銀閣寺弄清亭・銀閣寺見どころ(修学旅行)

●銀閣寺弄清亭は1996年(平成8年)に再建されました。弄清亭には御香座敷(香座敷の本歌)があります。銀閣寺ではかつて銀閣寺開基で、室町幕府第8代将軍・足利義政(あしかがよしまさ)がお香を焚いて楽しんだとも言われています。志野流香道の祖・志野宗信(しのそうしん)は室町幕府第6代将軍・足利義教(あしかがよしのり)、室町幕府第7代将軍・足利義勝(あしかがよしかつ)、足利義政の近臣として仕え、足利義政から香の式を考案するよう命を受け、御香所預(ごこうしょあずかり)で、内大臣・三条西実隆(さんじょうにしさねたか)とともに香合(こうあわせ)などをもとに志野流香道を創始しました。
足利義政は室町時代の1436年(永享8年)1月20日に室町幕府第6代将軍・足利義教と日野重子(ひのしげこ)の五男として生まれました。当初出家して僧侶になる予定だったと言われています。1441年(嘉吉元年)に父・足利義教が赤松満祐(あかまつみつすけ)に殺害され、兄・足利義勝が室町幕府第7代将軍になったが、1443年(嘉吉3年)に兄・足利義勝も早逝すると8歳で後継者になりました。1449年(文安6年)に元服して将軍宣下を受け、室町幕府第8代将軍になりました。しかし室町幕府管領らの宿老中心の政治を嫌って遊興にふけるようになりました。1467年(応仁元年)に足利将軍家と管領・畠山氏(はたけやまし)と斯波氏(しばし)の継嗣問題に端を発した応仁の乱(応仁・文明の乱(おうにん・ぶんめいのらん))が起こり、1473年(文明5年)に子・足利義尚(あしかがよしひさ)に将軍職を譲って隠居しました。その後東山に慈照寺(銀閣寺)の前身である東山山荘(東山殿)を造営して「東山殿」と言われ、茶の湯・絵画など風雅な生活を送り、東山文化が築きました。庭師・善阿弥(ぜんあみ)、狩野派の絵師・狩野正信(かのうまさのぶ)、土佐派の絵師・土佐光信(とさみつのぶ)、画僧・宗湛(そうたん)、能楽者・音阿弥(おんあみ)、臨済宗の禅僧・横川景三(おうせんけいさん)らを召抱えました。なお足利義政は1490年(延徳2年)1月27日に亡くなりました。
志野流(しのりゅう)は室町幕府第6代将軍・足利義教、室町幕府第7代将軍・足利義勝、室町幕府第8代将軍・足利義政に近臣として使えた志野宗信が創始しました。志野宗信は1442年(嘉吉2年)に奥羽白河信夫で生まれたとも言われています。その後京都に上京し、四条に住みました。わび茶の創始者とされる村田珠光(むらたじゅこう)・絵師である相阿弥(そうあみ)・連歌師である宗祇(そうぎ)などの文化人と交遊があり、歌・茶などにも優れ、名物の茶入や茶道具などを有していました。足利義政から正倉院(しょうそういん)に収蔵され、天下第一の名香と謳われる「蘭奢待(らんじゃたい)」を拝領しました。ちなみに「蘭奢待」は室町幕府初代将軍・足利義満(あしかがよしみつ)、足利義教、足利義政、美濃国の守護大名・土岐頼武(ときよりたけ)、織田信長(おだのぶなが)などが切り取っています。なお志野流4代目以降は蜂谷家に引き継がれたそうです。
香道(こうどう)は香木を焚き、立ち上る香りを鑑賞するものです。香道には香木の香りを鑑賞する聞香(もんこう)と香りを聞き分ける組香(くみこう)があります。なお香道には志野流以外にも御家流(おいえりゅう)・米川流(よねかわりゅう)・香道翠風流(こうどうすいふうりゅう)などの流派があります。
銀閣寺見どころ

ページ上部へ戻る