泰産寺(アクセス・見どころ・歴史・・・)・清水寺

子安塔

泰産寺

泰産寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)泰産寺が守護している高さ約15メートルの三重塔である子安塔(重要文化財)はかつては清水寺・仁王門(重要文化財)の左手前に建立されていたが、明治時代に崖・錦雲渓(きんうんけい)を隔てた現在の場所に移されました。なお子安塔は1500年(明応9年)に再建されました。

【泰産寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区清水1-294
最寄り駅・バス停・・・清水道(徒歩約20分)、五条坂(徒歩約20分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から泰産寺は100系統(D1乗り場)清・五、206系統(D2乗り場)清・五
*四条河原町・四条烏丸・四条堀川・四条大宮からは207系統清・五
*河原町丸太町・烏丸丸太町・堀川丸太町からは202系統清・五
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は清水五条駅(徒歩約22分)・祇園四条駅(徒歩約25分)

【泰産寺 拝観時間・時間(要確認)】
6:00~18:00

【泰産寺 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
無料

スポンサーリンク


【泰産寺 歴史・簡単概要】
泰産寺(たいさんじ)は清水寺・子安塔(こやすのとう・子安の塔)を守護する清水寺の塔頭(たっちゅう)です。塔頭は祖師や高僧の死後、その弟子が祖師・高僧を慕って寄り沿うように創建した小さな寺院です。泰産寺は子安塔の麓に創建されています。子安塔は寺伝によると730年(天平2年)に第45代・聖武天皇の后・光明皇后が清水寺の仁王門前に建立し、聖武天皇・光明皇后の祈願所だったと言われています。光明皇后は第46代・孝謙天皇(第48代・孝謙天皇)を産んだ際、天照大神(あまてらすおおみかみ)から賜った子安観音を子安塔に安置したとも言われています。子安塔は子安観音(千手観音)を祀り、安産にご利益があるとも言われています。ちなみに泰産寺の「泰産」は「安産」を意味するそうです。なお泰産寺は十一面千手千眼観音菩薩・地蔵菩薩・毘沙門天・風神・雷神が祀り、洛陽三十三所観音巡礼第十四番札所です。
泰産寺は北法相宗本山・清水寺の塔頭です。
*参考・・・泰産寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【泰産寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
泰産寺の見どころは守護している檜皮葺の子安塔です。妊娠されている女性は安産を祈願するのもいいかもしれません。ただ足元には注意して下さい。

【泰産寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-561-5783(清水寺)

【泰産寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
清水寺(アクセス・見どころ・・・)情報
清水寺見どころ
産寧坂(三年坂)は清水寺・子安観音に「お産が寧かでありますように」と祈願する為に登ったことから「産寧坂」と言われるようになったとも言われています。
清水寺(アクセス・見どころ・・・)情報

【泰産寺 おすすめ散策ルート】
泰産寺からのおすすめ散策ルートは清水寺・産寧坂(三年坂)・二寧坂(二年坂)・ねねの道(ねねの小径)を経由し、八坂神社に向かうルートです。30分ほど散策すれば、八坂神社に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なおルートの周辺には八坂の塔(法観寺)・坂本龍馬の墓(京都霊山護国神社)・高台寺があり、それらを散策しながら八坂神社に向かうのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 京都霊山護国神社
  2. 伴緒社祭
  3. 身代不動尊採燈大護摩供
  4. 恵美須神社火焚祭
  5. 城南宮火焚祭

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る