八坂神社の祭神(素戔嗚尊・櫛稲田姫命・八柱御子神)

八坂神社神紋

八坂神社の祭神

祇園祭の神幸祭(しんこうさい)・還幸祭(かんこうさい)では中御座神輿(なかござみこし)に素戔嗚尊(すさのおのみこと)、東御座神輿(ひがしござみこし)に素戔嗚尊の妻・櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、西御座神輿(にしござみこし)に素戔嗚尊の8人の子供・八柱御子神(やはしらのみこがみ)の神霊がのせられます。

【祇園祭 歴史・簡単概要】
祇園祭(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に京都をはじめ全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が禁苑(宮中の庭)である神泉苑に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来の化身とされる牛頭天王(素戔嗚尊)を祀り、更に牛頭天王(素戔嗚尊)を主祭神とする八坂神社(祇園社)から3基の神輿を送り、病魔退散を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。その後970年(天禄元年)から毎年旧暦6月14日に行われるようになりました。
祇園祭歴史
祇園祭2021日程(山鉾巡行・宵山・・・)祇園祭2021日程一覧(山鉾巡行・宵山・・・)祇園祭2021(山鉾巡行・宵山・・・)

【素戔嗚尊 八坂神社の主祭神】
素戔嗚尊(すさのおのみこと)は八坂神社の主祭神で、中御座に祀られています。素戔嗚尊はかつての神仏習合時代に牛頭天王(ごずてんのう)と同一視されていました。牛頭天王は薬師如来(やくしにょらい・薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい))の垂迹(すいじゃく)で、素戔嗚尊の本地(ほんじ)とされました。素戔嗚尊は日本最古の正史「日本書紀(にほんしょき)・奈良時代成立」によると父・伊奘諾尊(いざなぎのみこと)と母・伊奘冉尊(いざなみのみこと)の子で、天照大神(あまてらすおおみかみ)の弟とされています。素戔嗚尊は出雲で八岐大蛇(やまたのおろち)を退治し、救った櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)と結婚し、出雲の祖神になったとされています。素戔嗚尊は結婚した際、「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠に 八重垣作る その八重垣を(幾重にも雲が湧き出す出雲で、妻との新居によい場所を見つけたので、幾重にも垣根を造ろう)」と和歌を詠んだと言われています。また素戔嗚尊は乱暴で、恐れた天照大神が天の岩戸(あまのいわと)に隠れ、世の中は暗闇になり、困った八百万神(やそよろづのかみ)が天安河の河原に集まって大宴会を行って岩戸を開かせたと言われています。なお中御座には明治時代の神仏判然令以前に牛頭天王(ごずてんのう)を祀るとされていました。
素戔嗚尊は祇園祭の神幸祭(しんこうさい)・還幸祭(かんこうさい)の際、六角形の屋根の上に鳳凰が飾られ、男神を表す紫色の袈裟懸けが掛けられた中御座神輿(なかござみこし)に神霊がのせられます。ちなみに中御座神輿は重さ約2トンで、三若神輿会(さんわかしんよかい)が奉仕することから三若神輿とも言われています。

スポンサーリンク

【櫛稲田姫命 八坂神社の祭神】
櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)は八坂神社の祭神で、東御座に祀られています。東御座にはいずれも素戔嗚尊の妻である神大市比売命(かむおおいちひめのみこと)・佐美良比売命(さみらひめのみこと)も祀られています。櫛稲田姫命は素戔嗚尊が八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した際、素戔嗚尊と結婚したと言われています。櫛稲田姫命は大山津見神(おおやまつみのかみ)の子・足名椎命(あしなづちのみこと)と手名椎命(てなづちのみこと)の8人の娘の一人で、最後に残った娘です。なお東御座には明治時代の神仏判然令以前に八王子(はちおうじ)を祀るとされていました。
櫛稲田姫命は祇園祭の神幸祭・還幸祭の際、四角形の屋根の上に擬宝珠が飾られ、赤色の袈裟懸けが掛けられた東御座神輿(ひがしござみこし)に神霊がのせられます。ちなみに東御座神輿は重さ約2トンで、四若神輿会(しわかしんよかい)が奉仕することから四若神輿とも言われています。

【八柱御子神 八坂神社の祭神】
八柱御子神(やはしらのみこがみ)は八坂神社の祭神で、西御座に祀られています。西御座には櫛稲田姫命の母・足名椎命である稲田宮主須賀之八耳神(いなだのみやぬしすがのやつみみのかみ)も祀られています。八柱御子神は素戔嗚尊の8人の子供である八島篠見神(やしまじぬみのかみ)・五十猛神(いたけるのかみ)・大屋比売神(おおやひめのかみ)・抓津比売神(つまつひめのかみ)・大年神(おおとしのかみ)・宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)・大屋毘古神(おおやびこのかみ)・須勢理毘売命(すせりびめのみこと)の総称です。なお西御座には明治時代の神仏判然令以前に頗梨采女(はりさいにょ・ばりうねめ)を祀るとされていました。
八柱御子神は祇園祭の神幸祭・還幸祭の際、八角形の屋根に鳳凰が飾られ、赤色の袈裟懸けが掛けられた西御座神輿(にしござみこし)に神霊がのせられます。ちなみに西御座神輿は重さ約3.2トンで、錦神輿会(にしきみこしかい)が奉仕することから錦神輿とも言われています。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る