宇治公園桜見ごろ2023(4月上旬~中旬頃)

宇治公園桜見ごろ(見頃)

宇治公園桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。宇治公園では中の島(塔の島・橘島)などにソメイヨシノ74本・カスミザクラとサトザクラ17本・シダレザクラ5本が植えられ、桜と塔の島・橘島・宇治川・宇治川に架けられた朝霧橋などの光景が美しいと言われています。(詳細下記参照)

【宇治公園桜見ごろ(例年)・2023年開花満開予測】
宇治公園の桜見ごろは例年4月上旬頃から4月中旬頃です。ただ桜の開花状況や見ごろ(満開)はその年の気候などによって多少前後することがあります。なお京都の桜開花・満開・見ごろ情報は2023年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2023

【宇治公園桜見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府宇治市宇治塔川
最寄り駅・バス停・・・JR宇治駅(徒歩約10分)、京阪宇治駅(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からJR奈良線
*祇園四条駅からは京阪電鉄本線・宇治線
路線・時刻表・運賃チェック

スポンサーリンク

【宇治公園桜見ごろ(例年)・要点簡単解説】
宇治公園は桜の名所です。宇治公園の桜見ごろは例年4月上旬頃から4月中旬頃です。
宇治公園では宇治川の中州に浮かぶ中の島(塔の島・橘島)などにソメイヨシノ(染井吉野)74本・カスミザクラ(霞桜)とサトザクラ(里桜)17本・シダレザクラ(枝垂桜)5本が植えられ、桜と塔の島・橘島・宇治川・宇治川に架けられた朝霧橋などの光景が美しいと言われています。なお宇治公園を含む宇治橋上流両岸には約2,000本の桜の木が植えられています。宇治橋上流で桜が見ごろを迎える時期に中の島などを会場に宇治川さくらまつり・炭山陶器まつりが行われます。(要確認)
宇治川さくらまつりではかつて野点茶席・宇治川春の市・伏見の銘酒試飲・花見舟・ステージイベントなどが行われました。炭山陶器まつりでは炭山陶器などが販売されました。
ソメイヨシノは江戸時代末期に染井村(東京都豊島区巣鴨付近)の植木職人がエドヒガンとオオシマザクラを交配させて生み出したと言われています。ソメイヨシノは葉の出る前に径3~3.5センチの淡紅白色の花を咲かせます。花弁は広楕円形で頂部に切れ込みがあります。
カスミザクラは日本国内に自生する10種のサクラ属の基本野生種とされています。カスミザクラは花が白色で、わずかに紅色を帯びこともあります。カスミザクラの名称は遠くから見ると霞のように見えることに由来しています。またカスミザクラは花柄に短い毛が生えていることからケヤマザクラとも言われています。
サトザクラはオオシマザクラに由来する園芸品種の総称です。サトザクラは平安時代にオオシマザクラを基に品種改良されたとも言われています。サトザクラは一重咲きもあるが、八重咲きのものが多く、花色には白色・淡紅色・紅色・濃紅色などがあります。サトザクラは開花期が遅く、ソメイヨシノ・ヤマザクラに比べて半月ほど遅く花を咲かせます。
シダレザクラは彼岸頃(3月下旬頃)に花を咲かせるエドヒガンの枝垂れ品種です。シダレザクラは開花時期が3月下旬頃から4月上旬頃で、ソメイヨシノよりも少し早く花を咲かせます。
桜(染井吉野)は2月1日以降、毎日の最高気温の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になると言われています。また地域によって差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になると言われています。

●京都で人気の桜名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都桜名所・見ごろ

【宇治公園 歴史・簡単概要】
宇治公園(うじこうえん)は宇治川(うじがわ)の中州に浮かぶ塔の島(とうのしま)・橘島(たちばなじま)からなる中の島地区と宇治川左岸(西岸)にあるよりみち公園から構成されています。塔の島・橘島は総称して中の島と言われ、塔の島と橘島には中島橋(なかじまばし)が架けられています。また塔の島と宇治川左岸には喜撰橋(きせんばし)が架けられ、橘島と宇治川左岸に橘橋(たちばなばし)、橘島と宇治川右岸に朝霧橋(あさぎりばし)が架けられています。塔の島には鎌倉時代後期の1286年(弘安9年)に奈良・西大寺(さいだいじ)の僧である興正菩薩(こうしょうぼさつ)・叡尊(えいそん)が魚の霊を供養する為に造立した十三重石塔(じゅうさんじゅうせきとう)が建立されています。その後江戸時代中期の1756年(宝暦6年)に見舞われた大洪水で十三重石塔が倒伏して川底の泥砂に埋もれ、1907年(明治40年)に発掘作業が始まり、九重目の笠石と相輪以外が発見され、1908年(明治41年)8月21日に九重目の笠石と相輪が新たに制作されて再興されました。その後九重目の笠石と相輪も発見され、宇治川右岸に建立されている興聖寺(こうしょうじ)の庭園に移されました。
*参考・・・宇治公園(アクセス・歴史・・・)

【宇治公園桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
宇治公園(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報
*京都の桜名所では桜の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都桜ライトアップ2023

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る