宗像神社

神賑わいの祭

宗像神社(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)宗像神社の境内社には繁命婦稲荷神を祀る栄稲荷社・櫛稲田姫神を祀る少将井社・倉稲魂神を祀る花山稲荷社・大物主神と崇徳天皇を祀る金刀比羅宮・猿田彦大神を祀る京都観光神社があります。なお京都観光神社は観光業者の発案です。

【宗像神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市上京区京都御苑内9
最寄り駅・バス停・・・丸太町駅(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から宗像神社は地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

【宗像神社 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【宗像神社 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【宗像神社 歴史・簡単概要】
宗像神社(むなかたじんじゃ)は社伝によると795年(延暦14年)公卿・藤原冬嗣(ふじわらのふゆつぐ)が桓武天皇の勅命により、皇居鎮護の神として筑前宗像神を勧請し、冬嗣邸・小一条院(東京一条第・東京第)に祀ったのが起源と言われています。応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失したが、その後再建されました。安政年間に現在の社殿が造営されたが、1869年(明治2年)には東京遷都により、社殿のみが残されました。なお宗像神社は宗像三女神である多紀理比売命(たごりひめのみこと)・多岐都比売命(たぎつひめのみこと)・市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)を主祭神に祀り、倉稲魂神(うがのみたまのかみ)・天岩戸開神(あめのいわとあけのかみ)を配祀しています。
*参考・・・宗像神社宗像神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【宗像神社 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
宗像神社の見どころは樹齢600年と言われているクスノキの大木です。クスノキは京都御苑内でもっとも古いと言われています。

【宗像神社 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-231-6080

【宗像神社 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
*市バスの場合、四条河原町からは10系統、31系統、最寄りのバス停は烏丸丸太町(徒歩約5分)
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【宗像神社 おすすめ散策ルート】
宗像神社からのおすすめ散策ルートは南西にある二条城に向かうルートです。20分ほど散策すれば、世界遺産である二条城に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお宗像神社近くには白雲神社・厳島神社・京都御苑・京都御所・仙洞御所があり、それらを散策してから二条城に向かうのもいいかもしれません。ただ京都御所・仙洞御所の拝観には事前の申込みが必要です。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 下鴨神社流しびな

    2019年3月のイベント

    京都市内などで2019年3月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 仁和寺御室桜

    京都桜見ごろ2019

    京都桜見ごろ2019(桜時期2019)情報を紹介しています。桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃に…
  3. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 北野天満宮梅苑
    北野天満宮梅苑公開は京都の初春の風物詩です。梅苑公開は毎年梅が見ごろを迎える2月上旬頃から3月下旬頃…
  2. 城南宮枝垂梅
    城南宮枝垂梅と椿まつりは京都の春の風物詩です。枝垂梅と椿まつりは毎年2月・3月に行われています。枝垂…
  3. 東山花灯路
    東山花灯路2019は京都の春の風物詩です。東山花灯路は毎年3月に行われています。東山花灯路では北側の…
  4. 青龍会
    清水寺青龍会は京都の春の風物詩です。青龍会は毎年3月14日・3月15日に行われています。青龍会では転…
  5. 東寺夜桜ライトアップ
    東寺ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。東寺ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る