山崎聖天(アクセス・見どころ・概要・・・)

山崎聖天

山崎聖天

山崎聖天(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)山崎聖天は桜の名所で、桜が見頃を迎える4月上旬の日曜日に花を聖天(歓喜天)に献上する花祭りが行われます。花祭りでは聖天を安置している聖天堂の周りを僧侶などの行列が花を撒きながら一周し、その後鳥の衣装を身に着けた童子による童舞などが奉納されます。

【山崎聖天 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府乙訓郡大山崎町大山崎白味才62
最寄り駅・バス停・・・山崎駅(徒歩約12分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR東海道線

*阪急京都本線の場合、大山崎駅(徒歩約12分)

【山崎聖天 拝観時間・時間(要確認)】
9:00頃~16:00頃

【山崎聖天 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
無料

スポンサーリンク


【山崎聖天 歴史・簡単概要】
山崎聖天(やまざきしょうてん)・山崎の聖天さん・観音寺は起源が明確ではありません。山崎聖天は寺伝によると899年(昌泰2年)に寛平法皇(第59代・宇多天皇)の勅願によって創建されたとも言われています。その後衰退し、江戸時代初期に摂津・勝尾寺の僧・木食以空(もくじきいくう)が再興し、聖天(歓喜天)を鎮守として祀ったと言われています。聖天は現世利益を求める大阪の商人に篤く信仰されて大いに隆盛し、住友家も青銅製の灯篭を寄進したと言われています。その後1864年(元治元年)の禁門の変(蛤御門の変)により、聖徳太子が造仏したとも言われる本尊・十一面千手観世音菩薩と聖天像を残して焼失し、明治時代に廃寺となった西観音寺(三島郡島本町)の本堂などを移して伽藍が再建されました。なお山崎聖天は本尊・十一面千手観音を安置しています。
山崎聖天は真言宗系単立の寺院です。
*参考・・・山崎聖天(アクセス・歴史・・・)山崎聖天(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【山崎聖天 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
山崎聖天の見どころは聖天(歓喜天)を安置している聖天堂です。聖天には家運繁栄・商売繁昌・夫婦和合・子宝のご利益があるとも言われています。また山崎聖天は桜の名所ともされ、昭和初期に植えられた桜も見どころです。

【山崎聖天 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-956-0016

【山崎聖天 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【山崎聖天 おすすめ散策ルート】
山崎聖天からのおすすめ散策ルートは南側のアサヒビール大山崎山荘美術館・大念寺を散策するルートです。15分ほど散策するとアサヒビール大山崎山荘美術館・大念寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお山崎聖天周辺には観光スポットがあまり多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 京都霊山護国神社
  2. 伴緒社祭
  3. 身代不動尊採燈大護摩供
  4. 恵美須神社火焚祭
  5. 城南宮火焚祭

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る