銀閣・銀閣寺見どころ(銀箔なし・調査・・・)

銀閣寺

銀閣

銀閣(銀閣寺見どころ)を詳しく紹介します。銀閣は室町時代の1489年(長享3年)に建立され、その後江戸時代に数度改修されたと言われています。銀閣は2007年(平成19年)の奈良文化財研究所による科学的調査により、建立以来一度も外壁に銀箔が張られていなかったことが判明しました。

【銀閣 基礎知識】
銀閣寺(ぎんかくじ)・東山慈照寺(ひがしやまじしょうじ)は平安時代中期に智証大師(ちしょうだいし)・円珍(えんちん)が創建し、寛仁年間に天台座主第25世・明求が堂宇を再建したが、応仁の乱の兵火によって焼失した浄土寺があった場所です。1473年(文明5年)に室町幕府8代将軍・足利義政は長子・義尚に将軍職を譲り、浄土寺跡に東山山荘・東山殿の造営を始めました。東山殿の名称は後土御門天皇から賜りました。その後1490年(延徳2年)に義政が亡くなり、遺命によって東山殿が臨済宗相国寺派の禅寺・慈照院に改められました。慈照院の名前は義政の法号・慈照院殿喜山道慶に由来しています。
銀閣寺歴史
*参考・・・銀閣寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ銀閣寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

スポンサーリンク


【銀閣 概要】
銀閣(観音殿)は国宝で、池泉回遊式庭園の中心である錦鏡池(きんきょうち)の畔にあります。銀閣は木造二階建てで、二階は当初外面・内面も黒漆塗だったそうです。
(銀閣 概要・ポイント)
●一階は観音菩薩坐像、二階は観音菩薩坐像(洞中観音)を安置しています。

【銀閣 歴史】
銀閣は1489年(長享3年)に建立され、江戸時代に数度改修されたと言われています。銀閣の屋根には18世紀後半頃までは鳳凰(ほうおう)ではなく、宝珠(ほうじゅ)が置かれていたそうです。なお宝珠は災難を除くとされているそうです。
(銀閣 歴史・ポイント)
●2008年(平成20年)2月から2010年(平成22年)3月までの期間、大正時代以来の大規模な修復作業が行われました。

【銀閣 構造】
銀閣は木造二階建ての楼閣建築で、一階が住宅風様式、二階が禅宗様式(唐様)です。一階は東西8.2メートル・北7.0メートル・南5.9メートルです。南が北よりも短くなっています。銀閣の屋根は柿葺の宝形造です。なお銀閣は銀閣寺と同じく世界遺産である金閣寺の金閣の二階・三階や苔寺(西芳寺)の瑠璃殿を参考にして建立されたとも言われています。ちなみに銀閣寺の庭園も足利義政が女人禁制の苔寺の庭園を母に見せる為に模したとも言われています。
(銀閣 構造・ポイント)
●一階が心空殿(しんくうでん)、二階が潮音閣(ちょうおんかく)と言われています。

【銀閣 銀箔】
銀閣は2007年(平成19年)に銀閣寺が奈良文化財研究所に依頼した科学的調査により、建立以来一度も外壁に銀箔が張られていなかったことが判明しました。調査では風雨に晒されにくく、これまで修理されなかった部分から分析試料を取り出し、エックス線分析などの科学的調査を行ったが、銀の成分は全く検出されなかったそうです。
(銀閣 銀箔・ポイント)
●銀は金に次いで延性に富み、1グラムの銀は約2,200メートルの線に伸ばすことができるそうです。

【銀閣 名称】
銀閣が金閣に対し、銀閣と言われるようになったのは江戸時代以降のことで、1658年(万治元年)山本泰順(やまもとたいじゅん)が記した「洛陽名所集(らくようめいしょしゅう)」に銀閣寺の名称が記されているそうです。なお銀閣と言われるようになった理由は当初銀箔を貼る予定だったが、財政事情や足利義政の死によってできなかったとも、外壁の黒漆が日光によって銀色に輝いて見えたからとも言われています。
(銀閣 名称・ポイント)
●銀閣は2008年(平成20年)から2010年(平成22年)まで大規模な修復作業が行われ、二階の内部に黒漆の塗ったり、屋根を葺き替えたりしたが、外壁の黒漆塗り替えは銀閣寺の意向によって行わなかったそうです。ちなみに修復作業には約1億4,000万円掛かったそうです。

【銀閣 備考】
銀閣寺基本情報銀閣寺見どころ銀閣寺見所ランキング

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮火焚祭
  2. 聖徳太子御火焚祭
  3. 白峯神宮御火焚祭
  4. 弘法市
  5. 天神市

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る