誓願寺和泉式部忌法要2019/6/15

和泉式部忌法要

誓願寺和泉式部忌法要は京都の初夏の風物詩です。和泉式部忌法要は毎年6月の第2日曜日頃に行われています。和泉式部忌法要は誓願寺に一時身を寄せたとも言われている平安時代中期の歌人・和泉式部(いずみしきぶ)を偲ぶ法要です。和泉式部忌法要では和泉式部と時宗の開祖である一遍上人が登場する謡曲・誓願寺が奉納されます。(詳細下記参照)

【誓願寺和泉式部忌法要2019 日程時間(要確認)】
誓願寺和泉式部忌法要2019は2019年(令和元年)6月15日(土曜日)13:30から行われます。なお14:00から講演、14:30から誓願寺が奉納されます。

【誓願寺和泉式部忌法要 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市中京区新京極通三条下ル桜之町453番地
最寄り駅・バス停・・・河原町三条(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から誓願寺は5系統(A1乗り場)、17系統(A2乗り場)、205系統(A2乗り場)
*四条河原町からは3系統、32系統、205系統
*四条烏丸からは3系統、5系統、32系統
*河原町丸太町からは4系統、10系統、205系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は三条駅(徒歩約10分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は河原町(徒歩約10分)
*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は京都市役所前駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク


【誓願寺和泉式部忌法要 歴史・簡単概要】
誓願寺和泉式部忌法要(いずみしきぶきほうよう)は誓願寺に一時身を寄せたとも言われている平安時代中期の歌人・和泉式部を偲ぶ法要です。和泉式部忌法要では先ず僧侶による読経と散華(さんげ)が行われ、次に謡曲・誓願寺が奉納されます。謡曲・誓願寺は世阿弥(ぜあみ)が作り、和泉式部と時宗の開祖である一遍上人(いっぺんしょうにん)が登場する演目です。和泉式部は一遍上人に名号額「南無阿弥陀仏」の掛け替えを願い、叶うと喜びのあまり歌舞の菩薩となって現れ、念仏の功徳を説くというものです。
和泉式部は平安時代中期の歌人で、中古三十六歌仙・女房三十六歌仙の一人です。和泉式部は大江雅致(おおえまさむね)の娘で、冷泉天皇の皇后・昌子(しょうし)に仕えました。その後和泉守・橘道貞(たちばなみちさだ)と結婚して、小式部内侍(こしきぶのないし)を生んだが、道貞とは別居しました。後冷泉天皇の第3皇子・為尊親王(ためたかしんのう)やその弟・敦道親王(あつみちしんのう) から求愛を受けたり、道長四天王と称された藤原保昌(平井保昌)と再婚したりしました。その恋愛遍歴から関白・藤原道長(ふじわらのみちなが)からは「浮かれ女」と評されたり、源氏物語の作者・紫式部の「紫式部日記」には「和泉式部という人こそ、おもしろう書きかはしける。されど、和泉はけしからぬかたこそあれ」と記されたりしました。

【誓願寺 歴史・簡単概要】
誓願寺(せいがんじ)は飛鳥時代の667年(天智天皇6年)に第38代・天智天皇の勅願によって奈良に創建されたのが起源とも言われています。誓願寺は当初三論宗の寺院だったが、その後法相宗の興福寺(こうふくじ)に属するようになりました。平安時代末期に浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)が興福寺の僧・蔵俊僧都(ぞうしゅんそうず)から譲り受けて、法相宗から浄土宗に改めました。鎌倉時代初期に一条小川(上京区元誓願寺通小川西入る)に移り、1591年(天正19年)には関白・ 豊臣秀吉の命によって現在の場所に移りました。秀吉の側室・京極竜子(きょうごくたつこ)とその生家・京極家から土地を寄進され、竜子は堂塔の再建にも尽力したと言われています。誓願寺は「都名所図会・1780年(安永9年)刊行」によると境内が約6,500坪で、塔頭(たっちゅう)が18ヵ寺あったとされるが、天明年間(1781年~1789年)・弘化年間(1845年~1848年)・元治年間(1864年~1865年)に大火によって焼失し、明治維新後の廃仏毀釈によって寺地が縮小されました。誓願寺はこれまで10回もの火災に見舞われたとも言われています。なお1964年(昭和39年)に現在の本堂が建立されました。
誓願寺は浄土宗西山深草派の総本山です。
*参考・・・誓願寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ誓願寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【誓願寺和泉式部忌法要 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
誓願寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 紅しだれコンサート

    2019年4月のイベント

    京都市内などで2019年4月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 仁和寺御室桜

    京都桜見ごろ2019

    京都桜見ごろ2019(桜時期2019)情報を紹介しています。桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃に…
  3. 清水寺

    京都桜ライトアップ2019

    京都桜ライトアップ2019(夜間拝観)情報を紹介しています。桜ライトアップは例年桜が見ごろを迎える時…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 松尾祭神幸祭
    松尾大社松尾祭2019は京都の春の風物詩です。松尾祭は神幸祭が毎年4月20日以降の日曜日、還幸祭が毎…
  2. 稲荷祭氏子祭
    伏見稲荷大社稲荷祭2019は京都の春の風物詩です。稲荷祭は神幸祭が毎年4月20日前後の日曜日、還幸祭…
  3. 壬生狂言
    壬生寺壬生狂言2019(壬生大念仏狂言)は京都の春の風物詩です。壬生狂言は毎年4月29日から5月5日…
  4. 曲水の宴
    城南宮曲水の宴(春)2019は京都の春の風物詩です。曲水の宴(春)は毎年4月29日に行われています。…
  5. 岡崎疏水十石舟めぐり
    岡崎疏水十石舟めぐり2018は京都の春の風物詩です。十石舟めぐりは毎年春に行われています。十石舟めぐ…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る