本妙寺

本妙寺

本妙寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)本妙寺の境内に赤穂義士の吉田忠左衛門・同沢右衛門・貝賀弥左衛門夫妻らの墓があります。1930年(昭和5年)貝賀弥左衛門の子孫である9代目・斎藤トラが赤穂義士の遺品を本妙寺に奉納し、義士堂が建立されました。

【本妙寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区仁王門通東大路東入北門前町490
最寄り駅・バス停・・・東山仁王門(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは206系統(D2乗り場)
*四条河原町からは46系統、201系統、203系統
*四条烏丸からは31系統、201系統、203系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は東山駅(徒歩約3分)

【本妙寺 拝観時間・時間(要確認)】
自由拝観

【本妙寺 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【本妙寺 歴史・簡単概要】
本妙寺(ほんみょうじ)・赤穂義士の寺は1315年(正和4年)日蓮宗の開祖・日蓮の弟子・日像上人(にちぞうしょうにん)が岩倉の代官・渡辺氏の帰依により、渡辺邸を寺に改めたのが起源とも、1574年(天正2年)妙覚寺18世・日典(にちでん)が新烏丸丸太町に創建したのが起源とも言われています。その後1708年(宝永5年)宝永の大火によって類焼し、1728年(享保13年)に現在の場所に移り、本堂が再建されました。1930年(昭和5)赤穂義士・貝賀弥左衛門友信 (かいがやざえもんとものぶ)の子孫が遺品や遺墨を奉納し、義士堂(宝物館)が建立されました。
本妙寺は日蓮宗妙覚寺派の寺院です。
*参考・・・本妙寺

【本妙寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
本妙寺の見どころは義士堂(宝物館)です。貝賀弥左衛門の手槍や義士の手紙などが収蔵されています。

【本妙寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-771-2244

【本妙寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【本妙寺 おすすめ散策ルート】
本妙寺からのおすすめ散策ルートは東大路通を南に向かい、八坂神社に向かうルートです。20分ほど散策すれば、八坂神社まで行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。ルートの周辺には本因坊(寂光寺)・法要寺・満足稲荷神社・辰巳大明神(祇園のお稲荷さん)などがあり、それらを散策しながら八坂神社に向かうのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 下鴨神社流しびな

    2019年3月のイベント

    京都市内などで2019年3月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 仁和寺御室桜

    京都桜見ごろ2019

    京都桜見ごろ2019(桜時期2019)情報を紹介しています。桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃に…
  3. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 北野天満宮梅苑
    北野天満宮梅苑公開は京都の初春の風物詩です。梅苑公開は毎年梅が見ごろを迎える2月上旬頃から3月下旬頃…
  2. 城南宮枝垂梅
    城南宮枝垂梅と椿まつりは京都の春の風物詩です。枝垂梅と椿まつりは毎年2月・3月に行われています。枝垂…
  3. 東山花灯路
    東山花灯路2019は京都の春の風物詩です。東山花灯路は毎年3月に行われています。東山花灯路では北側の…
  4. 青龍会
    清水寺青龍会は京都の春の風物詩です。青龍会は毎年3月14日・3月15日に行われています。青龍会では転…
  5. 東寺夜桜ライトアップ
    東寺ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。東寺ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る