南禅院紅葉見ごろ・時期

南禅院紅葉見ごろ

南禅院紅葉見ごろ

南禅院紅葉見ごろ(ライトアップ・イベント・・・)情報を紹介しています。南禅院は境内に奈良・竜田(たつた)から移植されたとも言われるカエデなどが植えられ、紅葉と池泉回遊式庭園(国の史跡・名勝)などの光景が素晴らしいと言われています。ちなみに南禅院は観光客にはあまり知られていない紅葉の穴場とも言われています。(詳細下記参照)

【南禅院紅葉見ごろ時期 2019年(要確認)】
南禅院紅葉は例年11月中旬頃から下旬頃に見ごろを迎えます。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年の紅葉見ごろ情報は9月上旬頃から情報発信します。
京都紅葉見ごろ2019京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【南禅院紅葉・南禅院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区南禅寺福地町86
最寄り駅・バス停・・・南禅寺・永観堂道(徒歩約10分)、東天王町(徒歩約15分)、宮ノ前町(徒歩約15分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から南禅院は5系統(A1乗り場)
*四条河原町からは5系統
*四条烏丸からは5系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は蹴上駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク


【南禅院紅葉見ごろ時期・見どころ】
南禅院は紅葉の名所です。紅葉は例年11月中旬頃から下旬頃に見ごろを迎えます。南禅院は境内に奈良・竜田(たつた)から移植されたとも言われるカエデなどが植えられ、紅葉と池泉回遊式庭園(国の史跡・名勝)などの光景が素晴らしいと言われています。ちなみに南禅院は観光客にはあまり知られていない紅葉の穴場とも言われています。
池泉回遊式庭園は鎌倉時代末期に亀山上皇(第90代・亀山天皇)が作庭したとも、夢窓国師(むそうこくし)・夢窓疎石(むそうそせき)が完成させたとも言われています。また池泉回遊式庭園は法皇遺愛とも言われ、いずれも世界遺産である天龍寺(てんりゅうじ)・苔寺(こけでら)の庭園とともに京都の三名勝史跡庭園の一つに指定されています。なお池泉回遊式庭園は作庭時に奈良・竜田からカエデ、奈良・吉野から桜、大阪・難波から葦が移植され、京都・井手(いで)の蛙を放ったとも言われています。
方丈は1703年(元禄16年)に江戸幕府第5代将軍・徳川綱吉の生母・桂昌院の寄進によって再建されました。方丈の内部には狩野養朴(狩野常信)とその子・如川隋川(狩野周信)の筆による襖絵があります。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

【南禅院 歴史・簡単概要】
南禅院(なんぜんいん)は鎌倉時代に亀山上皇(第90代・亀山天皇)が母・大宮院の為に造営した離宮・禅林寺殿(ぜんりんじどの)の上の御所(上の宮)があった場所です。ちなみに禅林寺殿は上の御所と下の御所(下の宮)に分かれていました。南禅院は1287年(弘安10年)に上の御所に持仏堂が建立され、1289年(正応2年)に亀山上皇が出家して法皇になり、東福寺第3世住持であった大明国師(だいみょうこくし)・無関普門(むかんふもん)を開山として南禅院と号したのが起源と言われています。1291年(正応4年)に亀山法皇が大明国師・無関普門を開山として離宮・禅林寺殿を寺院に改め、龍安山禅林禅寺と名付けられた南禅寺(なんぜんじ)が創建されたことから南禅院は南禅寺発祥の地と言われています。その後度々火災に見舞われたり、応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火後に荒廃したりしたが、1703年(元禄16年)に江戸幕府第5代将軍・徳川綱吉の生母・桂昌院の寄進によって方丈が再建されました。
南禅院は臨済宗南禅寺派大本山南禅寺の別院です。
*参考・・・南禅院(アクセス・歴史・・・)ホームページ南禅院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【南禅院紅葉見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
南禅院(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る