこやくしどおり)周辺)・室町通(山伏山から白楽天山周辺)・新町通(放下鉾から岩戸山周辺)などの一部の場所です。(変更の場合あり)ちなみに室町通・新町通には大型の山鉾が立ち並びます。室町通に菊水鉾・鶏鉾、新町通に放下鉾・船鉾・岩戸山が建ち、祇園囃子が奏でられます。屋台露店が立ち並ぶ15日・16日は夕方から交通規制が行われて歩行者天国になり、四条烏丸交差点・四条室町交差点周辺はかなりの人出が予想されます。なお屋台露店ではないが、山鉾周辺の飲食店では屋台露店と同じように飲食物などを販売するところもあります。
祇園祭宵山(前祭)
●前祭山鉾・・・長刀鉾(なぎなたほこ)・函谷鉾(かんこほこ)・鶏鉾(にわとりほこ)・菊水鉾(きくすいほこ)・月鉾(つきほこ)・放下鉾(ほうかほこ)・保昌山(ほうしょうやま)・孟宗山(もうそうやま)・占出山(うらでやま)・山伏山(やまぶしやま)・霰天神山(あられてんじんやま)・郭巨山(かっきょやま)・伯牙山(はくがやま)・芦刈山(あしかりやま)・油天神山(あぶらてんじんやま)・木賊山(とくさやま)・太子山(たいしやま)・白楽天山(はくらくてんやま)・蟷螂山(とうろうやま)・岩戸山(いわとやま)・綾傘鉾(あやがさほこ)・四条傘鉾(しじょうかさほこ)・船鉾(ふねほこ)
祇園祭宵山楽しみ方(前祭)

【祇園祭屋台露店通り 簡単概要】
●烏丸通(からすまどおり)では屋台露店の場所は四条通より北側になります。烏丸通は北端の今宮通から南端の十条通南まで南北に走っています。
●室町通(むろまちどおり)では屋台露店の場所は四条通を挟んで南北になります。室町通は北端の北山通から南端の十条通南まで南北に走っています。
●新町通(しんまちどおり)では屋台露店の場所は四条通を挟んで南北になります。新町通は北端の上賀茂橋から南端の十条通南まで南北に走っています。
屋台露店ではゴミのポイ捨てなどをせず、マナーを守りましょう。屋台露店が立ち並ぶ期間中、祇園祭ごみゼロ大作戦が行われます。

【祇園祭 歴史・簡単概要】
祇園祭(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が神泉苑に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来の化身とされる牛頭天王を祀り、更に牛頭天王を主祭神とする八坂神社から3基の神輿を送り、病魔退散を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。970年(天禄元年)から例年6月14日に行われるようになりました。
祇園祭歴史年表・由来(869年~)

【祇園祭屋台露店 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭2023日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る