鈴鹿山(概要・マップ・ちまき販売・ご利益・・・)

鈴鹿山

鈴鹿山

鈴鹿山(概要・マップ・ちまき販売・・・)を紹介しています。鈴鹿山ちまき販売は例年7月21日から23日です。(要確認)21~23日(12:00~22:00)ただ売り切れることもあります。なお鈴鹿山ちまきのご利益は雷除け・安産・盗難除けです。

【祇園祭ちまき販売(後祭) 販売日・時間(要確認)】
祇園祭ちまき販売(後祭)は例年7月21日~23日です。一部の山鉾町では7月20日から始まります。●ちまきの飾り方は疫病神が進入してくる玄関の軒下などに吊るします。ちまきの処分は山鉾町や八坂神社に納めます。
祇園祭ちまき販売(後祭)2021
祇園祭2021日程(山鉾巡行・宵山・・・)祇園祭2021日程一覧(山鉾巡行・宵山・・・)

【鈴鹿山 場所マップ・アクセス】
場所・・・京都府京都市中京区烏丸通三条上る場之町
最寄り駅・バス停・・・四条駅(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ
祇園祭山鉾マップ(後祭)

【鈴鹿山 ちまきなどの授与品】
ちまき(粽)・手拭・盗難除け・あぶらとり紙・Tシャツなど

【鈴鹿山 搭乗】

【鈴鹿山 ご利益】
雷除け・安産・盗難除け

スポンサーリンク

【鈴鹿山 歴史・簡単概要】
鈴鹿山(すずかやま)は延喜年間(901年~922年)に伊勢の鈴鹿山で人々を苦しめた悪鬼を退治した鈴鹿権現(すずかごんげん)・瀬織津姫命(せおりつひめのみこと)の伝説に由来しています。瀬織津姫命(瀬織津比咩・瀬織津比売・瀬織津媛)は大祓詞(おおはらえのことば)に登場し、祓戸四神の一神とされる災厄抜除の女神です。また瀬織津姫の名前は川の早瀬の穢れ(けがれ)を清めることに由来し、川の神・滝の神ともされ、川や滝の近くにある神社で祀られているそうです。更に瀬織津姫は天照大神(あまてらすおおみかみ)の荒御魂とされることもあるそうです。なお大祓詞は奈良時代から祭祀の際に使われている祝詞(のりと)で、中臣祓詞(なかとみのはらえことば)・中臣祭文(なかとみさいもん)・中臣の祓(なかとみのはらえ)とも言いています。中臣氏(藤原氏)が奈良時代に朱雀門で奏上していたそうです。
*参考・・・鈴鹿山(祇園祭山鉾後祭)

【鈴鹿山 特徴・懸装品】
●御神体の鈴鹿権現(瀬織津姫命)は女人姿で、金の烏帽子を被って能面を付け、腰に錺太刀を差して、左手に大長刀・右手に扇の一種である中啓(ちゅうけい)を持っています。なお後の山には退治した悪鬼の首を表している赤熊が置かれています。
●真松(松の木)には鳥居・松・木立と宝珠が描かれた絵馬(盗難除けの護符)を付けています。なお絵馬には盗難除けのご利益があると言われています。
●前懸は1989年(平成元年)に新調した駱駝の図の綴錦、見送は1982年(昭和57年)に新調した皆川月華作のハワイの蘭花図の綴織です。胴懸は今井俊満の原画による桜図の綴織を1999年(平成11年)、今井俊満の原画による紅葉図の綴織を2001年(平成13年)にそれぞれ新調しました。
●欄縁(らんぶち)の金具は山鹿清華下絵による四季花鳥文様です。

【鈴鹿山 備考(要確認)】
鈴鹿山の山建て・・・7/20 8:00~
日程・時間は変更になっている場合があります。必ず確認して下さい。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る