東寺見どころ-修学旅行・観光の簡単解説

東寺見どころ

東寺見どころ簡単解説

東寺見どころポイントを簡単にまとめて解説しています。東寺で見逃せない五重塔(国宝)や立体曼荼羅の講堂(重要文化財)などを解説しています。東寺有数の見どころである五重塔は約54.8メートルで、国内で最も高い木造塔です。講堂では仏像で羯磨曼荼羅が表現されています。(東寺見どころ下記参照)

【東寺見どころ解説以外の情報】
東寺基本情報
東寺七不思議(見どころ)

【東寺 歴史・簡単概要】 京都世界遺産
八幡山・東寺(とうじ)とは教王護国寺(きょうおうごこくじ)とも言われています。東寺は平安時代初期の796年(延暦15年)に第50代・桓武天皇(かんむてんのう)の発願により、西寺(右大寺)とともに国家鎮護(こっかちんご)の官寺(かんじ)として、都の入口である羅城門(らじょうもん)の東に創建されました。796年(延暦15年)に金堂(こんどう)が建立されたと言われています。その後823年(弘仁14年)に真言宗(しんごんしゅう)の宗祖である弘法大師(こうぼうだいし)・空海が第52代・嵯峨天皇(さがてんのう)から賜り、真言密教の根本道場になりました。825年(天長2年)に講堂の建立が許され、826年(天長3年)に五重塔の造営を勧請し、828年(天長5年)には日本最初の私立学校・綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)が創立しました。
東寺歴史(起源・・・)

スポンサーリンク

【東寺-金堂・見どころ解説】★★★修学旅行・観光必見
金堂(本堂)は見逃せない国宝です。金堂は宋(中国)の様式を取り入れた奈良・東大寺の大仏様(だいぶつよう・天竺様(てんじくよう))を受け継ぎ、和様(わよう)も取り入れています。金堂は平安時代前期の823年(弘仁14年)頃に完成したが、室町時代中期の1486年(文明18年)の土一揆で焼失し、江戸時代初期の1603年(慶長8年)に関白・豊臣秀吉の子・豊臣秀頼の寄進によって再建されました。金堂は本瓦葺(ほんがわらぶき)の入母屋造(いりもやづくり)です。金堂は建築様式に注目です。
(東寺-金堂・ポイント豆知識)
●金堂は桁行五間・梁間三間です。
●金堂は本尊・薬師如来(やくしにょらい)坐像(七仏薬師如来(しちぶつやくしにょらい))と両脇侍像(日光菩薩(にっこうぼさつ)・月光菩薩(がっこうぼさつ))を安置しています。七仏薬師如来は薬壺(やくこ)を持たず、光背(こうはい)に七体の化仏(けぶつ)を配し、台座に薬師如来と信仰する人々を守る十二神将(じゅうにしんしょう)がぐるりと並んでいます。なお薬師如来などは七条仏所慶派21代・康正(こうしょう)が造仏しました。
★薬師如来は菩薩時代に衆生の病気を治すなどの十二の大願を立てて如来となった東方瑠璃光浄土ので説法する過去仏(教主)とされています。薬師如来は一般的に左手に病を癒す為の薬壷を持ち、右手に施無畏(せむい)の印を結んでいます。
金堂見どころ(概略・・・)

【東寺-五重塔・見どころ解説】★★★修学旅行・観光必見
五重塔は見逃せない国宝です。五重塔は三間五重塔婆(さんげんごじゅうとうば)です。五重塔は初層内部に極彩色で彩られた密教空間が広がっています。四方の柱に金剛界曼荼羅(こんごうかいまんだら)、四面の側柱に八大龍王(はちだいりゅうおう)、壁に真言八祖(しんごんはっそ)像が描かれています。五重塔は平安時代前期の826年(天長3年)から建立が始まり、その後落雷・不審火によって4度焼失し、江戸時代前期の1644年(寛永21年)に江戸幕府3代将軍・徳川家光の寄進によって再建されました。五重塔は心柱を使用した耐震構造で、本瓦葺です。五重塔は最大のハイライトです。
(東寺-五重塔・ポイント豆知識)
●五重塔は高さ約54.8メートルで、国内で最も高い木造塔(建築物)です。五重塔はその高さに注目です。五重塔は境外からも眺められる東寺・京都のシンボルだが、間近に近付くとその高さを実感できます。五重塔は桜・紅葉シーズンに絶景の光景が見られます。
●五重塔には弘法大師・空海が唐(中国)から持ち帰ったお釈迦様の遺骨・仏舎利(ぶっしゃり)が収められています。
●五重塔は真言密教の教主・大日如来(だいにちにょらい)とする心柱(しんばしら)を中心に金剛界四仏(こんごうかいしぶつ)像・八大菩薩(はちだいぼさつ)像を安置しています。
★大日如来は真言密教の教主で、宇宙の実相を仏格化した根本仏とされています。大日如来は太陽神が起源とされ、宇宙の根元で、諸仏・諸菩薩の本地とされています。大日如来は日本の密教において最高仏として位置付けられ、大日信仰が成立しました。
●五重塔の初層内部は通常非公開だが、特別公開される時期があります。特別公開は密教空間を実感できるチャンスです。
●2018年(平成30年)9月の台風21号で被害を受け、2019年(令和元年)に被害を受けた瓦や破損していた屋根の四隅に吊られている風鐸(ふうたく)が補修されました。なお五重塔は再建以来、記録にあるだけで近世に4回、近代も1883年(明治16年)・1885年(明治18年)・1908年(明治41年)・1960年(昭和35年)などに度々修理が行われています。
●毎日夜間にライトアップが行われています。また桜見ごろ・紅葉見ごろに桜・紅葉とともにライトアップが行われ、普段と異なった幻想的な光景に彩られます。また例年春に五重塔初層特別公開が行われ、普段見られない極彩色で彩られた密教空間を拝観できます。
五重塔見どころ(概略・・・)

【東寺-大師堂・見どころ解説】★★★修学旅行・観光必見
大師堂(御影堂・不動堂)は見逃せない国宝です。大師堂は弘法大師・空海の住房と言われています。大師堂は前堂・後堂・中門から構成されています。後堂は南北朝時代の1380年(天授6年・康暦2年)に再建され、前堂・中門は南北朝時代の1390年(元中7年・明徳元年)に増築されました。大師堂は檜皮葺(ひわだぶき)の入母屋造です。大師堂はその歴史に注目です。
(東寺-大師堂・ポイント豆知識)
●後堂は桁行七間・梁間四間、前堂は桁行四間・梁間五間、中門は桁行二間・梁間一間です。
●前堂は弘法大師坐像(国宝)、後堂は弘法大師・空海の念持仏(ねんじぶつ)とされる不動明王(ふどうみょうおう)坐像(国宝)を安置しています。不動明王は弘法大師・空海が唐(中国)から伝えたとも言われています。
●大師堂に安置されている不動明王坐像は不動明王像としては日本最古とも言われる秘仏で、通常非公開です。
●大師堂では弘法大師・空海の住房だった頃と同じように午前6時に一の膳・二の膳・お茶を備える生身供(しょうじんく)が行われています。弘法大師・空海を感じられる場所です。
●2020年(令和2年)7月に檜皮葺の葺き替えや建具の漆塗りなどが行われました。
●毎月1日に大般若会(だいはんにゃえ)、毎月20日にお逮夜(おたいや)、毎月21日に御影供(みえいく)が行われています。また例年1月3日に修正会(しゅしょうえ)が行われ、厄除けの御宝印(ごほういん)が授けられ、例年6月15日に弘法大師降誕会(こうぼうだいしごうたんえ)が行われ、甘茶が献じられます。更に節分に星祭り(ほしまつり)・節分会(せつぶんえ)、例年2月15日に涅槃会(ねはんえ)も行われています。
大師堂(御影堂)見どころ(概略・・・)

【東寺-講堂・見どころ解説】★★修学旅行・観光必見
講堂は見逃せない重要文化財です。講堂は伽藍(東西南北約255メートル)のほぼ中心に建立され、礎石は創建当初のものと言われています。講堂は平安時代前期の823年(弘仁14年)に着工され、839年(承和6年)に完成したが、その後室町時代中期の1486年(文明18年)の土一揆で焼失し、1491年(延徳3年)に再建されました。講堂は本瓦葺の入母屋造です。講堂もハイライトです。
(東寺-講堂・ポイント豆知識)
●講堂は桁行九間・梁間四間です。講堂はその大きさに注目です。
●講堂は真言密教の教主・大日如来を中心とした密教尊(如来・菩薩・明王・天部(てんぶの21尊)を安置しています。講堂では弘法大師・空海による立体曼荼羅(まんだら)である羯磨曼荼羅(かつままんだら)が視覚的に表現されています。なお帝釈天半跏像(たいしゃくてんはんかぞう)は端整な顔で、右手に独鈷杵(とっこしょ)を持ち、白象の背に半跏で乗っています。講堂は五重塔とともに密教空間を体感できます。
●講堂では2000年(平成12年)に須弥壇(しゅみだん)の下から薄い木を焼いた跡が発見され、弘法大師・空海が鎮壇(ちんだん)として護摩(ごま)を焚いたとも言われています。
●例年1月28日に講堂修正会(こうどうしゅしょうえ)が行われ、厄除けの御宝印が授けられます。
講堂見どころ(概略・・・)

【東寺-宝蔵・見どころ解説】★修学旅行・観光必見
宝蔵(ほうぞう)は重要文化財です。宝蔵には盗難の痕跡が残されているそうです。宝蔵は平安時代後期(1086年~1184年)に建立されたと言われています。床板は金堂の扉とも、羅城門(らじょうもん)の扉とも言われています。宝蔵は山内最古の建築物と言われています。宝蔵は本瓦葺の校倉造(あぜくらづくり)です。宝蔵は七不思議に数えられ、その歴史に注目です。
(東寺-宝蔵・ポイント豆知識)
●宝蔵は桁行三間・梁間三間です。
●宝蔵は弘法大師・空海が師で、真言八祖の第七祖・恵果(けいか)から授かり、唐(中国)から持ち帰った寺宝などを収蔵していました。
●宝蔵は当初南北に2棟あり、宝物を収蔵していたが、南棟だけが残りました。宝蔵は火災に備え、塀で囲まれていました。
宝蔵見どころ(概略・・・)

【東寺-灌頂院・見どころ解説】
灌頂院(かんじょういん)は重要文化財です。灌頂院は安土桃山時代の1585年(天正13年)の伏見大地震によって損壊し、江戸時代前期の1629年(寛永6年)に江戸幕府3代将軍・徳川家光が改築しました。床は石畳になっており、土足厳禁です。灌頂院は本瓦葺の寄棟造(よせむねづくり)です。
(東寺-灌頂院・ポイント豆知識)
●灌頂院は桁行七間・梁間七間です。
●灌頂院は密教の奥義を弟子に伝える儀式・伝法灌頂(でんぼうかんじょう)などに使用しています。また弘法大師・空海が835年(承和2年)に宮中真言院で始め、真言宗最高の密教儀式・後七日御修法(ごしちにちみしほ)も行われます。なお灌頂院には仏像は安置されていません。
●例年4月21日に正御影供が行われ、法要後に屋形を設えた閼伽井(あかい)に3枚の絵馬が掲げられ、絵馬は馬の体躯によって経済の成長や農作物の豊凶を占います。閼伽井は七不思議に数えられています。
灌頂院見どころ(概略・・・)

【東寺-蓮花門・見どころ解説】★★修学旅行・観光必見
蓮花門(れんげもん)は見逃せない国宝です。蓮花門は三間一戸(さんげんいっこ)の八脚門(はっきゃくもん)です。蓮花門は山内最古の門で、宝蔵に次いで古いと言われています。蓮花門は鎌倉時代初期の1191年(建久2年)に上皇に仕える北面の武士だった文覚上人(もんがくしょうにん・遠藤盛遠(えんどうもりとお))が再建しました。蓮花門は本瓦葺の切妻造(きりづまづくり)です。蓮花門はその歴史に注目です。
(東寺-蓮花門・ポイント豆知識)
●蓮花門には弘法大師・空海が高野山に向かう際、大師堂(御影堂)の不動明王が蓮花門で見送ったという伝承が残っています。不動明王の足下や歩んできた跡に蓮花が咲いたとも言われ、蓮花門の名称の由来になっています。蓮花門はその伝承にも注目です。
蓮花門見どころ(概略・・・)

【東寺-慶賀門・見どころ解説】★修学旅行・観光必見
慶賀門(けいがもん)は重要文化財です。慶賀門は大宮通りに面し、現在参拝の入口になっていますが、正門は南大門です。慶賀門は三間一戸の八脚門です。慶賀門は鎌倉時代前期(1185年~1274年)に建立されました。慶賀門は本瓦葺の切妻造です。多くの観光客・参拝者が最初に注目すべき文化財です。

【東寺-北総門・見どころ解説】
北総門は重要文化財です。北総門は八条通に面し、いずれも塔頭(たちゅう)である観智院(かんちいん)・宝菩提院(ほうぼだいいん)に繋がっています。北総門は四脚門(しきゃくもん)です。北総門は鎌倉時代前期(1185年~1274年)に建立されました。北総門は本瓦葺の切妻造です。
(東寺-北総門・ポイント豆知識)
●北総門から北大門まで続く参道は櫛笥小路(くしげこうじ)と言われています。

【東寺-北大門・見どころ解説】
北大門は重要文化財です。北大門は三間一戸の八脚門です。北大門は江戸時代初期の1601年(慶長6年)頃に建立されました。北大門は本瓦葺の切妻造です。

【東寺-東大門・見どころ解説】
東大門は重要文化財です。東大門は三間一戸の八脚門です。東大門は鎌倉時代前期(1185年~1274年)に文覚上人(遠藤盛遠)が再建し、江戸時代初期の1605年(慶長10年)に豊臣秀頼が補修したと言われています。東大門は本瓦葺の切妻造です。
(東寺-東大門・ポイント豆知識)
●東大門は室町幕府初代将軍・足利尊氏が新田義貞(にったよしさだ)に攻められた際、門を閉めて難を逃れたことから不開門(あかずのもん)とも言われています。東大門は七不思議に数えられ、閉められた門に注目です。

【東寺-南大門・見どころ解説】★修学旅行・観光必見
南大門は重要文化財です。南大門は三間一戸の八脚門です。南大門は江戸時代初期の1601年(慶長6年)に三十三間堂の西大門として建立され、1868年(明治元年)に焼失した南大門に代わって移されてきました。南大門は本瓦葺の切妻造です。南大門はその移築の歴史に注目です。
(東寺-南大門・ポイント豆知識)
●南大門は幅約18メートル・高さ約13メートルで、山内最大の門です。南大門はその大きさにも注目です。
●南大門は1895年(明治28年)の京都国立博物館の建設の際に三十三間堂から移されました。

【東寺-灌頂院北門・灌頂院東門・見どころ解説】
灌頂院北門・灌頂院東門は重要文化財です。北門・東門は四脚門です。北門・東門は鎌倉時代前期(1185年~1274年)に建立されました。北門・東門は本瓦葺の切妻造です。

【東寺-食堂・見どころ解説】★修学旅行・観光必見
食堂(じきどう)は講堂の北側にあります。食堂には納経所があります。食堂は平安時代に建立されたが、桃屋化時代の1596年(文禄5年)の地震で倒壊し、江戸時代後期の1800年(寛政12年)から再建されました。その後1930年(昭和5年)に火災で焼失し、1934年(昭和9年)に再建されました。食堂はかつて本尊・千手観音(せんじゅかんのん)立像・四天王(してんのう)像を安置し、観音堂とも言われていたが、1930年(昭和5年)の火災で千手観音立像と四天王像も焼損しました。
(東寺-食堂・ポイント豆知識)
●食堂は彫刻家・明珍恒男(みょうちんつねお)作の本尊・十一面観音像(じゅういちめんかんのん)を安置しています。十一面観音像に注目です。
●食堂では毎月21日にお砂踏みが行われています。
●食堂は四国八十八ヶ所巡礼・洛陽三十三所観音霊場(パワースポット)などの納経所(御朱印所)になっています。また食堂では御朱印も授与しています。(要確認)
食堂見どころ(概略・・・)

【東寺-小子房・見どころ解説】
小子房(しょうしぼう)は灌頂院の北側にあります。小子房は天皇を迎える特別な場所とされ、勅使(ちょくし)の間・鷲(わし)の間などがあります。小子房は1934年(昭和9年)の弘法大師・空海の千百年御遠忌(ごおんき)に再建されました。小子房は総檜造(そうひのきづくり)です。
(東寺-小子房・ポイント豆知識)
●小子房は南北朝時代に光厳上皇(北朝初代・光厳天皇(こうごんてんのう))が御所としました。
小子房見どころ(概略・・・)

【東寺-瓢箪池・見どころ解説】★修学旅行・観光必見
瓢箪池(ひょうたんいけ)は五重塔の北にあります。瓢箪池は池を中心に池泉回遊式庭園になっています。瓢箪池には蓮が植えられ、例年初夏から見ごろを迎えまます。瓢箪池は安政年間(1855年~1860年)の大地震によって五重塔が傾いた際、池を掘って五重塔を安定させたとも言われています。瓢箪池は七不思議に数えられています。瓢箪池は初夏に注目です。また東寺は紅葉の名所とされ、ライトアップされた紅葉と五重塔、そして瓢箪池の構図が絶景と言われています。瓢箪池はインスタ映えスポットです。

●上記以外の東寺見どころは下記リンクから確認することができます。
東寺見どころ

【東寺見どころ 備考(参考リンク)】
*参考・・・東寺(アクセス・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る