雨宝院桜見ごろ

雨宝院桜見ごろ

雨宝院桜(見ごろ・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。雨宝院は境内に珍しい薄緑色の花を咲かせる御衣黄(ぎょいこう)・遅咲きの歓喜桜(八重桜)・観音桜・松月桜・枝垂桜、紅枝垂桜などの桜の木が植えられ、桜と境内の本堂・観音堂・山門・時雨の松などの光景が素晴らしいと言われています。(詳細下記参照)

【雨宝院桜見ごろ 2019年(要確認)】
雨宝院桜は例年4月中旬頃から下旬頃に見ごろを迎えます。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。●2019年3月7日、ウェザーマップは京都二条城で3月23日に開花し、4月2日に満開になり、見ごろは3月31日~4月7日になると予想しました。2019年3月7日、日本気象協会は京都市で3月21日に開花すると予想しました。2019年3月5日、ウェザーニュースは京都嵐山で3月24日に開花すると予想しました。
京都桜見ごろ2019京都桜ライトアップ2019京都桜名所

【雨宝院桜・雨宝院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市上京区智恵光院通上立売上る聖天町9-3
最寄り駅・バス停・・・今出川大宮(徒歩約7分)、今出川浄福寺(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から雨宝院は101系統(B2乗り場)大 
*四条河原町からは51系統大、59系統大浄、201系統浄、203系統浄
*四条烏丸からは51系統大、101系統大、201系統大浄、203系統浄
*河原町丸太町からは59系統大浄
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*地下鉄烏丸線の場合、最寄り駅は今出川駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク


【雨宝院桜見ごろ・見どころ】
雨宝院は桜の名所です。桜は例年4月中旬頃から下旬頃に見ごろを迎えます。雨宝院は境内に珍しい薄緑色の花を咲かせる御衣黄(ぎょいこう)・遅咲きの歓喜桜(八重桜)・観音桜・松月桜・枝垂桜、紅枝垂桜などの桜の木が植えられ、桜と境内の本堂・観音堂・山門・時雨の松などの光景が素晴らしいと言われています。ちなみに雨宝院は観光客にはあまり知られていない、桜の穴場とも言われています。
歓喜桜は本堂前に植えられ、世界遺産である仁和寺の御室有明(おむろありあけ・御室桜)と同種とも言われています。ちなみに御室桜は国の名勝で、日本さくら名所100選に選定されています。なお歓喜桜の名称は秘仏で、本尊である大聖歓喜天尊に由来しています。大聖歓喜天尊は略して「聖天さん」とも呼ばれています。
本堂は本尊・大聖歓喜天尊、観音堂は平安時代初期に造仏された千手観音立像(重要文化財)を安置しています。
時雨の松は伏見宮邦家親王(ふしみのみや くにいえしんのう)の第4王子・久邇宮朝彦親王(くにのみやあさひこしんのう)がにわか雨をしのがれたと言われています。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【雨宝院 歴史・簡単概要】
雨宝院(うほういん)・西陣聖天(にしじんしょうてん)・西陣の聖天さんは821年(弘仁12年)に真言宗の開祖である弘法大師・空海が第52代・嵯峨天皇の御悩(おのう・病気)平癒の為、玉体に等身の歓喜天(象頭人身の大聖歓喜天)を一刀三礼して刻んで祈願したのが起源と言われています。雨宝院は当初千本五辻に創建されて大聖歓喜寺(だいしょうかんきじ)と号し、東寺真言宗の総本山である東寺(とうじ・教王護国寺)とともに皇城鎮護として栄えていたが、応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火の兵火によって大伽藍が荒廃しました。その後天正年間(1573年~593年)に現在の場所に移って再興されたが、1788年(天明8年)の天明の大火で焼失し、その後再び再建されました。なお雨宝院の名称は本尊・大聖歓喜天尊(秘仏)脇に安置されている雨宝童子に由来しています。
雨宝院は真言宗の寺院です。
*参考・・・雨宝院(アクセス・歴史・・・)ホームページ

【雨宝院桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
雨宝院(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 下鴨神社流しびな

    2019年3月のイベント

    京都市内などで2019年3月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 仁和寺御室桜

    京都桜見ごろ2019

    京都桜見ごろ2019(桜時期2019)情報を紹介しています。桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃に…
  3. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 北野天満宮梅苑
    北野天満宮梅苑公開は京都の初春の風物詩です。梅苑公開は毎年梅が見ごろを迎える2月上旬頃から3月下旬頃…
  2. 城南宮枝垂梅
    城南宮枝垂梅と椿まつりは京都の春の風物詩です。枝垂梅と椿まつりは毎年2月・3月に行われています。枝垂…
  3. 東山花灯路
    東山花灯路2019は京都の春の風物詩です。東山花灯路は毎年3月に行われています。東山花灯路では北側の…
  4. 青龍会
    清水寺青龍会は京都の春の風物詩です。青龍会は毎年3月14日・3月15日に行われています。青龍会では転…
  5. 東寺夜桜ライトアップ
    東寺ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。東寺ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る