カテゴリー:桜見ごろ

  • 仁和寺御室桜

    京都桜見ごろ2022(3月下旬~4月中旬)早め

    京都桜見ごろ2022では桜名所である嵐山・哲学の道・清水寺・原谷苑・円山公園・平野神社・祇園白川・仁和寺・東寺・醍醐寺・インクライン・岡崎疏水・山科疏水・背割堤などの桜見ごろを紹介しています。京都では桜の見ごろは例年3月下旬頃から4月中旬頃です。
  • 嵐山

    京都桜見頃・イベント2022(ライトアップ・・・)

    京都桜見頃・イベント2022情報を紹介。桜の見頃は例年3月下旬頃から4月中旬頃です。嵐山・哲学の道・清水寺・原谷苑・円山公園・仁和寺・醍醐寺などの時期を紹介しています。桜の見頃に清水寺・円山公園・平野神社・祇園白川などで桜ライトアップが行われます。
  • 清水寺

    京都桜ライトアップ2022(清水寺・東寺・・・)

    京都桜ライトアップ2022では桜名所である清水寺・東寺・高台寺・二条城・平野神社・岡崎疏水・祇園白川・将軍塚青龍殿・平安神宮・円山公園などライトアップ・夜間特別拝観情報を紹介しています。京都では桜ライトアップは3月中旬から4月上旬頃に行われます。
  • 伏見稲荷大社桜

    伏見稲荷大社桜見ごろ2022早め(4月上旬頃)

    伏見稲荷大社桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。伏見稲荷大社には染井吉野などが植えられ、桜と本殿・外拝殿・楼門などの光景が美しいと言われています。千本鳥居に続く参道の途中にも桜の木が植えられ、桜を楽しみながらくぐるのもいいかもしれません。
  • 本願寺山科別院

    本願寺山科別院桜見ごろ2022早め(4月上旬頃)

    本願寺山科別院桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。本願寺山科別院には染井吉野などが植えられ、桜と石畳の参道・山門・本堂などの光景が美しいと言われています。染井吉野の大樹が数株植えられ、空を見上げれると花が空を埋め尽くさんばかりに咲きます。
  • 長徳寺

    長徳寺桜見ごろ2022早め(3月中旬~下旬頃)オカメ桜

    長徳寺桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。長徳寺には山門脇にオカメ桜が植えられ、オカメ桜と山門・塀・庫裏の瓦屋根・北向地蔵尊などの光景が美しいと言われています。長徳寺は川端通に建立され、オカメ桜は川端通からも見ることができます。
  • 七谷川和らぎの道桜

    七谷川和らぎの道桜見ごろ2022早め(3月下旬~4月上旬頃)

    七谷川和らぎの道桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。七谷川和らぎの道には染井吉野・枝垂桜・里桜など30種・約1,500本の桜の木が植えられ、桜と七谷川との光景が美しいと言われています。桜の見ごろにライトアップなどが行われています。(要確認)
  • 福知山城

    福知山城桜見ごろ2022早め(4月上旬~中旬頃)

    福知山城桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。福知山城には約30本の染井吉野が植えられ、桜と築城当時の面影を残す石垣・再建された天守閣(郷土資料館)などの光景が美しいと言われています。福知山城は通年でライトアップされています。
  • 安福寺

    安福寺桜見ごろ2022早め(3月下旬~4月上旬頃)

    安福寺桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。安福寺には樹齢約80年とも言われる染井吉野など5本の桜の木が植えられ、桜と山門・白壁などの光景が美しいと言われています。桜の見ごろにイトアップが行われています。(要確認)
  • 背割堤

    背割堤桜見ごろ2022早め(4月上旬~中旬頃)

    背割堤桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。背割堤には全長約1.4キロの堤防に染井吉野など約220本の桜の木が植えられ、桜と堤防などの光景が美しいと言われています。さくらであい館では高さ約25メートルから桜並木を一望することもできます。
  • 原谷苑

    原谷苑桜見ごろ2022早め(4月中旬頃)シャトルバス

    原谷苑桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。原谷苑には樹齢60年以上の紅枝垂桜200本以上など20数種・400本以上の桜の木が植えられ、八重紅枝垂桜のピンク色に覆われ桜苑の光景が美しいと言われています。紅枝垂桜の苗木を販売しているそうです。
  • 哲学の道

    哲学の道桜見ごろ2022早め(4月上旬頃)関雪桜

    哲学の道桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。哲学の道には染井吉野・山桜など約430本が植えられ、桜と「日本の道100選」に選ばれた小道・琵琶湖疏水との光景が美しいと言われています。桜は橋本関雪と妻に因んで、関雪桜とも言われています。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る