萬福寺法堂・萬福寺見どころ(修学旅行・観光)

萬福寺法堂

●萬福寺法堂は1913年(大正2年)4月14日に国の重要文化財に指定されました。
●萬福寺法堂は江戸時代中期の1662年(寛文2年)に建立されました。法堂は説法を行う場所で、上堂や住持(じゅうじ)の晋山式(しんさんしき)などにも使われます。法堂には内部に須弥壇(しゅみだん)のみが置かれ、須弥壇の上には隠元隆琦(いんげんりゅうき)筆の額「法堂」が掛けられています。額「法堂」は萬福寺で唯一の楷書(かいしょ)による大書です。
隠元隆琦は桃山時代にあたる1592年(万暦20年・文禄元年)12月7日に父・徳竜の子(3人兄弟の末っ子)として中国・福建省福州府福清県万安郷霊得里東林に生まれたと言われています。6歳の時に父・徳竜が行方不明になり、10歳の時に仏教に発心したとも言われています。21歳の時に旅に出て、舟山(しゅうざん)列島にある観音霊場・普陀山(ふださん)に至って出家を志し、29歳の時に福建省の黄檗山(おうばくさん)万福寺(まんぷくじ)で出家し、その後諸寺を訪れて「法華経(ほけきょう)」・「楞厳経(りょうごんきょう)」などの講説を聴聞したと言われています。33歳の時に禅宗・臨済宗(りんざいしゅう)の密雲円悟(みつうんえんご)に参禅し、42歳頃に兄弟子・費隠通容(ひいんつうよう)から印可(いんか)を受けて嗣法(しほう)し、1637年(崇禎10年)の46歳の時に黄檗山の住持(じゅうじ)に招請され、その後住持を退席したが、1646年(順治3年)に再度住持になりました。1652年(承応元年)から長崎・興福寺(こうふくじ)の逸然性融(いつねんしょうゆう)らが長崎・崇福寺(そうふくじ)の住持に懇請し、1654年(承応3年)に3年間の約束で一行30名とともに長崎に来日し、1655年(明暦元年)に崇福寺に移り、その後摂津嶋上(大阪府高槻市)の普門寺(ふもんじ)に移りました。1658年(万治元年)に江戸に赴いて江戸幕府4代将軍・徳川家綱(とくがわいえつな)と謁見し、1659年(万治3年)に大老・酒井忠勝(さかいただかつ)らの勧めで永住を決意し、1660年(万治3年)に山城国宇治郡大和田に寺地を賜り、1661年(寛文元年)に黄檗山萬福寺が創建されました。その後隠退し、1673年(寛文13年)5月19日に亡くなりました。なお隠元隆琦は煎茶道の開祖とされ、木庵性とう(もくあんしょうとう)・即非如一(そくひにょいつ)とともに「黄檗の三筆」と称されています。また隠元豆の由来にもなっています。
●萬福寺法堂は桁行五間・梁間六間で、入母屋造(いりもやづくり)の桟瓦葺(さんがわらぶき)です。
入母屋造は切妻造と寄棟造を組み合わせた屋根の形式です。寄棟造の屋根の上に切妻造の屋根を載せた形で、切妻造の四方に庇(ひさし)がついています。京都御所の紫宸殿(ししんでん)のように切妻と寄棟の角度が一続きでないものは錣屋根(しころやね)とも言われています。日本では古くから切妻造は寄棟造よりも格式が上とも言われ、それらの組み合わせた入母屋造は最も格式が高いとも言われています。
桟瓦葺は平瓦と丸瓦を一体化させた波型の桟瓦を使用して屋根を葺く方法です。ちなみに本瓦葺は平瓦と丸瓦を交互に組み合わせて屋根を葺く方法です。瓦葺は飛鳥時代に中国・朝鮮半島から寺院建築の技術とともに伝来しました。瓦葺は檜皮葺(ひわだぶき)・茅葺(かやぶき)・板葺(いたぶき)などに比べ耐水性・耐火性に優れ、台風の多い日本に適していました。
萬福寺見どころ

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る