慈照院(アクセス・見どころ・歴史・・・)・相国寺

慈照院

慈照院

慈照院(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)慈照院の茶室・頤神室(いしんしつ)は茶人・千宗旦と昕叔顕啅(きんしゅくけんたく)の合作で、「宗旦好みの席」と言われています。頤神室の床には境内の薮に住み、宗旦に化けて見事な点前を披露した「宗旦狐」の掛軸が掛けられています。

【慈照院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市上京区今出川烏丸東入相国寺門前町703
最寄り駅・バス停・・・鞍馬口駅(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から慈照院は地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

【慈照院 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開

【慈照院 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
通常非公開

スポンサーリンク


【慈照院 歴史・簡単概要】
慈照院(じしょういん)は1405年(応永12年)頃に相国寺13世・在中中淹(ざいちゅうちゅうえん)が創建し、大徳院(だいとくいん)と称したのが起源とも言われています。その後1490年(延徳2年)に銀閣寺(ぎんかくじ・慈照寺(じしょうじ))の銀閣を造営した室町幕府8代将軍・足利義政(あしかがよしまさ)の塔所影堂になり、義政の法号「慈照院殿准三宮贈大相国一品喜山道慶大禅定門」から慈照院に改められ、菩提所になりました。1629年(寛永6年)に第7世・仏性本源国師(ぶっしょう ほんげんこくし・きん叔顕たく(きんしゅくけんたく))が桂宮(八条宮)初代・智仁親王(としひとしんのう)と2代・智忠親王(としただしんのう)と親交が深かったことから桂宮が境内に御学問所を建て、その後下賜され、現在書院・棲碧軒(せいへきけん)になっています。
慈照院は臨済宗相国寺派・相国寺の塔頭です。
*参考・・・慈照院(アクセス・歴史・・・)

【慈照院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
慈照院の見どころは桂宮の御学問所だった書院・棲碧軒(せいへきけん)と茶室・頤神室です。

重要文化財・・・灰釉四足壷、二十八部衆像、達磨像、慈照院殿諒闇總簿

【慈照院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-441-6060

【慈照院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
市バスの場合、四条河原町・河原町丸太町からは37系統、最寄りのバス停は出雲路俵町(徒歩約7分)
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」
相国寺(アクセス・見どころ・・・)情報
相国寺見どころ

【慈照院 おすすめ散策ルート】
慈照院からのおすすめ散策ルートは北東にある加茂川(鴨川)を渡り、下鴨神社(賀茂御祖神社)を経由し、上賀茂神社(賀茂別雷神社)に向かうルートです。1時間ほど散策すれば、いずれも世界遺産である下鴨神社・上賀茂神社を回ることができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお上賀茂神社までは結構距離がある為、下鴨神社周辺の糺の森・加茂川・高野川を散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 聖徳太子御火焚祭
  2. 白峯神宮御火焚祭
  3. 御茶壺奉献祭・口切式
  4. 天神市
  5. 了徳寺大根焚・報恩講

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る