祇園祭ちまき販売(前祭)2023(販売日・・・)

前祭粽販売

祇園祭ちまき販売(前祭)

祇園祭ちまき販売(前祭)(日程・時間・・・)を紹介しています。ちまき販売日(前祭)は原則7月14日から16日の宵山期間中です。ただ7月13日から販売する山鉾もあります。ちまき販売では厄除けちまき以外にも手拭などのグッズを購入できる場合もあります。ちなみにちまきなどを購入すると山鉾に搭乗できる場合があります。(詳細下記参照)

●祇園祭2023最新情報。

【祇園祭ちまき販売(前祭)2023 販売日・時間(要確認)】
祇園祭ちまき販売日(前祭)2023(●コロナによる実施の有無・内容要確認)は2023年(令和5年)7月14日(金曜日)~16日(日曜日)です。ただ日程は山鉾によって異なります。半数ぐらいの山鉾町では7月13日(木曜日)から会所売店(長刀鉾・函谷鉾・鶏鉾・菊水鉾・月鉾・岩戸山・船鉾)がオープンします。(下記参照)(売り切れ注意・変更の可能性あり)
祇園祭ちまき販売(後祭)2023

祇園祭2023日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【祇園祭ちまき販売(前祭) アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市中京区
最寄り駅・バス停・・・四条駅・烏丸御池駅

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
祇園祭山鉾マップ(前祭)by グーグルマップ

スポンサーリンク

【祇園祭ちまき販売(前祭) 簡単概要】
祇園祭ちまき販売日(前祭)は原則7月14日から16日の宵山(前祭)期間中です。日程は山鉾町で異なり、宵山(前祭)の前日である7月13日から販売されることもあります。また宵山(前祭)期間中でも売り切れになることがあり、早めに購入するのがおすすめです。ちまき販売は山鉾町の会所や山鉾付近で行われています。ちなみに厄除けちまき以外にも手拭などのオリジナルグッズを販売する山鉾町もあります。ちなみにちまきなどを購入すると大型の山鉾に搭乗・拝観できる場合があります。ただ長刀鉾(なぎなたほこ)・放下鉾(ほうかほこ)のように女人禁制(にょにんきんせい)を守り、女性が搭乗できない場合もあります。なおちまきは購入後に家の玄関の軒下などに吊るし、古いちまきは山鉾町や八坂神社などに返納します。
●前祭山鉾・・・長刀鉾(なぎなたほこ)・函谷鉾(かんこほこ)・鶏鉾(にわとりほこ)・菊水鉾(きくすいほこ)・月鉾(つきほこ)・放下鉾(ほうかほこ)・保昌山(ほうしょうやま)・孟宗山(もうそうやま)・占出山(うらでやま)・山伏山(やまぶしやま)・霰天神山(あられてんじんやま)・郭巨山(かっきょやま)・伯牙山(はくがやま)・芦刈山(あしかりやま)・油天神山(あぶらてんじんやま)・木賊山(とくさやま)・太子山(たいしやま)・白楽天山(はくらくてんやま)・蟷螂山(とうろうやま)・岩戸山(いわとやま)・綾傘鉾(あやがさほこ)・四条傘鉾(しじょうかさほこ)・船鉾(ふねほこ)

【会所売店の販売日・時間(要確認)】
(下記は過去の日程です。)
●長刀鉾・7月13日~16日(9:00~20:00)
長刀鉾(ちまきネット授与・ご利益・・・)
●函谷鉾・7月13日(10:00~22:00)・7月14日~16日(9:00~23:00)
函谷鉾(ちまきネット授与・ご利益・・・)
●鶏鉾・7月13日~16日(10:00~22:00)
鶏鉾(ちまきネット授与・ご利益・・・)
●菊水鉾・7月13日~16日(10:00~21:00)
●月鉾・7月13日~16日(9:00~未定)
月鉾(ちまきネット授与・ご利益・・・)
●放下鉾・7月14日(13:00~21:00)・7月15日~16日(10:00~21:00)
●船鉾・7月13日(17:00~22:00)・7月14日~16日(15:00~22:00)
船鉾(ちまきネット授与・ご利益・・・)
●岩戸山・7月13日(19:00~22:00)・7月14日~16日(9:00~22:00)
岩戸山(ちまきネット授与・ご利益・・・)
●保昌山・7月13日(15:00~22:00)・7月14日~16日(9:00~22:00)
●孟宗山・7月14日(17:00~20:00)・7月15日~16日(10:00~22:00)
●占出山・7月12日(13:00~18:00)・7月13日~16日(9:00~22:00)
●山伏山・7月14日~16日(9:00~22:00)
●霰天神山・7月14日~16日(10:00~21:00)
霰天神山(ちまきネット授与・ご利益・・・)
●郭巨山・7月14日~16日(10:00~23:00)
郭巨山(ちまきネット授与・ご利益・・・)
●伯牙山・7月14日(12:00~22:00)・7月15日~16日(10:00~22:00)
伯牙山(ちまきネット授与・ご利益・・・)
●芦刈山・7月14日~16日(10:00~20:00)
芦刈山(ちまきネット授与・ご利益・・・)
●油天神山・7月14日(13:00~20:00)・7月15日~16日(10:00~20:00)
●木賊山・7月14日(12:00~18:00)・7月15日~16日(10:00~22:00)
●太子山・7月15日~16日(10:00~16:00)
●白楽天山・7月13日(15:30~18:00)・7月14日~16日(10:00~21:00)
白楽天山(ちまきネット授与・ご利益・・・)
●綾傘鉾・7月14日~16日(10:00~21:00)
綾傘鉾(ちまきネット授与・ご利益・・・)
●蟷螂山・7月13日(13:00~16:00)・7月14日~16日(10:00~21:00)
●四条傘鉾・7月14日(18:00~22:00)・7月15日~16日(15:00~22:00)

【祇園祭ちまき販売 八坂神社】
ちまき販売は山鉾町だけでなく、八坂神社でも行われています。八坂神社では祇園祭期間中に粽(板札)・祇園守(ムクゲ)・祇園祭団扇・厄除ちまきを販売しています。(要確認)
八坂神社(ちまきネット授与・ご利益・・・)

【祇園祭ちまき販売(前祭) ご利益・販売価格】
ちまきの販売価格は参考価格です。(変更になっている場合あり。)
●長刀鉾・・・厄除け・疾病除け(1束1,000円)
●函谷鉾・・・厄除け・疾病除け(1束1,000円)
●鶏鉾・・・厄除け・疾病除け(1束1,000円)
●菊水鉾・・・不老長寿・商売繁盛(1束1,000円)
●月鉾・・・厄除け・疾病除け(1束1,000円)
●放下鉾・・・厄除け・疾病除け(1束1,000円)
●船鉾・・・安産(1束1,000円)
●岩戸山・・・開運(1束1,000円)
●保昌山・・・縁結び
●孟宗山・・・親孝行(1束1,000円)
●占出山・・・安産(1束1,000円)
●山伏山・・・火除け・雷除け(1束1,000円)
●霰天神山・・・火除け・雷除け(1セット1,200円)
●郭巨山・・・金運・母乳の出を守る(1束1,000円)
●伯牙山・・・疾病除け・技芸向上(1束1,000円)
●芦刈山・・・夫婦円満・縁結び
●油天神山・・・学問成就
●木賊山・・・迷子除け・再会
●太子山・・・知恵授与・身代り
●白楽天山・・・学問成就・招福除災(1束1,000円)
●綾傘鉾・・・縁結び・厄除け1束(1束1,000円)
●蟷螂山・・・学問成就・招福除災(1束1,000円)
●四条傘鉾・・・招福・厄除け
祇園祭山鉾一覧

【祇園祭ちまき販売(前祭) 基礎知識】
ちまき(厄除けちまき)は八坂神社の祭神・牛頭天王(素戔嗚尊)と牛頭天王を快くもてなした蘇民将来(そみんしょうらい)に由来しています。牛頭天王は体は人だが、頭には牛のような角が生えていたことから后になる者はいなかった。しかし鳥のお告げから后を求めて旅に出た際、富豪の巨端将来は宿を断り、貧しい蘇民将来は粟の粥で快くもてなした。その後牛頭天王は竜女と結ばれ、巨端将来には罰を与えて一族を滅ぼし、蘇民将来は牛頭天王の教えに従って、茅の輪を腰に付けたところ疫病を逃れることができ、子々孫々まで繁栄したと言われ、粽の護符「蘇民将来之子孫也」の由来になっています。
ちまきは稲のワラ(藁)をクマザサ(熊笹)の葉とイグサ(藺草)を使って包んでいます。クマザサはクマザサの一種で、大型のチマキザサ(粽笹)が使われています。チマキザサはイネ科ササ属の常緑多年草です。チマキザサは北海道・本州の日本海側・四国・九州などの山地に生育しています。乾燥に弱く、日陰を好み、地下茎で横に伸び群生します。チマキザサは高さ約1~1.5メートルで、葉の長さ約20~30センチです。葉は長楕円形または長楕円状披針形です。チマキザサは京都北部の鞍馬山から花背別所町・大原百井町の山間部に自生するものが使われ、香りがよく、葉の裏に毛がないのが特徴です。江戸時代中期に歴史家・黒川道祐(くろかわどうゆう)が記した「雍州府志(ようしゅうふし)」に「篠葉出自洛北鞍馬山。他産不堪用」と記され、他地域のチマキザサは使用できないことが示されています。ちなみに2004年(平成16年)・2007年(平成19年)に京都北部のチマキザサが一斉に開花して枯死したこともありました。また鹿による食害にも見舞われ、保全事業が行われています。チマキザサは刈り取り後に1週間掛けて乾燥させ、その後北区上賀茂深泥池(みぞろがいけ)周辺の農家などがちまきに成形し、最後に山鉾町で仕上げられます。なおチマキザサは祇園祭のちまきだけでなく、お菓子のちまき・麩まんじゅう・京料理の敷き笹などにも使用され、京文化に欠かせない存在になっています。
祇園祭ちまき(粽)

【祇園祭ちまき販売(前祭) 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭2023日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る