醍醐寺三宝院豊国大明神・醍醐寺見どころ(修学旅行)

醍醐寺三宝院豊国大明神

●醍醐寺三宝院豊国大明神は三宝院庭園背後に祀られている小さな社です。豊国大明神は三宝院の殿舎や庭園の整備、そして醍醐寺の五重塔の修復や金堂の再建などに尽力した関白・豊臣秀吉の恩に報いる為に建立されました。なお豊国大明神は流造の銅板葺です。
豊臣秀吉は戦国時代(室町時代後期)の1537年(天文6年)3月17日(旧暦2月6日)に織田信長(おだのぶなが)の足軽(百姓)・木下弥右衛門(きのしたやえもん)と美濃の鍛冶・関兼貞の娘・なか(仲・天瑞院(てんずいいん))の間に生まれました。尾張国愛知郡中村郷中中村(名古屋市中村区)で生まれたとも言われています。先ず今川氏の家来で、引馬城(ひくまじょう)の支城・頭陀寺城(ずだじじょう)城主・松下之綱(まつしたゆきつな)に仕え、1554年(天文23年)頃から戦国大名・織田信長(おだのぶなが)に仕えました。1561年(永禄4年)に浅野長勝(あさのながかつ)の養女・北政所(ねね)と恋愛結婚しました。その後墨俣一夜城(すのまたいちやじょう)・金ヶ崎の戦い(かねがさきのたたかい)・備中高松城の戦い(びっちゅうたかまつじょうのたたかい)などの数々の戦功を重ねて頭角を現し、1573年(天正元年)に浅井氏が滅亡すると長浜城(ながはまじょう)城主になりました。1582年(天正10年)に明智光秀(あけちみつひで)が織田信長に謀反を起こした本能寺の変(ほんのうじのへん)後、山崎の戦い(やまざきのたたかい)で明智光秀を破り、京都の支配権を掌握しました。1583年(天正11年)の賤ヶ岳の戦い(しずがたけのたたかい)で柴田勝家(しばたかついえ)を破りました。その後四国・九州・関東・奥羽を平定し、1590年(天正18年)に天下を統一を成し遂げ、太閤検地(たいこうけんち)・刀狩り(かたながり)・惣無事令(そうぶじれい)などの政策を行いました。ちなみに1585年(天正13年)に関白、翌1586年(天正14年)に豊臣姓を賜って、太政大臣になりました。その後唐入り(中国入り)を目指し、1592年(天正20年)から文禄・慶長の役(ぶんろく・けいちょうのえき)が始まりました。なお豊臣秀吉は1598年(慶長3年)9月18日(旧暦8月18日)に62歳で伏見城内で亡くなりました。1599年(慶長4年)4月13日に遺骸が伏見城から運ばれ、阿弥陀ヶ峰山頂に埋葬され、4月16日に朝廷から「豊国大明神(とよくにだいみょうじん)」の神号が与えられ、4月19日には神階・正一位が与えられました。
醍醐寺見どころ

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る