六孫王神社桜見ごろ(4月上旬頃~中旬頃)・桜名所

六孫王神社桜見ごろ

六孫王神社桜見ごろ

六孫王神社桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。六孫王神社は境内に黄緑色の桜が咲く鬱金桜(うこんさくら)・染井吉野・枝垂桜などの桜の木が植えられ、桜と社殿、そして神龍池(りゅうじんいけ)に架けられ、恋の架け橋とも言われる太鼓橋などの光景がすばらしいと言われています。(詳細下記参照)

【六孫王神社桜見ごろ時期 2020年(要確認)】
六孫王神社桜は例年4月上旬頃から中旬頃に見ごろを迎えます。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。●2020年の桜見ごろ予想は2020年1月頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2020京都桜ライトアップ2020京都桜見ごろ・イベント京都桜名所

【六孫王神社桜・六孫王神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市南区壬生通八条角
最寄り駅・バス停・・・六孫王神社前(徒歩約2分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは16系統(C4乗り場)
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JRの場合、最寄り駅は京都駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク


【六孫王神社桜見ごろ時期・見どころ】
六孫王神社は桜の名所です。桜は例年4月上旬頃から中旬頃に見ごろを迎えます。六孫王神社は境内に黄緑色の桜が咲く鬱金桜(うこんさくら)・染井吉野・枝垂桜などの桜の木が植えられ、桜と社殿、そして神龍池(りゅうじんいけ)に架けられ、恋の架け橋とも言われる太鼓橋などの光景がすばらしいと言われています。ちなみに六孫王神社は観光客にはあまり知られていない、桜の穴場とも言われています。
神龍池には神のお使いである鯉が泳ぎ、太鼓橋はいつしか鯉(恋)の架け橋とも言われるようになりました。ちなみに太鼓橋は良縁成就を願いながら渡ると願いが叶うとも言われています。なお六孫王神社の祭神・源経基(六孫王大神)は恋の歌の名手とも言われ、「拾遺和歌集(平安時代中期の第3勅撰和歌集)」の中で、和歌「哀れとも 君だに言はば 恋ひわびて 死なむ命も 惜しからなくに」・「雲井なる 人をはるかに 思ふには わが心さへ 空にこそなれ」を詠んでいます。
本殿・拝殿などの社殿は1700年(元禄13年)に江戸幕府が再建を開始し、宝永年間(1704年~1711年)に完成しました。その為例祭は宝永祭とも言われています。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【六孫王神社 歴史・簡単概要】
六孫王神社(ろくそんのおうじんじゃ)・六孫さんは社伝によると第56代・清和天皇の第6皇子・貞純親王(さだずみしんのう)の子で、「六孫王」とも言われた源経基(みなもとのつねもと・経基王)の邸宅・八条亭があった場所です。六孫王神社は963年(応和3年)に経基の嫡子・源満仲(みなもとのみつなか)が経基の墓所を建立し、その前に社殿を造営したのが起源と言われています。経基は「霊魂滅するとも龍(神)となり西八条の池に住みて子孫の繁栄を祈るゆえにこの地に葬れ」と遺言したと言われています。鎌倉時代に鎌倉幕府3代将軍・源実朝(みなもとのさねとも)の正室・本覚尼(坊門信子・ぼうもんのぶこ)が大通寺(遍照心院)を創建し、その鎮守社になったが、その後の兵火などによって社殿を失って墓所だけが残されたと言われています。その後1700年(元禄13年)に江戸幕府が現在の本殿・拝殿などを再建し、翌1701年(元禄14年)には正一位の神階と権現号を賜りました。明治維新後の神仏分離により、大通寺と分離し、1911年(明治44年)には大通寺が鉄道用地になったことから大通寺が移りました。なお六孫王神社は六孫王大神(ろくそんのおうおおかみ)・天照皇大御神(あまてらすすめおおみかみ)・八幡大神(はちまんおおかみ)を祀っています。
*参考・・・六孫王神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ六孫王神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【六孫王神社桜見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
六孫王神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る