平等院見どころ-修学旅行・観光ポイントまとめ

平等院見どころ

平等院見どころ

平等院見どころを解説しています。修学旅行・観光に役立つ簡単まとめを提供。平等院で見逃せない鳳凰堂(国宝)や浄土式庭園(国の名勝)を解説しています。平等院有数の見どころである鳳凰堂は浄土式庭園の阿字池の中島にあり、極楽の宝池に浮かぶ宮殿のように見えると言われています。(平等院見どころ下記参照)

【平等院 歴史・簡単概要】 京都宇治世界遺産
朝日山・平等院(びょうどういん)とは平安時代前期の859年(貞観元年)に第52代・嵯峨天皇(さがてんのう)の皇子である左大臣・源融(みなもとのとおる)が造営した別荘があった場所です。その後別荘は第59代・宇多天皇(うだてんのう)、宇多天皇の孫、源重信(みなもとのしげのぶ)を経て、関白・藤原道長(ふじわらのみちなが)が源重信の婦人から譲り受けました。その後平安時代後期の1052年(永承7年)に道長の子で、関白・藤原頼通(ふじわらのよりみち)が別荘・宇治殿(うじどの)の寝殿(しんでん)を本堂に改め、藤原氏の氏寺として平等院を創建しました。その後1053年(天喜元年)に西方極楽浄土(ごくらくじょうど)を出現させたような鳳凰堂(ほうおうどう・阿弥陀堂)が建立され、定朝(じょうちょう)作の本尊・阿弥陀如来(あみだにょらい)坐像が安置されました。
京都宇治世界遺産・平等院歴史(起源・・・)

スポンサーリンク

【平等院-鳳凰堂・見どころ解説】 ★★★修学旅行必見
鳳凰堂(阿弥陀堂)は見逃せない国宝(1951年(昭和26年)6月9日指定)です。鳳凰堂は阿字池(あじいけ)の中島にあり、極楽の宝池(ほうち)に浮かぶ宮殿のように見えると言われています。鳳凰堂は中堂・北翼廊(よくろう)・南翼廊・尾廊に分かれています。北翼廊・南翼廊は中堂の南北にあり、中堂の西に尾廊があります。中堂の須弥壇(しゅみだん)はかつて螺鈿(らでん)や飾金具で装飾されていました。現在天蓋中央には八花鏡(はっかきょう)、天井には銅製の鏡66個が吊られています。鳳凰堂は平安時代後期の1053年(天喜元年)に建立されました。なお鳳凰堂は寝殿造の様式を取り入れた鳳凰造です。
(平等院-鳳凰堂・ポイント)
●鳳凰堂は中堂が桁行三間・梁間二間で、本瓦葺(ほんがわらぶき)の入母屋造(いりもやづくり)です。中堂は一重もこし(裳階)付です。
●鳳凰堂は西方極楽浄土の教主で、本尊・阿弥陀如来坐像(国宝)を安置しています。周囲の壁・扉に九品来迎図(くほんらいこうず)、背後の壁に極楽浄土図が描かれています。なお中堂内部の長押(なげし)上の小壁(こかべ)に雲中供養菩薩(うんちゅうくようぼさつぞう)像52躯が掛けられています。
●鳳凰堂は天井や梁(はり)に宝相華(ほうそうげ)を主とする文様、柱に天衣(てんい)を翻して舞う天人(てんにん)・楽(がく)を奏する童子(どうじ)・飛び立つ鳳凰・宝相華・唐草文様(からくさもんよう)などが描かれています。
●鳳凰堂は1951年(昭和26年)から10円硬貨表面にデザインされています。
●鳳凰堂は当初阿弥陀堂・御堂・大堂と言われ、鳳凰堂と言われるようになったのは江戸時代以降です。
平等院-鳳凰堂(歴史概略・特徴・・・)

【平等院-阿弥陀如来坐像・見どころ解説】
本尊・阿弥陀如来坐像は国宝です。阿弥陀如来坐像は仏師・定朝が造仏し、平安時代後期の1053年(天喜元年)に収められました。阿弥陀如来坐像は定朝様(じょうちょうよう)の円満な面相で、定朝の優美で温和な作風は仏像彫刻の理想像として、「仏の本様(手本)」と称されました。阿弥陀如来坐像は像高277.2センチの木造で、寄木造(よせぎづくり)の漆箔(うるしはく)です。
(平等院-阿弥陀如来坐像・ポイント)
●阿弥陀如来坐像は寄木造技法の完成者である仏師・定朝作と唯一確証がある仏像です。

【平等院-鳳凰・見どころ解説】 ★修学旅行必見
鳳凰は見逃せない国宝(1973年(昭和48年)6月6日指定)です。鳳凰は鳳凰堂(国宝)の中堂大棟の南北両端に一対が設置されていたが、現在ミュージアム鳳翔館に収蔵され、複製が設置されています。鳳凰は鳳凰堂の名称の由来になっています。鳳凰は創建された同時期(11世紀頃)に製作されたとも言われています。なお鳳凰は金銅製です。
(平等院-鳳凰・ポイント)
●鳳凰の北方像は総高約235.0センチ・像高約98.8センチ・幅約34.5センチ、南方像は総高約228.8センチ・像高約95.0センチ・幅約44.5センチです。
●鳳凰は仏師・定朝が原型を製作したとも言われています。

【平等院-梵鐘・見どころ解説】 ★修学旅行必見
梵鐘(ぼんしょう)は見逃せない国宝(1952年(昭和27年)3月29日指定)です。梵鐘はかつて鳳凰堂の南の阿字池の畔にあった鐘楼(しょうろう)に釣られていたが、現在ミュージアム鳳翔館に収蔵されています。梵鐘には天人・獅子(しし)・唐草文様などが全面に浮き彫りがあります。梵鐘は創建された同時期(12世紀頃)に鋳造されたとも言われています。なお梵鐘は銅製です。
(平等院-梵鐘・ポイント)
●梵鐘は総高約199.0センチ・竜頭高約41.8センチ・笠形高約10.9センチ・身高約146.0センチ・撞座径約19.7センチ・口径約123.0センチ・口厚約12.0センチです。
●梵鐘は姿形(姿)の平等院と謳われ、音(声)の三井寺(みいでら・園城寺(おんじょうじ))・勢の東大寺または銘の神護寺(じんごじ)と言われる梵鐘とともに「天下の三名鐘(さんめいしょう)」と言われています。

【平等院-観音堂・見どころ解説】 ★★修学旅行必見
観音堂(釣殿(つりどの))は見逃せない重要文化財(1902年(明治35年)4月17日指定)です。観音堂は鎌倉時代前期(1185年~1274年)に本堂跡に建立されたと言われています。観音堂は釣殿とも言われています。なお観音堂は本瓦葺の寄棟造(よせむねづくり)です。
(平等院-観音堂・ポイント)
●観音堂は桁行七間・梁間四間です。
●観音堂はかつて平安時代後期(11世紀)に造仏された本尊・十一面観音(じゅういちめんかんのん)立像を安置していました。なお十一面観音は像高約167.2センチの木造で、後頭部に暴悪大笑面(ぼうあくだいしょうめん)がなく、一般的な十一面観音と異なっています。

【平等院-表門・見どころ解説】
表門(正門・北門)は伏見城から塔頭(たちゅう)・浄土院(じょうどいん)に移された門を1957年(昭和32年)に更に移しました。表門は江戸時代初期に建てられたと言われています。表門はケヤキの木で造られています

【平等院-六角堂・見どころ解説】
六角堂は1902年(明治35年)~1907年(明治40年)に行われた鳳凰堂の翼廊の解体・修理の際に出た廃材を利用し、山内に建てられました。六角堂は休憩所と一緒に建てられました。なお六角堂は瓦葺です。

【平等院-庭園・見どころ解説】 ★★★修学旅行必見
庭園は見逃せない国の名勝(1922年(大正11年)3月8日指定)です。庭園は阿字池の中島に鳳凰堂(国宝)が建っている浄土式庭園です。阿字池は「観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)」の極楽浄土・宝池(ほうち)を表しているそうです。庭園は1990年(平成2年)からの発掘調査により、平安時代の州浜が検出され、造営当初の姿に戻されました。また鳳凰堂に渡る2つの小橋も当初の形式に戻されました。なお庭園は2003年(平成15年)度末に整備が完了しました。
(平等院-庭園・ポイント)
●庭園は平安時代の歌人・橘俊綱(たちばなのとしつな)が「今鏡(いまかがみ)・平安時代末期成立」の中で当代きってのものと謳いました。
平等院-庭園(歴史概略・特徴・・・)

【平等院-灯籠・見どころ解説】 ★修学旅行必見
灯籠(とうろう)は鳳凰堂前に置かれています。灯籠は六角石燈籠です。灯籠は基礎が平安時代末期、竿(さお)・中台・笠が鎌倉時代末期、火袋(ひぶくろ)・宝珠(ほうじゅ)が桃山時代頃、基台が近世頃に造られたとも言われています。灯籠は高さが基台から約2メートルです。

【平等院-扇の芝・見どころ解説】
扇の芝は源頼政(みなもとのよりまさ)終焉の場所と言われています。源頼政は平安時代末期の1180年(治承4年)に以仁王(もちひとおう)の令旨(りょうじ)を奉じ、平家打倒を掲げて挙兵したが、平氏軍に追われて自刃しました。なお源頼政の墓地は塔頭・最勝院(さいしょういん)近くにあります。
(平等院-扇の芝・ポイント)
●扇の芝では源頼政が軍扇(ぐんせん)を広げ、辞世の句を詠み、西に向かって「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と唱えたと言われているそうです。

【平等院-藤の花・見どころ解説】
藤棚の藤の花は宇治市の名木百選に選ばれています。藤の花は樹齢約250年で、高さ約3メートル・幹回り2.4メートルあります。なお藤の花は例年4月下旬から5月上旬に見ごろを迎えます。
(平等院-藤の花・ポイント)
●藤の花は藤原氏の代表紋(だいひょうもん)です。

【平等院-桜・見どころ解説】
平等院は京都の桜の名所です。山内に枝垂桜・染井吉野などの桜の木が植えられ、例年3月下旬頃から4月上旬頃に見ごろを迎えます。なお桜が見ごろを迎える時期に桜ライトアップ・夜間特別拝観が行われることがあります。
平等院桜ライトアップ(夜間特別拝観)

【平等院-紅葉・見どころ解説】
平等院は京都の紅葉の名所です。山内に約200本のモミジが植えられ、例年11月中旬頃から下旬頃に見ごろを迎えます。なお紅葉が見ごろを迎える時期に紅葉ライトアップ・夜間特別拝観が行われることがあります。
平等院紅葉ライトアップ(夜間特別拝観)

【平等院-平等院蓮・見どころ解説】 ★修学旅行必見
平等院蓮は1999年(平成11年)に阿字池を発掘調査した際、江戸時代後期(約200年前)の地層から1粒出土しました。蓮は独自の品種で、例年6月下旬頃から8月上旬頃に見ごろを迎えます。なお鳳凰堂の本尊・阿弥陀如来坐像の後ろに描かれている仏後壁に蓮にそっくりな蓮の花びらが描かれています。

【平等院-室町椿・見どころ解説】
室町椿は1997年(平成9年)に鳳凰堂の南背後の庭園を発掘した際、室町時代の地層から土器・瓦などとともに発見された。室町椿は2003年(平成15年)に初めて開花し、例年2月頃から3月頃に見ごろを迎えます。

【平等院-ミュージアム鳳翔館・見どころ解説】 ★★修学旅行必見
ミュージアム鳳翔館(ほうしょうかん)は鳳凰(国宝)・雲中供養菩薩像(国宝)・梵鐘(国宝)などを収蔵・公開しています。鳳翔館は2001年(平成13年)に開館しました。なおミュージアム鳳翔館は日本芸術院賞・日本建築学会作品選奨を受賞しています。

【平等院-関白忌・見どころ解説】
関白忌(かんぱくき)は毎年3月2日に行われています。関白忌では別荘・宇治殿の寝殿を本堂に改め、藤原氏の氏寺にした藤原頼通を偲びます。なお関白忌は1958年(昭和33年)に復活し、現在鳳凰堂で行われる唯一の行事と言われています。
平等院関白忌(日程・・・)

【平等院-浄土院・見どころ解説】
浄土院は塔頭です。浄土院は室町時代後期の明応年間(1492年~1501年)に浄土宗の僧・栄久上人(えいくしょうにん)が修復の為に創建したと言われています。浄土院には本堂・羅漢堂(宇治市指定文化財)・養林庵書院(重要文化財)があります。なお浄土院は浄土宗の寺院です。

【平等院-浄土院養林庵書院・見どころ解説】
養林庵書院は重要文化財(1927年(昭和2年)4月25日指定)です。養林庵書院には床の間に雪景山水図、襖に籬(まがき)に梅図、天袋に花卉(かき)図が描かれた障壁画(宇治市指定文化財)があります。狩野山雪が描いたとも言われています。養林庵書院は安土桃山時代から江戸時代初期の1573年(天正元年)~1614年(慶長19年)に建立されました。養林庵書院は桃山城の遺構とも言われています。なお養林庵書院は檜皮葺(ひわだぶき)の正面入母屋造・背面切妻造(きりづまづくり)です。
(平等院-浄土院養林庵書院・ポイント)
●養林庵書院は桁行約9.1メートル・梁間9.9メートルです。
●養林庵書院は通常非公開です。

【平等院-最勝院・見どころ解説】
最勝院は塔頭です。最勝院は江戸時代前期の1654年(承応3年)に住心院の僧が移り、その庵を最勝院と言ったことが起源と言われています。最勝院には不動堂(本堂)・地蔵堂があります。なお最勝院は天台宗(てんだいしゅう)系の単立寺院です。

【平等院-茶房藤花・見どころ解説】
茶房藤花は境内で本格宇治茶を楽しめる日本茶専門店です。茶葉は宇治市内や近郊の茶園で栽培され、日本茶インストラクターがオリジナルブレンドしたものが使われています。ランチ前後に抹茶・玉露・煎茶・冷茶(抹茶・玉露・煎茶)・氷出し玉露(夏季限定)などを楽しめます。オリジナル和菓子(干菓子)が付きです。なお宇治茶は静岡茶とともに日本二大茶、狭山茶を加えて日本三大茶と言われています。

【宇治上神社・宇治神社・見どころ解説】
宇治川の対岸にある宇治上神社(うじがみじんじゃ)・宇治神社(うじじんじゃ)は鎮守社だったとも言われています。宇治上神社・宇治神社は一体の存在です。
(平等院-宇治上神社・宇治神社・ポイント)
●宇治上神社は起源が明確ではなく、山城国国司が第60代・醍醐天皇(だいごてんのう)の勅によって社殿を造営したとも言われています。宇治上神社は世界遺産です。
宇治上神社(アクセス・・・)
●宇治神社は菟道稚郎子(うじのわきいらつこのみこと)が亡くなり、兄である第16代・仁徳天皇(にんとくてんのう)が菟道稚郎子の神霊を祠(ほこら)に祀ったのが起源と言われています。
宇治神社(アクセス・・・)

【縣神社・見どころ解説】
縣神社(あがたじんじゃ)は総鎮守だったとも言われています。縣神社は土地の守護神として祀られ、大和政権下の地方組織・県(あがた)に関係があったとも言われています。
縣神社(アクセス・・・)

【平等院見どころ 備考(参考リンク)】
*参考・・・京都宇治世界遺産・平等院(アクセス・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山紅葉

    嵐山紅葉見ごろ2021(11月中旬~下旬頃)

ページ上部へ戻る