銀閣寺庭園・銀閣寺見どころ

銀閣寺庭園

●銀閣寺庭園は特別名勝・特別史跡に指定されています。
●銀閣寺庭園は室町幕府第8代将軍・足利義政(あしかがよしまさ)が女人禁制の苔寺(こけでら)の庭園(夢窓疎石(むそうそせき)作庭)を母・日野重子(ひのしげこ)に見せる為に模して作庭したとも言われています。ただ江戸時代に改修され、当初の面影は失われたとも言われています。
足利義政は室町時代の1436年(永享8年)1月20日に室町幕府第6代将軍・足利義教(あしかがよしのり)と日野重子(ひのしげこ)の五男として生まれました。1441年(嘉吉元年)に父・義教が嘉吉の乱(かきつのらん)で赤松満祐(あかまつみつすけ)によって殺害され、同母兄・足利義勝(あしかがよしかつ)が室町幕府第7代将軍になったが、1443年(嘉吉3年)に兄・義勝も早逝すると8歳で後継者に選出され、「室町殿」と言われるようになりました。1446年(文安3年)に第102代・後花園天皇から「義成」の名を賜り、1449年(文安6年)に元服して将軍宣下を受け、室町幕府第8代将軍になりました。しかし室町幕府管領である畠山持国(はたけやまもちくに)・細川勝元(ほそかわかつもと)らの宿老中心の政治を嫌って遊興にふけるようになりました。その後足利将軍家と管領・畠山氏(はたけやまし)と斯波氏(しばし)の継嗣問題に端を発し、東軍総大将・細川勝元方と西軍総大将・山名宗全(やまなそうぜん)方に分れて争われた応仁の乱(応仁・文明の乱(おうにん・ぶんめいのらん))が起こります。1473年(文明5年)に細川勝元・山名宗全に亡くなったことから子・足利義尚(あしかがよしひさ)に将軍職を譲って隠居しました。その後東山に慈照寺(銀閣寺)の前身である東山山荘(東山殿)を造営して「東山殿」と言われ、応仁の乱の戦乱をよそに茶の湯・絵画など風雅な生活を送り、東山文化が築きました。なお足利義政は1490年(延徳2年)1月27日に亡くなりました。
日野重子は室町時代前期の公卿・日野重光(ひのしげみつ)の娘です。日野重子は室町幕府6代将軍・足利義教の側室になり、1434年(永享6年)に室町幕府第7代将軍・足利義勝、1436年(永享8年)に室町幕府第8代将軍・足利義政を生みました。姉・日野宗子(ひの むねこ・観智院)は義教の正室(御台所)です。1441年(嘉吉元年)の嘉吉の乱(かきつのらん)によって夫・義教が殺害されると義勝・義政を補佐して宿老会議を主催し、室町幕府の幕政に関与し、権勢をふるいました。また甥・日野重政(ひのしげまさ)の娘で、義政の正室になる日野富子(ひのとみこ)の後ろ盾ともなりました。
夢窓疎石は鎌倉時代の1275年(建治元年)に伊勢国(三重県)に生まれました。幼少時に出家し、母方の一族の争いで甲斐国(山梨県)に移り、1283年(弘安6年)に甲斐・平塩寺(へいえんじ)の空阿(くうあ)に師事して天台宗・真言宗などを学びました。1292年(正応5年)に奈良・東大寺(とうだいじ)戒壇院の慈観(じかん)のもとで受戒し、その後京都・建仁寺(けんにんじ)の無隠円範(むいんえんぱん)に禅宗を学びました。その後鎌倉に赴き、奥州などを遊歴し、鎌倉時代後期の1325年 (正中2年) に南朝初代で、第96代・後醍醐天皇の勅によって京都・南禅寺(なんぜんじ)の住持になりました。南北朝時代(室町時代)に室町時代初代将軍・足利尊氏(あしかがたかうじ)の帰依を受け、京都・苔寺(こけでら)の中興開山になり、京都・天龍寺(てんりゅうじ)の開山になりました。夢窓疎石は1351年(観応2年・正平6年)10月20日に亡くなりました。なお夢窓疎石は歴代天皇から国師号を生前に夢窓国師(むそうこくし)・正覚国師(しょうがくこくし)・心宗国師(しんしゅうこくし)、死後に普済国師(ふさいこくし)・玄猷国師(げんにゅうこくし)・仏統国師(ぶっとうこくし)・大円国師(だいえんこくし)に渡って賜与され、七朝帝師(しちちょうていし)とも称されました。
銀閣寺見どころ

ページ上部へ戻る