御香宮神社の見どころ解説-修学旅行・観光の簡単まとめ

御香宮神社見どころ

御香宮神社の見どころ解説

御香宮神社の見どころを簡単にまとめてポイント解説します。見どころには神功皇后などを祀る最大のハイライトである本殿(重文)・貴重な表門(重文)・拝殿・石鳥居・美しい庭園・御香水・御香宮神幸祭などがあります。なお御香宮神社の見どころ解説では修学旅行・観光を満喫できるように文化財(国宝・重要文化財・名勝・史跡)を中心に解説しています。(個別解説下記参照)

御香宮神社歴史

【本殿の徹底解説-御香宮神社】★修学旅行・観光

御香宮神社で絶対に見逃せない、必ず見るべき存在が本殿です。本殿は豪壮で、華麗な桃山時代の特徴を持つ御香宮神社の最大のハイライト・目玉です。御香宮神社を訪れた際には最初に参拝しましょう。

  • 概要・・・本殿(重要文化財)は主祭神に神功皇后(じんぐうこうごう)、相殿神に第14代・仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)、第15代・応神天皇(おうじんてんのう)、第16代・仁徳天皇(にんとくてんのう)、高良大明神(こうらだいみょうじん)、宇倍大明神(うべだいみょうじん)、瀧祭神(たきまつりのかみ)、河上大明神(かわかみだいみょうじん)、菟道稚郎子尊(うじのわきのいらつこのみこと)、白菊大明神(しらぎくだいみょうじん)を祀っています。なお本殿には徳川家を表す三つ葉葵(みつばあおい)の紋や皇室を表す菊の紋などがあります。
  • 歴史・・・本殿は1605年(慶長10年)に江戸幕府初代将軍・徳川家康の命により、京都所司代・板倉勝重(いたくらかつしげ)が普請奉行(ふしんぶぎょう)として再建しました。1990年(平成2年)に麒麟(きりん)・鶏(にわとり)などの極彩色の彫刻が復元されました。ちなみに本殿は桃山時代に関白・豊臣秀吉が伏見城を築城した際に伏見城内に遷され、鬼門の守護神になりました。
  • 様式・・・本殿は五間社(ごけんしゃ)流造(ながれづくり)で、屋根が檜皮葺(ひわだぶき)です。本殿は向拝(こうはい)三間です。
スポンサーリンク

【表門の徹底解説-御香宮神社】★修学旅行・観光

御香宮神社で見逃せない、見るべき存在が表門です。表門は伏見城の大手門を前身とする御香宮神社のハイライトです。表門は彫刻が施されている蟇股に注目です。

  • 概要・・・表門(重要文化財)は蟇股(かえるまた)に楊香(ようこう)・敦巨(かっきょ)・唐夫人(とうふじん)・孟宗(もうそう)などの中国二十四孝の彫刻があります。表門には瓦に三つ葉葵の紋があります。
  • 歴史・・・表門は1622年(元和8年)に水戸黄門(みとこうもん)とも言われる徳川光圀(とくがわみつくに)の父で、水戸徳川家初代・徳川頼房(とくがわよりふさ)の寄進により、伏見城の大手門を移築して建立されました。
  • 様式・・・表門は薬医門(やくいもん)です。表門は屋根が切妻造(きりづまづくり)の本瓦葺(ほんがわらぶき)です。

【拝殿の簡単解説-御香宮神社】★修学旅行・観光

御香宮神社で見逃せないのが拝殿です。拝殿は豪壮で、華麗な建物になっています。

  • 概要・・・拝殿(京都府指定有形文化財)は中国の登龍門(とうりゅうもん)の故事に基き、唐破風(からはふ)に極彩色の彫刻があります。
  • 歴史・・・拝殿は1625年(寛永2年)に紀州徳川家初代・徳川頼宣(とくがわよりのぶ)の寄進によって建立されました。拝殿は伏見城の車寄だったとも言われています。1997年(平成9年)に半解体・修理が行われ、極彩色に復元されました。
  • 様式・・・拝殿は中央が通り抜け可能な割拝殿(わりはいでん)構造です。拝殿は屋根が入母屋造(いりもやづくり)の本瓦葺です。

【金熨斗付太刀の簡単解説-御香宮神社】

  • 概要・・・金熨斗付太刀(重要文化財)は長さ約69.7センチ(二尺三寸)です。金熨斗付太刀は関白・豊臣秀吉が願文を添えて奉納したとも言われています。なお金熨斗付太刀は東京国立博物館に委託されています。
  • 歴史・・・金熨斗付太刀は備前長光(びぜんながみつ)が造刀したと言われています。

【御香水の徹底解説-御香宮神社】★修学旅行・観光

御香宮神社で見逃せないのが御香水です。御香水は御香宮神社の社名の由来になっています。御香水は由緒に注目です。

  • 概要・・・御香水は名水百選に数えられます。御香水(石井)は白菊井・常盤井・春日井・竹中清水・田中清水・苔清水とともに伏見七名水に数えられたが、明治時代に枯れました。その後1982年(昭和57年)に復元されました。
  • 歴史・・・御香水は862年(貞観4年)に境内から突然に湧き出たと言われています。御香水は徳川家康の九男・徳川義直(とくがわよしなお)、紀州徳川家初代・徳川頼宣、水戸徳川家初代・徳川頼房の産湯に使われたと言われています。

【庭園の簡単解説-御香宮神社】★修学旅行・観光

御香宮神社で見逃せない、見るべき存在が庭園です。庭園は小堀遠州が作庭した石庭を起源とする御香宮神社のハイライトです。

  • 概要・・・庭園・遠州ゆかりの石庭は枯山水式庭園です。庭園では手水鉢(ちょうずばち)に「文明九年(1477年)」の銘があります。また庭石には1868年(明治元年)の鳥羽・伏見の戦いによって焼かれた痕跡がある石もあるそうです。
  • 歴史・・・庭園は1957年(昭和32年)に造園家・中根金作(なかねきんさく)が復元しました。ちなみに庭園は1623年(元和9年)に伏見奉行に任じられた小堀遠州(こぼりえんしゅう)が伏見奉行所内に作庭したが、明治時代以降に陸軍工兵隊・米軍キャンプ場を経て、1957年(昭和32年)に市営住宅地になった際に御香宮神社に移されました。
  • ところがらの藤・・・庭園には後水尾上皇(第108代・後水尾天皇(ごみずのおてんぬ))が命名した「ところがらの藤」も植えられていました。

【若宮八幡社などの摂社末社の簡単解説-御香宮神社】

  • 概要・・・境内には若宮八幡社・恵比須社・八坂社・住吉社・豊国社・大神宮・春日社・天満社・新宮社・熊野社・那智社・金札社・稲荷社・弁天社・松尾社・東照宮などの摂社・末社があります。
  • 東照宮・・・東照宮は祭神として徳川家康を祀っています。

【鳥居の簡単解説-御香宮神社】

  • 概要・・・鳥居は江戸時代中期に紀州藩第7代藩主・徳川宗将(とくがわむねのぶ)が建立しました。ちなみに鳥居は紀州徳川家の祖・徳川頼宣が熊野石で建立したが、地震によって倒壊したことから木鳥居に代えられ、その後大手筋に移されました。

【千姫ゆかりの千姫神輿の簡単解説-御香宮神社】

  • 概要・・・千姫神輿は日本一重い神輿とも言われています。千姫神輿は秋の御香宮神幸祭(ごこうしんこうさい)の際に特別公開されます。
  • 歴史・・・千姫神輿は江戸幕府2代将軍・徳川秀忠(とくがわひでただ)の娘で、徳川家康の孫娘、そして豊臣秀頼(とよとみひでより)の正室・千姫(せんひめ)の初延祝いに奉納されたと言われています。

【算額(数学の問題・解法)の簡単解説-御香宮神社】

  • 概要・・・算額は絵馬堂に2つあります。算額は数学の問題・解法を描いたものです。
  • 歴史・・・算額は1つが1863年(文久3年)に西岡天極斎、もう1つが1683年(天和3年)に山本宗信が奉納したものです。なお山本宗信が奉納した算額の解答は八坂神社(やさかじんじゃ)にあるそうです。

【樹木の簡単解説-御香宮神社】

  • 概要・・・御香宮神社には小堀遠州(こぼりえんしゅう)が「これほど見事な椿はおそらくほかにはない」と讃えた「おそらく椿」、後水尾上皇が命名した「ところがらの藤」、京都市指定天然記念物である蘇鉄(そてつ)などの樹木があります。なお「おそらく椿」は関白・豊臣秀吉が伏見城を築城した際、各地から集められたもので、樹齢400年以上と言われています。

【御香宮神幸祭の簡単解説-御香宮神社】★修学旅行・観光

  • 概要・・・御香宮神幸祭は例年10月に行われています。神幸祭では初日と最終日の前日に花傘総参宮が行われ、最終日に3基の神輿などが氏子地区を巡行します。なお神幸祭はかつて伏見祭とも言われ、洛南随一の大祭と称されました。

御香宮神社御香宮神幸祭

【御香宮神社見どころ 備考(参考リンク・・・)】
*参考・・・御香宮神社(見どころ・アクセス・・・)ホームページ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る