平等院見所ランキング

平等院

平等院見所ランキングを紹介します。平等院見所ランキングは1位が阿字池の中島に建立され、中堂・北翼廊・南翼廊・尾廊に分かれている鳳凰堂(国宝)、2位が平安時代に完成した最古の浄土式庭園とも言われている庭園(国の名勝・国の史跡)、3位がミュージアム鳳翔館とライトアップ(桜・紅葉)です。

【平等院見所ランキング以外の情報】
平等院基本情報
平等院歴史
平等院見どころ

【平等院見所ランキング 平等院】
平等院(びょうどういん)は859年(貞観元年)に第52代・嵯峨天皇の皇子で、光源氏のモデルとも言われている左大臣・源融(みなもとのとおる)が造営した別荘があった場所です。その後別荘は第59代・宇多天皇、宇多天皇の孫である源重信、そして関白・藤原道長が源重信の婦人から譲り受けて別荘・宇治殿になりました。平等院は1052年(永承7年)に道長の子である関白・藤原頼通が宇治殿の寝殿を本堂に改め、天台宗の僧・明尊(みょうそん)を開山に藤原氏の氏寺として創建しました。ちなみに1052年(永承7年)は末法初年とされ、お釈迦様の入滅後に徐々に正しい教法が衰滅するという末法思想が貴族などに広がっていたと言われています。その後1053年(天喜元年)に西方極楽浄土を出現させたような鳳凰堂(阿弥陀堂)が建立され、定朝作の阿弥陀如来坐像が安置されたと言われています。

スポンサーリンク


【平等院見所ランキング 鳳凰堂】
鳳凰堂(阿弥陀堂)は国宝で、一番の平等院見所です。鳳凰堂は大乗仏教の経典「観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)」に基づき、十億万仏土先の西方にあると言われる西方極楽浄土(さいほうごくらくじょうど)とその教主である阿弥陀如来(あみだにょらい)を観想(かんそう)する為に建立されたとも言われています。鳳凰堂は阿字池(あじいけ)の中島に建立され、中堂・北翼廊・南翼廊・尾廊に分かれています。鳳凰堂は東方に面して建立され、阿字池の西方に極楽浄土があることを示しているとも言われています。ちなみに鳳凰堂は中堂の南北に北翼廊・南翼廊があり、中堂の西に尾廊があります。中堂大棟の南北両端にはかつて鳳凰(国宝)一対が設置されていたが、現在ミュージアム鳳翔館に収蔵され、複製が設置されています。鳳凰堂は極楽の宝池に浮かぶ宮殿のように見えるとも言われ、眺めるとその美しさが実感できます。鳳凰堂は2012年(平成24年)9月から2014年(平成26年9月)9月まで外観が酸化鉄と黄土を混ぜた丹土塗り(につちぬり)や鳳凰の金箔張り(きんぱくばり)などの平成の大修理が行われました。なお鳳凰堂はかつて阿弥陀堂・御堂・大堂と言われ、江戸時代以降に鳳凰堂と言われるようになりました。
(平等院見所ランキング 鳳凰堂豆知識)
●鳳凰堂は平安時代後期の1053年(天喜元年)に建立されました。鳳凰堂はかつて屋根瓦が木製だったとも言われ、その後総瓦葺(そうかわらぶき)になったそうです。
●鳳凰堂は寄木造技法の完成者である仏師・定朝(じょうちょう)作と唯一確証がある阿弥陀如来坐像(国宝)を安置しています。
●鳳凰は平等院が創建された同時期(11世紀頃)に製作されたとも言われています。鳳凰の北方像は総高235.0センチ・像高98.8センチ、南方像は総高228.8センチ・像高95.0センチです。

【平等院見所ランキング 庭園】
庭園は国の名勝・国の史跡で、平等院見所です。庭園も鳳凰堂と同様に「観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)」に基づき、西方極楽浄土(さいほうごくらくじょうど)とその教主である阿弥陀如来(あみだにょらい)を観想(かんそう)する為に作庭されたとも言われています。庭園は阿字池(あじいけ)の中島に鳳凰堂(国宝)が建立され、宇治川(うじがわ)や対岸の山々と一体として作庭された浄土式庭園です。阿字池は「観無量寿経」の極楽浄土・宝池(ほうち)を表しています。庭園は平安時代の歌人・橘俊綱(たちばなのとしつな)が「今鏡(いまかがみ)平安時代末期成立」の中で当代きってのものと謳い、眺めるとその美しさが実感できます。なお阿字池は梵字(ぼんじ)の阿字を象った池です。
(平等院見所ランキング 庭園豆知識)
●庭園は平安時代に作庭され、平安時代に完成した最古の浄土式庭園とも言われています。なお庭園では1990年(平成2年)から発掘調査が行われ、平安時代の州浜が検出されたことから作庭当初の姿に戻されました。また鳳凰堂に渡る2つの小橋も当初の形式に戻されました。

【平等院見所ランキング ミュージアム鳳翔館】
ミュージアム鳳翔館(ほうしょうかん)は鳳凰(国宝)・雲中供養菩薩像(国宝)・梵鐘(国宝)などを収蔵・公開しています。鳳凰は平等院が創建された同時期(11世紀頃)に製作されたとも言われています。梵鐘も平等院が創建された同時期(11世紀頃)に鋳造されたとも言われ、「姿・形の平等院」として「音の三井寺(園城寺)」・「銘の神護寺」とともに「天下の三名鐘」に数えられています。鳳凰・梵鐘は眺めるとその歴史を実感することができます。なお鳳翔館は国の名勝・国の史跡に指定されている庭園などの調和を図る為に大半が地下構造になっており、日本芸術院賞・日本建築学会作品選奨を受賞しています。
(平等院見所ランキング ミュージアム鳳翔館豆知識)
●鳳翔館は2001年(平成13年)に開館しました。鳳翔館は1965年(昭和40年)に建設された旧宝物館が老朽化したことにより、鳳翔館が建設されました。

【平等院見所ランキング ライトアップ】
ライトアップは平成の大修理後、桜・紅葉が見ごろを迎える時期に行われています。(要確認)紅葉ライトアップは「瑞光照歓‐錦秋のあかり‐」として行われ、モミジと鳳凰堂(国宝)などがライトアップされます。
(平等院見所ランキング ライトアップ)
●平等院には枝垂桜・染井吉野などの桜の木が植えられ、例年3月下旬頃から4月上旬頃に見ごろを迎えます。
桜見ごろ・平等院見所ランキング桜ライトアップ・平等院見所ランキング
●平等院にはモミジ約200本が植えられ、例年11月中旬頃から下旬頃に見ごろを迎えます。
紅葉見ごろ・平等院見所ランキング紅葉ライトアップ・平等院見所ランキング

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 紅しだれコンサート

    2019年4月のイベント

    京都市内などで2019年4月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 仁和寺御室桜

    京都桜見ごろ2019

    京都桜見ごろ2019(桜時期2019)情報を紹介しています。桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃に…
  3. 清水寺

    京都桜ライトアップ2019

    京都桜ライトアップ2019(夜間拝観)情報を紹介しています。桜ライトアップは例年桜が見ごろを迎える時…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 松尾祭神幸祭
    松尾大社松尾祭2019は京都の春の風物詩です。松尾祭は神幸祭が毎年4月20日以降の日曜日、還幸祭が毎…
  2. 稲荷祭氏子祭
    伏見稲荷大社稲荷祭2019は京都の春の風物詩です。稲荷祭は神幸祭が毎年4月20日前後の日曜日、還幸祭…
  3. 壬生狂言
    壬生寺壬生狂言2019(壬生大念仏狂言)は京都の春の風物詩です。壬生狂言は毎年4月29日から5月5日…
  4. 曲水の宴
    城南宮曲水の宴(春)2019は京都の春の風物詩です。曲水の宴(春)は毎年4月29日に行われています。…
  5. 岡崎疏水十石舟めぐり
    岡崎疏水十石舟めぐり2018は京都の春の風物詩です。十石舟めぐりは毎年春に行われています。十石舟めぐ…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る