神護寺見どころ-修学旅行・観光ポイント(大師堂・・・)

神護寺(Jingo-ji Temple)

神護寺見どころ-簡単マトメ

神護寺見どころを簡単にマトメてポイント解説します。見どころには板彫弘法大師像(重文)を安置する大師堂(重文)・金堂・多宝塔・五大堂・毘沙門堂・梵鐘などがあり、その概要・歴史・様式・豆知識を解説しています。なお修学旅行や観光で見る価値がある国宝・重要文化財・名勝・史跡などの文化財を中心に解説しています。

【神護寺の重要人物・弘法大師を祀る大師堂(重要文化財)】

  • 概要:大師堂は真言宗(しんごんしゅう)の宗祖である弘法大師(こうぼうだいし)・空海(くうかい)の住房・納涼房(どうりょうぼう)跡に建立されています。大師堂は内陣に秘仏・板彫弘法大師像(重要文化財)を安置しています。弘法大師・空海を間近に感じることができます。
  • 歴史:大師堂は桃山時代(1573年~1614年)に豊前国小倉藩初代藩主・細川忠興(ほそかわただおき・細川三斎(ほそかわさんさい))が再建しました。
  • 様式:大師堂は屋根が入母屋造(いりもやづくり)のこけら葺(こけらぶき)です。大師堂は桁行左側面四間・桁行右側面五間・梁間三間です。
  • 木像:板彫弘法大師像は1302年(正安4年)に造られました。なお板彫弘法大師像は例年11月1日から15日にご開帳されています。(要確認)
スポンサーリンク(Sponsor Link)

【神護寺の本堂である金堂・薬師如来】

  • 概要:金堂は山内最大の建物で、本格的な密教仏堂です金堂は神護寺の本堂です。金堂は神護寺の本尊・薬師如来(やくしにょらい)立像(国宝)を安置しています。また金堂は左右に日光菩薩(にっこうぼさつ)立像(重要文化財)・月光菩薩(がっこうぼさつ)立像(重要文化財)、そして十二神将(じゅうにしんしょう)立像・四天王(してんのう)立像も安置しています。
  • 歴史:金堂は1934年(昭和9年)に山口玄洞(やまぐちげんどう)の寄進により、安井猶次郎(やすいゆうじろう)の設計によって再建されました。
  • 様式:金堂は屋根が入母屋造の本瓦葺(ほんがわらぶき)です。金堂は桁行七間・梁間六間です。金堂は山内最大の建物です。

【神護寺のシンボルである多宝塔・五大虚空蔵菩薩】

  • 概要:多宝塔は金堂から更に石段を登った高い位置に建立され、実際の高さよりも高く感じます。多宝塔は五大虚空蔵菩薩(ごだいこくうぞうぼさつ)像(国宝)を安置しています。五大虚空蔵菩薩は向かって右側から宝光虚空蔵(ほうこうこくうぞうぼさつ)・蓮華虚空蔵(れんげこくうぞうぼさつ)・法界虚空蔵(ほっかいこくうぞうぼさつ)・業用虚空蔵(ごうようこくうぞうぼさつ)・金剛虚空蔵(こんごうこくうぞうぼさつ)の順に横一列に安置されています。
  • 歴史:多宝塔は1934年(昭和9年)に山口玄洞の寄進により、安井猶次郎の設計によって再建されました。
  • 様式:多宝塔は和様(わよう)系の塔婆(とうば)です。多宝塔は屋根が檜皮葺(ひわだぶき)です。多宝塔は方三間です。

【淳和天皇ゆかりの五大堂・五大明王】

  • 概要:五大堂はかつて第53代・淳和天皇(じゅんなてんのう)の御願によって建立された歴史を持ちます。五大堂は五大明王(不動明王(ふどうみょうおう)・降三世明王(ごうざんぜみょうおう)・軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)・大威徳明王(だいいとくみょうおう)・金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう))を安置しています。
  • 歴史:五大堂は1623年(元和9年)に建立されました。ちなみに五大堂は平安時代前期の天長年間(824年~834年)に淳和天皇の御願によって建立されたとも言われています。
  • 様式:五大堂は三間堂です。五大堂は屋根が入母屋造の銅板葺(どうばんぶき)です。

【かつて神護寺の金堂だった毘沙門堂・毘沙門天】

  • 概要:毘沙門堂は毘沙門天(びしゃもんてん)立像(重要文化財)を安置しています。なお毘沙門堂は現在の金堂が建立されるまでは金堂(本堂)で、本尊・薬師如来像を安置していました。
  • 歴史:毘沙門堂は1623年(元和9年)に建立されました。
  • 様式:毘沙門堂は五間堂です。毘沙門堂は屋根が入母屋造の銅板葺です。前後に向拝(こうはい)付きです。

【神護寺の正門である楼門・二天】

  • 概要:楼門は清滝川(きよたきがわ)から参道を上った先に建立された神護寺の正門です。楼門は両脇に二天(にってん)像を安置しています。
  • 歴史:楼門は1623年(元和9年)に建立されました。
  • 様式:楼門は三間一戸(さんげんいっこ)です。楼門は屋根が入母屋造の桟瓦葺(さんがわらぶき)です。

【鐘楼・「銘の神護寺」と言われた梵鐘】

  • 概要:梵鐘は古来「三絶の鐘」と称されました。また「銘の神護寺」と言われ、「姿の平等院」・「声の三井寺」とともに日本三名鐘に数えられています。鐘楼は875年(貞観17年)に鋳造された梵鐘(国宝)を釣っています。
  • 歴史:鐘楼は1623年(元和9年)に京都所司代・板倉勝重(いたくらかつしげ)が建立されました。
  • 様式:鐘楼は楼造(ろうづくり)です。鐘楼は屋根が入母屋造のこけら葺(こけらぶき)です。
  • 梵鐘:梵鐘の銘文は公卿・文人である橘広相(たちばなのひろみ)が詞、菅原道真(すがわらのみちざね)の父・菅原是善(すがわらのこれよし)が銘、歌人・能書家である藤原敏行(ふじわらのとしゆき)が字を担い、古来「三絶の鐘」と称されました。

【珍しい和気公霊廟(護王善神堂)】

  • 概要:和気公霊廟は和気清麻呂を祀っています。ちなみに和気公霊廟が建立されている場所には護王善神堂が建立されていたが、1874年(明治7年)に護王善神堂が護王神社(ごおうじんじゃ)に改められ、別格官幣社(べっかくかんぺいしゃ)に列せられ、1886年(明治19年)に第122代・明治天皇(めいじてんのう)の勅命により、京都御苑蛤御門(はまぐりごもん)前付近の中院家(なかのいん け)の邸宅跡に移されました。
  • 歴史:和気公霊廟は1934年(昭和9年)に山口玄洞の寄進により、安井猶次郎の設計によって再建されました。
  • 様式:和気公霊廟は屋根が檜皮葺です。

【圧巻の紅葉・見ごろ】

  • 概要:神護寺は京都を代表する紅葉名所で、紅葉シーズンに美しい紅葉に彩られます。山内には約3,000本のモミジが分布し、例年11月上旬から11月中旬頃に見ごろを迎えます。紅葉見ごろにライトアップを行うことがあります。(要確認)

【神護寺 備考(参考リンク・・・)】
*参考・・・神護寺(見どころ・アクセス・・・)ホームページ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場(Nishiki Market)
  2. 竹林の道(Bamboo Forest Path)
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る