伏見稲荷大社御茶屋・伏見稲荷大社見どころ

伏見稲荷大社御茶屋

●伏見稲荷大社御茶屋は1927年(昭和2年)4月25日に国の重要文化財に指定されました。
●伏見稲荷大社御茶屋は江戸時代前期(1615年~1660年)に後水尾上皇(第108代・後水尾天皇)の仙洞御所(せんとうごしょ)に造営され、1641年(寛永18年)に禁中非蔵人(きんちゅうひくろうど)として出仕していた祠官(しかん)・羽倉延次(はくらのぶつぐ)が賜って移しました。
羽倉延次は安土桃山時代の1579年(天正7年)に生まれたとも言われています。その後伏見稲荷大社の祭礼・社務に携わる神職になりました。羽倉延次は後陽成院御添削羽倉荷田信次百首詠草(ごようぜいいんごてんさくはぐらかだのぶつぐひゃくしゅえいそう)・勅点百首詠草(ちょくてんひゃくしゅえいそう)を記しました。なお羽倉延次は江戸時代前期の1651年(慶安4年)に亡くなったとも言われています。
第108代・後水尾天皇は1596年(文禄5年)6月29日に第107代・後陽成天皇と女御・中和門院(ちゅうかもんいん・近衛前子(このえさきこ))の間に第3皇子として生まれ、1611年(慶長16年)3月27日に第107代・後陽成天皇から譲位されて第108代・後水尾天皇になりました。その後江戸幕府による公家衆法度・勅許紫衣法度(ちょっきょしえはっと)・禁中並公家諸法度(きんちゅうならびにくげしょはっと)の制定や東福門院(とうふくもんいん・徳川和子(とくがわまさこ))の入内・およつ御寮人事件(およつごりょうにんじけん)・金杯事件などにより、後水尾天皇は1629年(寛永6年)11月8日に江戸幕府への通告しないまま第2皇女・興子内親王(第109代・明正天皇)に譲位し、第109代・明正天皇、第110代・後光明天皇、第111代・後西天皇、第112代・霊元天皇後見人として院政を行いました。また後水尾天皇は1653年(承応2年)から修学院離宮(しゅがくいんりきゅう)の造営を開始し、1655年(承応4年)に完成しました。なお後水尾天皇は1680年(延宝8年)9月11日に85歳で崩御しました。
仙洞御所は譲位した天皇(太上天皇・太上法皇・上皇)の御所です。仙洞は本来仙人の住み処を指し、転じて上皇・法皇の御所を言うようになりました。現在の仙洞御所は江戸時代前期の1627年(寛永4年)に後水尾上皇(第108代・後水尾天皇)の為に造営されたが、江戸時代後期の1854年(安政元年)の火災によって内裏(だいり)とともに焼失し、その後再建されることなく、庭園だけが残されました。
●伏見稲荷大社御茶屋は桁行約7.6メートル・梁間約7.9メートルで、入母屋造(いりもやづくり)の檜皮葺(ひわだぶき)です。上部は桟瓦葺(さんがわらぶき)です。
入母屋造は切妻造と寄棟造を組み合わせた屋根の形式です。寄棟造の屋根の上に切妻造の屋根を載せた形で、切妻造の四方に庇(ひさし)がついています。京都御所の紫宸殿(ししんでん)のように切妻と寄棟の角度が一続きでないものは錣屋根(しころやね)とも言われています。日本では古くから切妻造は寄棟造よりも格式が上とも言われ、それらの組み合わせた入母屋造は最も格式が高いとも言われています。入母屋造は法隆寺(ほうりゅうじ)の金堂・唐招提寺(とうしょうだいじ)の講堂に採用されています。
檜皮葺は屋根葺手法の一形式です。檜皮葺では檜(ひのき)の樹皮を用いて屋根を葺きます。檜皮葺は日本以外では見られない日本古来の手法です。檜皮葺は飛鳥時代の668年(天智天皇7年)に滋賀県大津市の廃寺・崇福寺(すうふくじ)の諸堂が檜皮で葺かれた記録が最古の記録です。
桟瓦葺は平瓦と丸瓦を一体化させた波型の桟瓦を使用して屋根を葺く方法です。ちなみに本瓦葺は平瓦と丸瓦を交互に組み合わせて屋根を葺く方法です。瓦葺は飛鳥時代に中国・朝鮮半島から寺院建築の技術とともに伝来しました。瓦葺は檜皮葺(ひわだぶき)・茅葺(かやぶき)・板葺(いたぶき)などに比べ耐水性・耐火性に優れ、台風の多い日本に適していました。
伏見稲荷大社見どころ

ページ上部へ戻る