嵐山紅葉見ごろ(11月中旬~下旬頃)・紅葉名所

嵐山紅葉

嵐山紅葉見ごろ(紅葉見頃)

嵐山紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。嵐山は楓などが植えられ、紅葉と渡月橋(とげつきょう)・大堰川(おおいがわ)との光景が素晴らしいと言われています。嵐山では例年紅葉が見ごろを迎える直前の11月の第2日曜日に嵐山もみじ祭が行われます。また例年12月には嵐山・嵯峨野一帯で嵐山花灯路も行われます。(詳細下記参照)

【嵐山紅葉見ごろ時期・見ごろ予想】
嵐山の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年10月24日、ウェザーニュースは近畿の紅葉の見ごろを山がやや遅め、平野部が平年並と予想しました。京都の紅葉見ごろは嵐山が11月23日頃、大原三千院が11月15日頃、比叡山延暦寺が11月9日頃になるそうです。
京都紅葉見ごろ2019京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【嵐山紅葉見ごろ アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市右京区
最寄り駅・バス停・・・嵐山(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは28系統(D3乗り場)
*四条河原町からは11系統
*四条烏丸からは11系統
*河原町丸太町からは93系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*嵐電(京福電鉄)嵐山線の場合、最寄り駅は嵐山駅(徒歩すぐ)
*JR嵯峨野線の場合、最寄り駅は嵯峨嵐山駅(徒歩約10分)
*阪急電鉄嵐山線の場合、最寄り駅は嵐山駅(徒歩約5分)

スポンサーリンク


【嵐山紅葉見ごろ時期・見どころ】
嵐山は京都府内で3か所、大原(洛北)・保津峡(亀岡市)とともに「日本の紅葉の名所100選」に選ばれた京都を代表する紅葉の名所です。嵐山の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。嵐山は楓(カエデ)などが植えられ、紅葉と渡月橋・大堰川(桂川・保津川)との光景が素晴らしいと言われています。嵐山では例年紅葉が見ごろを迎える直前の11月の第2日曜日に嵐山もみじ祭が行われます。また例年紅葉が見ごろを過ぎた12月には嵐山・嵯峨野一帯で嵐山花灯路も行われ、嵐山の山裾や渡月橋周辺がライトアップされます。
嵐山は平安時代中期には紅葉の名所とされ、999年(長保元年)には御堂関白とも言われた太政大臣・藤原道長(ふじわらのみちなが)が嵐山の紅葉をめでたと言われています。
桂川は京都市左京区広河原と南丹市美山町佐々里の境に位置する佐々里峠を源とし、上桂川・桂川・大堰川・保津川と名称を変え、嵐山から桂川となり、鴨川・木津川・宇治川と合流して淀川となって大阪湾に注ぎます。
渡月橋は承和年間(834年~848年)に弘法大師・空海の高弟・道昌が桂川に架けた橋が起源と言われています。渡月橋の名称は鎌倉時代に亀山上皇(第90代・亀山天皇)が橋の上の月を眺め、「くまなき月の渡るに似る」と感想を述べたことに由来しています。
嵐山もみじ祭は1947年(昭和22年)から行われています。嵐山もみじ祭では百人一首に詠まれている嵐山小倉山の紅葉の美しさを讃え、紅葉に感謝するとともに嵐山の文化などを船上で紹介する為、嵐山・嵯峨周辺の寺社などの支援によって行われています。
花灯路は京都の夜の風物詩を新たに創り出す為、2003年(平成15年)3月から東山エリアで始まりました。その後2005年(平成17年)12月からは嵐山・嵯峨エリアでも始まりました。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5~6度になると一気に進むと言われています。なお紅葉は緑色の色素が分解され、赤色の色素が生成されることで起こります。黄葉は緑色の色素が分解され、黄色の色素だけが残ることで起こります。

嵐山もみじ祭・嵐山紅葉
嵐山花灯路・嵐山紅葉

【嵐山 歴史・簡単概要】
嵐山(あらしやま)は淀川水系の一級河川・桂川に掛かる渡月橋(とげつきょう)の西、京都府京都市西京区にある標高約382メートルの山です。嵐山は国の史跡・国の名勝に指定されています。また「日本さくら名所100選」・「日本の紅葉の名所100選」に選ばれた桜の名所・紅葉の名所です。ちなみに桜は鎌倉時代に後嵯峨上皇(第88代・後嵯峨天皇)・亀山上皇(第90代・亀山天皇)が「日本さくら名所100選」に選ばれている奈良吉野山から山桜を移植したと言われています。吉野山の下千本には嵐山と言われる山があり、京都嵐山の名称は奈良嵐山に因んで名付けられてとも言われています。嵐山は平安時代に貴族の別荘地で、古くから歌枕として多くの和歌などに詠まれる景勝地でした。嵐山周辺には江戸時代前期に松尾芭蕉が「花の山 二丁上れば 大悲閣」と詠んだ大悲閣千光寺(だいひかくせんこうじ)・世界遺産である天龍寺などの多くの寺院・神社が創建されています。なお現在一般的に嵐山と言う場合、山自体ではなく、桂川の右岸・嵐山(西京区)と桂川の左岸・嵯峨野(右京区)を含めたエリア(嵐山・嵯峨野地域)を指し、京都を代表する観光地になっています。
*参考・・・嵐山(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【嵐山紅葉見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
嵐山(アクセス・見どころ・・・)情報
嵐山見どころ

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. うるし祭
  2. 京都霊山護国神社
  3. 伴緒社祭
  4. 恵美須神社火焚祭
  5. 城南宮火焚祭

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る