カテゴリー:6月イベント

  • 平安神宮神苑

    平安神宮神苑無料公開2019/6/7

    平安神宮神苑無料公開は京都の風物詩です。神苑無料公開は毎年花菖蒲が見ごろを迎える6月上旬頃と南神苑に平安の苑が造営された9月19日に行われています。花菖蒲は西神苑・白虎池周辺などに江戸系・伊勢系・肥後系など約200種・約2,000株が植えられています。花菖蒲はアヤメ科アヤメ属の多年草で、一般的にアヤメとも言われます。
  • 紀州梅道中

    上賀茂神社紀州梅道中2017/6/6

    上賀茂神社紀州梅道中は京都の春の風物詩です。紀州梅道中は毎年梅の日である6月6日に行われています。紀州梅道中では先ず平安装束の女性・白装束の担い手・雲水・奉行などが行列を組んで本殿近くまで道中を行います。なお紀州梅道中は紀州梅の会が6月6日を梅の日とした2006年(平成18年)から行われています。
  • 紀州梅道中

    下鴨神社紀州梅道中2017/6/6

    下鴨神社紀州梅道中は京都の春の風物詩です。紀州梅道中は毎年梅の日である6月6日に行われています。紀州梅道中では先ず平安装束の女性・白装束の担い手・雲水・奉行などが行列を組んで本殿近くまで道中を行います。なお紀州梅道中は紀州梅の会が6月6日を梅の日とした2006年(平成18年)から行われています。
  • 祇園放生会

    祇園放生会2019/6/2

    祇園放生会2019は京都の初夏の風物詩です。祇園放生会は毎年6月の第1日曜日に行われています。放生会は仏教の教えのひとつである不殺生(ふせっしょう)により、捕まえた生き物を殺さずに放流する宗教儀式です。なお祇園放生会では大阿闍梨・舞妓さんなどが鮎(鯉・金魚)の稚魚約2,000匹を巽橋から白川に放流します。
  • 信長忌

    阿弥陀寺信長忌2019/6/2

    阿弥陀寺信長忌2019は京都の初夏の風物詩です。信長忌は毎年6月2日に行われています。信長忌は1582年(天正10年)の本能寺の変で自害した織田信長の命日である旧暦の6月2日に信長を偲ぶ法要です。焼香は一般参拝者も行うことができるそうです。なお信長忌では普段非公開の本堂が公開され、寺宝も展示されます。(要確認)
  • 藤森神社紫陽花

    藤森神社紫陽花苑公開2018/6/2~

    藤森神社紫陽花苑公開は京都の初夏の風物詩です。紫陽花苑公開は毎年6月上旬頃から行われています。紫陽花苑公開は西洋紫陽花・額紫陽花・柏葉紫陽花・おたふく紫陽花・アナベルなど約40品種・約3500株の紫陽花が見ごろを迎える時期に行われます。なお紫陽花苑の公開期間中には様々なイベントが行われます。
  • 吉祥院天満宮雷除祭

    吉祥院天満宮雷除祭2016/6/1

    吉祥院天満宮雷除祭は京都の初夏の風物詩です。雷除祭は毎年6月1日に行われています。雷除祭では落雷が多くなる梅雨シーズン前に雷除けを祈願します。雷除祭では本殿で修祓・祝詞奏上・鈴祓い・玉串奉奠などの神事が行われます。なお雷除祭ではゴルフ・登山者の安全にご利益があるとも言われている桑の葉のお守りや雷除け神札が授与されます。
  • 貴船祭

    貴船神社貴船祭2019/6/1

    貴船神社貴船祭は京都の初夏の風物詩です。貴船祭は毎年6月1日に行われています。貴船祭では先ず本宮で神事を行い、次に舞楽(ぶがく)が奉納されます。その後神輿が本宮から奥宮に巡行します。なお奥宮では先ず神事を行い、次に子供が神石・船形石に千度詣りを行います。その後出雲神楽(いずもかぐら)が奉納されます。(要確認)

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る