離宮八幡宮桜見ごろ(4月上旬頃)

離宮八幡宮桜見ごろ

離宮八幡宮桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。離宮八幡宮には境内に祇園しだれ桜・染井吉野が植えられ、桜と東門・社殿などの光景が美しいと言われています。祇園しだれ桜は東門脇植えられ、境内の外からも眺めることができます。なお離宮八幡宮近くには桜の名所とされる山崎聖天もあります。(詳細下記参照)

【離宮八幡宮桜見ごろ時期 2020年(要確認)】
離宮八幡宮の桜見ごろは例年4月上旬頃です。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2021年の桜見ごろは2021年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2021京都桜ライトアップ2021京都桜見ごろ・イベント京都桜名所

【離宮八幡宮桜・離宮八幡宮 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府乙訓郡大山崎町大山崎西谷21-1
最寄り駅・バス停・・・山崎駅(徒歩約1分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR東海道線

*阪急京都本線の場合、大山崎駅(徒歩約3分)

スポンサーリンク

【離宮八幡宮桜見ごろ時期】
離宮八幡宮はあまり知られていない桜の名所です。離宮八幡宮の桜見ごろは例年4月上旬頃です。離宮八幡宮には境内に祇園しだれ桜(ギオンシダレザクラ)・染井吉野(ソメイヨシノ)が植えられ、桜と東門(大山崎町指定文化財)・社殿などの光景が美しいと言われています。祇園しだれ桜は東門脇植えられ、境内の外からも眺めることができます。なお離宮八幡宮近くには桜の名所とされる山崎聖天(やまざきしょうてん・妙音山観音寺(かんのんじ))もあります。
本殿・拝殿などの社殿は1929年(昭和4年)以降に再建されたと言われています。
枝垂桜(シダレザクラ)はバラ科サクラ属の一種で、彼岸頃(3月下旬頃)に花を咲かせる江戸彼岸(エドヒガン)の枝垂れ品種です。枝垂桜には八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)・紅枝垂(ベニシダレ)・清澄枝垂(キヨスミシダレ)などがあります。枝垂桜は開花時期が3月下旬頃から4月上旬頃で、染井吉野(ソメイヨシノ)よりも早くなります。
染井吉野(ソメイヨシノ)は江戸時代末期に東京染井村の植木職人が江戸彼岸と大島桜を交配させて生み出したと言われています。その後明治時代初期から日本各地に広まりました。なお染井吉野は当初桜の名所である奈良吉野山に因んで、吉野・吉野桜と言われていたが、その後染井村から染井吉野と言われるようになりました。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【離宮八幡宮 歴史・簡単概要】
離宮八幡宮(りきゅうはちまんぐう)は859年(貞観元年)に奈良・大安寺の僧・行教が大分・宇佐八幡宮から勧請し、第52代・嵯峨天皇が営んだ河陽離宮(かやりきゅう)跡に石清水八幡宮として祀ったのが起源です。859年(貞観元年)に第56代・清和天皇に神託があり、国家安泰の為に宇佐八幡宮から分霊し、平安京の守護神として祀ることになり、行教が遣わされました。行教は宇佐八幡宮の帰途、淀川水運の拠点・山崎の津で神降山に霊光を見て、そこから石清水の湧き、清和天皇に奏上したところ天皇の勅命より、国家鎮護の為に造営されることになりました。その後離宮八幡宮は河陽離宮跡だったことから名称を離宮八幡宮に改めました。貞観年間(859年~877年)に神官が神示を受け、搾油器・長木を発明して荏胡麻油(えごまあぶら)の製油を始め、朝廷から油祖の名を賜り、日本の製油発祥地とされました。離宮八幡宮は油座として荏胡麻油の専売特許を持ち、油商人は離宮八幡宮の許状無しに油を扱うことはできず、江戸時代まで栄えました。なお離宮八幡宮は本殿に応神天皇、左殿に酒解大神(さかとけのおおかみ)、右殿に比売三神(ひめさんしん)を祀っています。離宮八幡宮には武内社・天照皇太神社・蛭子神社・鹿島神社・気比宮・高天宮神社・小禅師宮・勝手神社・腰掛天神社・高良社などの摂末社もあります。
*参考・・・離宮八幡宮(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ離宮八幡宮(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【離宮八幡宮桜見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
離宮八幡宮(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ページ上部へ戻る