カテゴリー:その他

  • 許波多神社(アクセス・マップ・見どころ・歴史・・・)

    許波多神社ではかつて東西2町の馬道で競馬(くらべうま)が行われ、競馬発祥の神社とも言われています。許波多神社には平安時代に造られ、重要文化財に指定されている鐙(あぶみ・鉄宝相華孔雀銅象嵌半舌鐙)や馬頭天王の神像などが残されています。
  • 三栖神社紅葉見ごろ2021遅め(11月下旬~12月上旬頃)

    三栖神社紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。三栖神社では境内に京都市の保存樹に指定され、区民誇りの木に選ばれている樹高約22.5メートルのイチョウの巨木が植えられ、紅葉(黄葉)と本殿・鳥居・石灯籠・境内などの光景が美しいと言われています。
  • 長法寺紅葉見ごろ2021遅め(11月中旬~11月下旬頃)

    長法寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。長法寺では境内各所にカエデが分布し、紅葉と本堂・山門・溺泉・竹林などの光景が美しいと言われています。長法寺ではちょっとした散策路が整備され、境内奥の高台から見た紅葉が特に美しいとも言われています。
  • 吟松寺

    吟松寺紅葉見ごろ2021遅め(11月中旬~11月下旬頃)

    吟松寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。吟松寺は天神川が刻んだ深い渓谷に位置し、その境内にイロハモミジなどが植えられ、本堂・山門・参道などの光景が美しいと言われています。観光客にあまり知られていないことから喧騒を忘れて紅葉狩りができます。
  • 三明院紅葉見ごろ2021遅め(11月中旬~11月下旬頃)

    三明院紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。三明院では境内に樹齢約100年と言われる約10本のカエデなどが植えられ、紅葉と多宝塔・鐘楼などの光景が美しいと言われています。多宝塔1層目の回廊からは紅葉越しの岩倉盆地などを眺めることができます。
  • 来迎院紅葉見ごろ2021遅め(11月中旬頃)

    来迎院紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。来迎院では周囲を背の高い木々に囲まれ、本堂や鐘楼周辺などにカエデが植えられ、紅葉と本堂・鐘楼・石造三重塔などの光景が美しいと言われています。紅葉が見ごろを迎える時期に宝物展が行われます。(要確認)
  • 養源院紅葉見ごろ2021遅め(11月中旬~12月上旬頃)

    養源院紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。養源院では山門から本堂に通じる石畳の参道や勅使門前などにカエデ・ヤマザクラなどが植えられ、紅葉と参道・本堂・勅使門などの光景が美しいと言われています。散りもみじ(敷きもみじ)も見どころです。
  • 来迎院紅葉見ごろ2021遅め(11月中旬~11月下旬頃)

    来迎院紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。来迎院では本堂前・荒神堂付近・含翆庭・参道などにカエデが分布し、紅葉と本堂・荒神堂・含翆庭・含翠軒などの光景が美しいと言われています。含翠軒では抹茶(有料)を味わうこともできます。(要確認)
  • 智積院紅葉見ごろ2021遅め(11月中旬~12月上旬頃)

    智積院紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。智積院では入口から本堂である金堂に通じる参道や講堂・大書院に面する名勝庭園などの境内にカエデ・イチョウなどが植えられ、紅葉と参道・金堂・鐘楼堂・名勝庭園などの光景が美しいと言われています。
  • 清閑寺紅葉見ごろ2021遅め(11月中旬~11月下旬頃)

    清閑寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。清閑寺ではイロハモミジなどが植えられ、紅葉と本堂・鐘楼などの光景が美しいと言われています。清閑寺は清水寺と同じ清水山に建立されているが、清水寺と違って落ち着いて紅葉狩りができます。
  • 日向大神宮紅葉見ごろ2021遅め(11月中旬~11月下旬頃)

    日向大神宮紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。日向大神宮では勾玉池周辺にカエデなどが植えられ、紅葉と勾玉池・勾玉池に架けられた橋・外宮などの光景が美しいと言われています。秋から冬に花を咲かせる十月桜も植えられ、紅葉と一緒に楽しめる場合もあります。
  • 大内峠一字観公園紅葉見ごろ(10月下旬~11月下旬頃)

    大内峠一字観公園紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。大内峠一字観公園ではカエデなどが分布し、紅葉と園内の光景が美しいと言われています。大内峠一字観公園は天橋立股のぞきの発祥の地とされ、展望デッキからの眺望も美しいと言われています。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る