時代祭・鞍馬の火祭はしご10/22

時代祭

時代祭・鞍馬の火祭はしご

時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の時代行列は翌日に順延されます。なお時代祭は葵祭・祇園祭と合わせ、京都三大祭りに数えられています。また鞍馬の火祭はやすらい祭・牛祭と合わせ、京都三大奇祭に数えられています。

【時代祭と鞍馬の火祭のはしご】
時代祭と鞍馬の火祭のはしごでは時代祭を京都御所で見てから鞍馬の火祭が行われる鞍馬まで叡山電鉄鞍馬線(出町柳駅から鞍馬駅)に向かうのが最適です。なお鞍馬の火祭は時代祭と同様にかなりの人出が考えられ、早めに鞍馬に移動するのが重要です。ちなみに叡山電車では乗車制限を行う場合もあるそうです。

【時代祭と鞍馬の火祭のはしご マップ・地図】

スポンサーリンク


【時代祭 歴史・簡単概要】
時代祭(じだいまつり)は1895年(明治28年)平安神宮の創建と平安遷都1100年祭を盛大に奉祝する行事が起源です。時代祭のハイライトである時代行列は東京遷都以前の京都の歴史と文化を一目で理解できるようにと提案されたのが始まりです。その時代行列は広く市民によって組織された「平安講社(全10社)」によって運営され、当初は6列、約500名規模だったが、その後1921年(大正10年)に8行列、更に1932年(昭和7年)に10行列になり、現在は8つの時代を20列、約2000名規模になっています。その為時代行列の長さは約2キロにもなるそうです。なお時代祭の衣裳・調度・祭具は時代考証の上、古都京都が1,000年の歴史で培ってきた伝統工芸技術の粋を集めて復元されています。
時代祭の時代行列は明治維新時代(維新勤王隊列・維新志士列・七卿落)・江戸時代(徳川城使洛列・江戸時代婦人列)・安土桃山時代(豊公参朝列・織田公上洛列)・室町時代(室町幕府執政列・室町洛中風俗列)・吉野時代(楠公上洛列・中世婦人列)・鎌倉時代(城南流鏑馬列)・藤原時代(藤原公卿参朝列・平安時代婦人列)・延暦時代(延暦武官行進列・延暦文官参朝列)・神幸列(神饌講社列・前列・神行列・白川女献花列・弓箭組列)から構成されています。時代行列は京都御所・建礼門前を出発し、堺町御門・烏丸丸太町・烏丸御池・河原町御池・河原町三条・三条大橋・三条神宮道を経由し、平安神宮に向かいます。
時代祭

【鞍馬の火祭 歴史・簡単概要】
鞍馬の火祭(くらまのひまつり)・由岐神社例祭(れいさい)は地震や平将門の乱を鎮める為、940年(天慶3年)朱雀天皇の勅により、宮中に祀られていた祭神を北方鎮護として鞍馬に移した際、村人がかがり火を持って迎えたことが起源と言われています。かがり火には鴨川に生えていた葦が使われ、1キロにも及んだとも言われています。
鞍馬の火祭は午後6時頃に「神事にまいらっしゃれ」の神事ぶれで、家々に積み重ねられた篝(エジ)に点火され、小松明の少年が練り歩き、大松明を担いだ青年が加わり、「サイレイ、サイリョウ(祭礼)」と囃し立てながら始まります。午後8時頃に松明はやがて鞍馬寺の山門前の石段に集まり、注連縄が切られ、石段下で焼き捨てられます。その後2基の神輿(八所大明神・由岐大明神)が由岐神社から御旅所に移されます。その際ふんどし姿の男性が担ぎ棒に逆さにぶら下がって、足を大きく開いた逆さ大の字になる「チョッペンの儀」が行われたり、神輿がスピードが出ないように女性が綱を引いたりします。「チョッペンの儀」は成人の儀式とされています。また女性が綱を引くと安産のご利益があると言われています。神輿が御旅所に着くとお神楽が奉納され、神楽松明が境内を回って神幸祭が終了します。翌日午前2時頃に2基の神輿が御旅所から由岐神社に戻り、還幸祭が終了します。
鞍馬の火祭

【時代祭と鞍馬の火祭のはしご 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 恵美須神社火焚祭
  2. 城南宮火焚祭
  3. 聖徳太子御火焚祭
  4. 白峯神宮御火焚祭
  5. 弘法市

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る