カテゴリー:7月イベント

  • 疫神社夏越祭

    祇園祭疫神社夏越祭2022/7/31(日程・・・)

    祇園祭疫神社夏越祭(日程・時間等)を紹介。夏越祭は7月1日の吉符入から1ヶ月に渡って行われた祇園祭を締めくくる最後の行事です。夏越祭では疫神社(えきじんじゃ)の神前に粟餅を供え、鳥居に茅の輪(ちのわ)を設けて厄除・無病息災を祈願します。
  • 狂言奉納

    祇園祭狂言奉納2022/7/25(日程・・・)

    祇園祭狂言奉納(日程・時間等)を紹介。狂言奉納では狂言大蔵流・茂山忠三郎社中による狂言が能舞台で奉納されます。演目は年によって異なります。かつては鎧(よろい)・痺(しびり)・伯養(はくよう)・附子(ぶす)・茶壺・蝸牛(かぎゅう)などが奉納されました。
  • 祇園祭山鉾巡行(後祭)

    祇園祭山鉾巡行(後祭)2022/7/24/時間9:30~

    祇園祭山鉾巡行(後祭)(時間・順番・ルート・・・)を紹介。山鉾巡行(後祭)は7月24日に神輿渡御・還幸祭に先立って行われます。橋弁慶山を先頭に山鉾10基と鷹山(唐櫃巡行)がくじ取り式で決まった順番に烏丸御池から出発して巡行します。
  • 祇園祭花傘巡行

    祇園祭花傘巡行2022/7/24(日程・・・)

    祇園祭花傘巡行(日程・時間等)を紹介。花傘巡行では花傘・子供御輿・獅子舞・鷺舞・児武者・祇園囃子・花街の屋台などが八坂神社から四条通を西に進み、寺町通を北上し、御池通を東に進み、河原町通を南下して、四条通を東に進んで、八坂神社に戻ります。
  • 祇園祭還幸祭

    祇園祭還幸祭2022/7/24(日程・・・)

    祇園祭還幸祭(日程・時間等)を紹介。還幸祭は祇園祭の本来のハイライトです。還幸祭では午前中の祇園祭山鉾巡行(後祭)で祓い清められた後、中御座神輿・東御座神輿・西御座神輿が夕方御旅所から氏子地区・御供社(又旅社)を回り、八坂神社に戻ります。
  • 役行者山護摩焚き

    祇園祭役行者山護摩焚き2022/7/23(日程・・・)

    祇園祭役行者山護摩焚き(日程・時間等)を紹介。役行者山護摩焚きは聖護院門跡(しょうごいんもんぜき)の山伏が路上に設けた護摩壇で、宵山期間中に奉納された護摩木を焚き上げ、祈願成就を願ったり、祇園祭山鉾巡行(後祭)の安全を祈願したりします。
  • 本宮祭

    伏見稲荷大社本宮祭2022(日程・・・)

    伏見稲荷大社本宮祭(日程・時間等)を紹介。本宮祭は稲荷大神(宇迦之御魂大神・佐田彦大神・大宮能売大神・田中大神・四大神)の分霊を祀る信者が伏見稲荷大社に参拝し、日々の神恩に感謝する神事です。なお本宮祭の前夜・宵宮祭では万灯神事が行われます。
  • 大船鉾曳き初め

    祇園祭山鉾曳き初め(後祭)2022/7/20/15:00~

    祇園祭山鉾曳き初め(後祭)(日程・時間等)を紹介。山鉾曳き初めでは祇園祭山鉾巡行(後祭)に先立って、組み立てた山鉾を本番さながらに動かします。7月20日には北観音山・南観音山・大船鉾の曳き初めが行われます。八幡山の舁き初めも行われます。
  • 御手洗祭

    下鴨神社御手洗祭・足つけ神事2022

    下鴨神社御手洗祭2022(みたらし祭)・足つけ神事(日程・時間等)を紹介。御手洗祭は毎年土用の丑の日の前後に行われています。御手洗祭では御手洗池に足を膝まで浸しながらロウソクに献灯し、無病息災を祈願します。安産のご利益があると言われているそうです。
  • 祇園祭神幸祭

    祇園祭神幸祭2022/7/17(日程・・・)

    祇園祭神幸祭(日程・時間等)を紹介。神幸祭では午前中の祇園祭山鉾巡行(前祭)で祓い清められた後、中御座神輿(なかござみこし)・東御座神輿(ひがしござみこし)・西御座神輿(にしござみこし)が八坂神社から氏子地区を回り、御旅所に向かいます。
  • 祇園祭神幸祭

    祇園祭神輿渡御2022/7/17・24(日程・・・)

    祇園祭神輿渡御は祇園祭の神事のハイライトです。神幸祭が7月17日、還幸祭が7月24日に行われます。神幸祭では3基の神輿が八坂神社から氏子地区を回って御旅所に向かいます。還幸祭では3基の神輿が御旅所から氏子地区・御供社を回って八坂神社に戻ります。
  • 長刀鉾

    祇園祭山鉾巡行(前祭)2022/7/17/時間9:00~

    祇園祭山鉾巡行(前祭)(時間・順番・ルート・・・)を紹介。山鉾巡行(前祭)は7月17日に神輿渡御・神幸祭に先立って行われます。長刀鉾を先頭に山鉾23基がくじ取り式で決まった順番に四条烏丸から出発し、四条通・河原町通・御池通を巡行します。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る