東寺見所ランキング

東寺

東寺見所ランキングを紹介します。東寺見所ランキングは1位が高さ約54.8メートルで、日本国内で最も高い木造塔(建築物)である五重塔(国宝)、2位が総高が10メートルに達する本尊である薬師如来坐像を安置する金堂(国宝)、3位がかつて弘法大師・空海の住房とも言われる大師堂(国宝)とライトアップです。

【東寺見所ランキング以外の情報】
東寺基本情報
東寺歴史
東寺七不思議
東寺見どころ

【東寺見所ランキング 東寺】
東寺(とうじ)・教王護国寺(きょうおうごこくじ)は796年(延暦15年)に第50代・桓武天皇の発願により、西寺(右大寺)とともに国家鎮護の官寺として、都の入口である羅城門の東に創建されました。796年(延暦15年)に金堂が建立されたと言われています。その後823年(弘仁14年)に真言宗の宗祖である弘法大師・空海が第52代・嵯峨天皇から賜り、真言密教の根本道場になりました。825年(天長2年)に講堂の建立が許され、826年(天長3年)に五重塔(塔婆)の造営を勧請し、828年(天長5年)には日本最初の私立学校・綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)が創立しました。

スポンサーリンク


【東寺見所ランキング 五重塔】
五重塔は国宝で、一番の東寺見所です。五重塔は高さ約54.8メートルで、日本国内で最も高い木造塔(建築物)です。五重塔はその高さから境外からも見ることができるが、間近に近づいて見上げるとその高さを実感することができます。五重塔は通年で夜間にライトアップされ、境外からライトアップされた五重塔を見ることができます。また東寺は桜の名所・紅葉の名所で、桜・紅葉が見ごろを迎える時期にライトアップされ、五重塔とともにライトアップされた幻想的な桜・紅葉を楽しむことができます。ちなみに五重塔は通常初層内部は非公開だが、春期・秋期の特別公開などで初層内部が公開されます。なお京都市内には東寺の五重塔以外にも約38.8メートルの法観寺(ほうかんじ)の五重塔(重要文化財・八坂の塔)や約38.2メートルの醍醐寺(だいごじ(世界遺産))の五重塔(国宝)などもあります。
(東寺見所ランキング 五重塔豆知識)
●五重塔は平安時代初期の826年(天長3年)から建立が始まり、その後落雷・不審火によって4度焼失し、江戸時代前期の1644年(寛永21年)に江戸幕府3代将軍・徳川家光(とくがわいえみつ)の寄進によって再建されました。
●五重塔は初層内部に真言密教の教主である大日如来(だいにちにょらい)が説く真理や悟りの境地を表現した両界曼荼羅(りょうかいまんだら)が描かれています。また五重塔は大日如来とみなされている心柱(しんばしら)を中心に金剛界四仏像・八大菩薩像を安置しています。

【東寺見所ランキング 金堂】
金堂は国宝で、東寺見所です。金堂は台座・光背(こうはい)を含めた総高が10メートルに達する本尊である薬師如来坐像を安置し、近づくと桁行七間・梁間五間の大きさを実感することができます。金堂はその外観から二階建て(二重)の建物のようにも見えるが、一重裳階(もこし)付きの建物です。なお金堂は和様と大仏様(天竺様)が併用され、高い天井を支える建築様式に大仏様の特色が表れています。
(東寺見所ランキング 金堂豆知識)
●金堂は平安時代初期の823年(弘仁14年)頃に完成したが、1486年(文明18年)の土一揆によって焼失し、江戸時代初期の1603年(慶長8年)に関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)の子・豊臣秀頼(とよとみひでより)の寄進によって再建されました。
●金堂は本尊である薬師如来坐像(像高2.88メートル)と両脇侍像(日光菩薩・月光菩薩)を安置しています。

【東寺見所ランキング 大師堂】
大師堂(御影堂・不動堂)は国宝で、東寺見所です。大師堂はかつて弘法大師・空海の住房とも言われ、前堂に弘法大師坐像(国宝)を安置していることから宗祖を間近に感じることができます。なお大師堂は前堂(桁行四間・梁間五間)・後堂(桁行七間・梁間四間)・中門(桁行二間・梁間一間)から構成されています。
(東寺見所ランキング 大師堂豆知識)
●大師堂は後堂が1380年(天授6年)に再建され、前堂・中門が1390年(元中7年)に増築されました。
●大師堂は前堂に弘法大師坐像(国宝)、後堂に弘法大師・空海の念持仏とされる不動明王坐像(国宝)を安置しています。不動明王坐像は不動明王像としては日本最古とも言われる秘仏で、非公開です。

【東寺見所ランキング ライトアップ】
ライトアップは東寺見所です。東寺は桜の名所・紅葉の名所で、桜(例年4月上旬頃)・紅葉(例年11月中旬頃から11月下旬頃)が見ごろを迎える時期にライトアップされます。ライトアップでは昼間と異なり、幻想的な夜間の桜・紅葉を見ることができます。なお東寺は京都駅近くになり、比較的近場で紅葉のライトアップを楽しむことができます。
(東寺見所ランキング ライトアップ豆知識)
●東寺には樹齢130年を超え、高さ約13メートル・枝張り約10メートルの不二桜(エドヒガン系の八重紅枝垂桜)やソメイヨシノ(染井吉野)など約200本の桜が植えられています。
桜・東寺見所ランキング桜ライトアップ・東寺見所ランキング
●東寺にはイロハモミジ・ドウダンツツジ・ソメイヨシノ・イチョウなど約200本が植えられています。
紅葉・東寺見所ランキング紅葉ライトアップ・東寺見所ランキング

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 下鴨神社流しびな

    2019年3月のイベント

    京都市内などで2019年3月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 仁和寺御室桜

    京都桜見ごろ2019

    京都桜見ごろ2019(桜時期2019)情報を紹介しています。桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃に…
  3. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 岡崎疏水十石舟めぐり
    岡崎疏水十石舟めぐり2018は京都の春の風物詩です。十石舟めぐりは毎年春に行われています。十石舟めぐ…
  2. 祇園白川ライトアップ
    祇園白川桜ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。桜ライトアップは3月下旬頃から4月上…
  3. 清水寺
    清水寺ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。清水寺ライトアップは毎年桜が見ごろを迎え…
  4. 岡崎疏水桜ライトアップ
    岡崎疏水ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。岡崎疏水ライトアップは毎年桜が見ごろを…
  5. 東寺夜桜ライトアップ
    東寺ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。東寺ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る