カテゴリー:桜見ごろ

  • 妙顕寺桜見ごろ

    妙顕寺桜見ごろ2022早め(4月上旬~中旬頃)

    妙顕寺桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。妙顕寺は境内に紅枝垂桜・染井吉野などの桜の木が植えられ、桜と山門・方丈・庫裏・鐘楼などの光景が美しいと言われています。桜の見ごろに春の特別拝観・ライトアップを行っているそうです。(要確認)
  • 雨宝院桜見ごろ

    雨宝院桜見ごろ2022早め(4月中旬頃~下旬頃)

    雨宝院桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。雨宝院は境内に珍しい薄緑色の花を咲かせる御衣黄・遅咲きの歓喜桜・観音桜・松月桜・枝垂桜、紅枝垂桜などの桜の木が植えられ、桜と境内の本堂・観音堂・山門・時雨の松などの光景が美しいと言われています。
  • 本満寺桜見ごろ

    立本寺桜見ごろ2022早め(4月上旬頃)上京

    立本寺桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。立本寺は境内に染井吉野・枝垂桜など約40本の桜の木が植えられ、桜と境内の本堂・山門などの光景が美しいと言われています。満開の頃には境内が桜に包まれ、桜の中に伽藍が立ち並んでいるように見えます。
  • 本満寺桜見ごろ

    本満寺桜見ごろ2022早め(3月下旬~4月上旬頃)

    本満寺桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。本満寺は境内に祇園の枝垂桜の姉妹木である樹齢約90年の枝垂桜・紅枝垂桜・八重桜・染井吉野・山桜などの桜の木が植えられ、桜と境内の庫裏・本堂・山門・妙見宮などの光景が美しいと言われています。
  • 神泉苑桜見ごろ

    神泉苑桜見ごろ2022早め(4月上旬~中旬頃)

    神泉苑桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。神泉苑は境内に染井吉野・枝垂桜などの桜の木が植えられ、桜と境内の法成就池・朱塗りの法成橋などの光景が美しいと言われています。桜が見ごろを迎える時期頃にライトアップを行っているそうです。(要確認)
  • 仏光寺桜見ごろ

    仏光寺桜見ごろ2022早め(4月上旬~中旬頃)

    仏光寺桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。仏光寺は秩父宮・高松宮・三笠宮がお手植えした3本の紅枝垂桜・染井吉野などの桜の木が植えられ、桜と境内の阿弥陀堂(本堂)・大師堂(御影堂)・門などの光景が美しいと言われています。
  • 大石神社ライトアップ

    大石神社桜見ごろ2022早め(4月上旬頃)ライトアップ

    大石神社桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。大石神社は樹齢80年以上のご神木・大石桜・枝垂桜など約20本の桜の木が植えられ、桜と鳥居・境内などの光景が美しいと言われています。桜の見ごろにライトアップ・さくら祭を行っています。(要確認)
  • 梅宮大社桜

    梅宮大社桜見ごろ2022早め(4月上旬頃)神苑

    梅宮大社桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。梅宮大社は東神苑・北神苑などに染井吉野・山桜・松月・大ちょうちん・大手まり・有明など約20種・約130本の桜の木が植えられ、桜と北神苑・勾玉池・東神苑・咲耶池などの光景が美しいと言われています。
  • 寂光院桜

    寂光院桜見ごろ2022早め(3月下旬~4月上旬頃)

    寂光院桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。寂光院は北側背後の山を借景とした四方正面の池・汀の池近くにある汀の桜(みぎわのさくら)・染井吉野・山桜・枝垂桜・八重桜などが植えられ、桜と汀の池・こけら葺きの本堂などの光景が美しいと言われています。
  • 実光院桜

    実光院桜見ごろ2022早め(4月中旬頃)不断桜

    実光院桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。実光院は薄桃色の不断桜・八重桜・彼岸桜などが植えられ、桜と庭園などの光景が美しいと言われています。不断桜は秋から咲き始め、冬を経て春まで絶えることなくぽつぽつと花を咲かせます。
  • 智積院桜

    智積院桜見ごろ2022早め(4月上旬頃)東山

    智積院桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。智積院は参道などの境内に染井吉野・大島桜・八重紅枝垂桜・山桜などが植えられ、桜と金堂・明王殿などの光景が美しいと言われています。智積院には長谷川等伯・久蔵父子が描いた「桜楓図」などがあります。
  • 寂光院桜

    二尊院桜見ごろ2022早め(4月上旬頃)桜の馬場

    二尊院桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。二尊院は春に桜の馬場、秋に紅葉の馬場とも言われる約100メートルの参道などに二尊院普賢象桜・染井吉野・枝垂桜などが植えられ、桜と参道・総門・本堂などの光景が美しいと言われています。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る