カテゴリー:その他

  • 舞鶴自然文化園椿見ごろ2021(3月中旬~4月中旬頃)

    舞鶴自然文化園椿見ごろ(イベント・・・)を紹介。舞鶴自然文化園には面積約5ヘクタールのツバキ園に日本種・洋種などの約1,500種・約3万本の椿が植えられています。日本一の規模とも言われています。カメリアハウスには珍しい原種や唐ツバキが栽培されています。
  • 花尻の森椿見ごろ2021(3月下旬~4月上旬頃)

    花尻の森椿見ごろ(イベント・・・)を紹介。花尻の森には小野源太夫社が建立され、石灯籠・石段・御神木などがあり、その鬱蒼とした森の中にやぶ椿が分布しています。やぶ椿は苔むした地面や御神木などの近くに花を落とし、落ち椿の光景が美しいと言われています。
  • 滝の千年ツバキ公園椿見ごろ2021(3月下旬~4月下旬頃)

    滝の千年ツバキ公園椿見ごろ(イベント・・・)を紹介。滝の千年ツバキ公園には滝のツバキ、そしてツバキを都道府県・市町村の花木に指定している全国49の自治体から寄贈されたツバキと滝のツバキ2世を合わせた合計50株のツバキが植えられています。
  • 上賀茂神社初詣2021/1/1~(日程・・・)

    上賀茂神社初詣(日程・時間・・・)を紹介。初詣は毎年元日の1月1日から始まります。初詣では例年約10万人程度が訪れるとも言われています。上賀茂神社は賀茂別雷大神を祀り、厄除・方除・開運・災難除・必勝などのご利益があるとも言われています。
  • 雙栗神社椿見ごろ2021(黒椿)

    雙栗神社椿見ごろ(イベント・・・)を紹介。雙栗神社にはやぶ椿・黒椿などが分布しています。本殿西側と境内北側に数百本の椿が分布し、密集した叢林を形成ています。本殿北側のご神木・クスノキの近くに樹高約3メートルの黒椿などが分布しています。
  • 龍興寺(アクセス・マップ・見どころ・歴史・・・)

    龍興寺(アクセス・見どころ・・・)情報を紹介。龍興寺は臨済宗(りんざいしゅう)妙心寺(みょうしんじ)派の寺院で、世界遺産である京都市の龍安寺(りょうあんじ)と亀岡市の龍潭寺(りょうたんじ)とともに臨済宗妙心寺派の京都三龍寺とも言われています。
  • 山家城址公園(アクセス・マップ・見どころ・概要・・・)

    山家城址公園(アクセス・見どころ・・・)情報を紹介。山家城址公園ゆかりの谷衛友は1578年(天正6年)に父・谷衛好とともに関白・豊臣秀吉に仕え、秀吉の主なる合戦のほとんどに従軍し、1598年(慶長3年)に秀吉が亡くなると遺物釣切の脇差を与えられました。
  • 貴船神社初詣2021/1/1~(日程・・・)

    貴船神社初詣(日程・時間・・・)を紹介。初詣は毎年元日の1月1日から始まります。初詣では例年約1万5千人程度が訪れるとも言われています。貴船神社は本宮に高おかみ神を祀り、降雨・止雨のご利益があるとも言われています。結社(中宮)には縁結びのご利益があります。
  • 京都薬用植物園(アクセス・マップ・見どころ・概要・・・)

    京都薬用植物園(アクセス・見どころ・・・)情報を紹介。京都薬用植物園を所有する武田薬品工業株式会社は1781年(天明元年)6月12日に武田長兵衛が薬種商を創業したのが始まりです。武田薬品工業は日本国内の医薬品企業(製薬メーカー)の中で売上高が第1位です。
  • 長岡天満宮初詣2021/1/1~(日程・・・)

    長岡天満宮初詣(日程・時間・・・)を紹介。初詣は毎年元日の1月1日から始まります。初詣では例年約10万人程度が訪れるとも言われています。長岡天満宮は菅原道真を祀り、学問の神様とされています。応神天皇を祀って厄除けの守護神とされる八幡社などもあります。
  • 藤森神社初詣2021/1/1~(日程・・・)

    藤森神社初詣(日程・時間・・・)を紹介。初詣は毎年元日の1月1日から始まります。初詣では例年大勢の参拝者が訪れるとも言われています。藤森神社は藤森祭が菖蒲の節句発祥の祭とも言われ、「菖蒲」が「尚武」、「尚武」が「勝負」に通じることから勝運を呼ぶ神とされています。
  • 金引の滝(アクセス・マップ・見どころ・概要・・・)

    金引の滝(アクセス・見どころ・・・)情報を紹介。金引の滝には伝承が残されています。江戸時代後期に本庄松平家・丹後国宮津藩(みやづはん)の悪政に苦しむ農民が金引不動尊の力を借りて滝の水を業に変えたと言われています。不動明王は大火炎を背負っています。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る