カテゴリー:その他

  • 首途八幡宮桃見ごろ2021(3月下旬~4月上旬頃)

    首途八幡宮桃見ごろ(イベント・・・)を紹介。首途八幡宮には本殿前や参道沿いに2006年に植えられた源平枝垂桃・紅枝垂桃が植えられています。ただ桃の木はあまり多くはありません。近くの桜井公園には桜が植えられ、桃と一緒に桜を楽しむのもいいかもしれません。
  • 京都御苑桃見ごろ2021(3月中旬~4月上旬頃)

    京都御苑桃見ごろ(イベント・・・)を紹介。京都御苑には御苑西側にある梅林の北側の桃林に約70本の桃の木が植えられています。御苑北東部で、近衞邸跡に整備された児童公園にも桃の木が植えられています。桃の木は白色・淡紅・濃紅のかわいらしい花を咲かせます。
  • 天龍寺蝋梅見ごろ2021(1月中旬~2月上旬頃)

    天龍寺蝋梅見ごろ(時期・イベント等)を紹介。天龍寺には曹源池庭園の隅や百花苑の北端に素心蝋梅が植えられています。蝋梅は近づくと甘い香りが漂います。なお天龍寺では蝋梅が見ごろを迎える時期に椿・山茶花も見ごろを迎え、一緒に楽しむことができます。
  • 龍興寺梅見ごろ2021(2月中旬~3月中旬頃)

    龍興寺梅見ごろ(時期・イベント等)を紹介。龍興寺には本堂前の梅園に紅梅・白梅・しだれ梅などが植えられ、梅と本堂・山門・鐘楼などの光景が美しいと言われています。特にしだれ梅の美しさは絶品とも言われています。梅は住職や檀家などが丹精込めて育てたと言われています。
  • 府立植物園蝋梅見ごろ2021(1月上旬~2月中旬頃)

    府立植物園蝋梅見ごろ(時期・イベント等)を紹介。府立植物園には梅林に素心蝋梅・雲南蝋梅が植えられています。蝋梅は約150本の梅に比べると数が少なくなります。1月から2月にハボタン・パンジー・ビオラ・ジャノメエリカなども見ごろを迎え、蝋梅と一緒に楽しめる時期があります。
  • 恵心院蝋梅見ごろ2021(1月下旬~2月下旬頃)

    恵心院蝋梅見ごろ(時期・イベント等)を紹介。恵心院には素心蝋梅が植えられています。ちなみに恵心院は水仙の名所でもあり、素心蝋梅と水仙を一緒に楽しむことができます。また恵心院には椿・アケボノアセビ・十月桜なども植えられ、一緒に楽しめる時期もあります。
  • 梅宮大社蝋梅見ごろ2021(1月上旬~2月中旬頃)

    梅宮大社蝋梅見ごろ(時期・イベント等)を紹介。梅宮大社には梅林近くに素心蝋梅(ソシンロウバイ)、茶室・池中亭の側に雲南蝋梅(ウンナンロウバイ)が植えられています。蝋梅は十数本植えられています。蝋梅は寒咲き水仙・早咲き梅などと一緒に楽しめる時期もあります。
  • 北野天満宮蝋梅見ごろ2021(1月上旬~下旬頃)

    北野天満宮蝋梅見ごろ(時期・イベント等)を紹介。北野天満宮には本殿(国宝)外まわりの西側、向って左側に蝋梅が植えられています。蝋梅には雲南蝋梅・素心蝋梅があります。蝋梅は柔らかな黄色い花を咲かせ、甘い香りを周囲に漂わせます。
  • 京都御苑蝋梅見ごろ2021(1月下旬~2月下旬頃)

    京都御苑蝋梅見ごろ(時期・イベント等)を紹介。京都御苑には苑内北西部の近衞邸跡に整備された児童公園に内側が暗紫色をしている蝋梅、苑内南西部の宗像神社北側に素心蝋梅があります。蝋梅は早咲きの梅・サザンカ・スイセンなどと一緒に楽しめる時期があります。
  • 大蓮寺蝋梅見ごろ2021(1月下旬~2月中旬頃)

    大蓮寺蝋梅見ごろ(時期・イベント等)を紹介。大蓮寺には本堂に向かって左手に蝋梅が植えられています。蝋梅は芳しい香りを漂わせます。なお蝋梅はかつて京都写真家・水野克比古が撮影したポスター「ときめく京の彩り」が京阪特急の車両などで飾られました。
  • 京都薬用植物園椿見ごろ2021(3月中旬~4月頃)

    京都薬用植物園椿見ごろ(イベント・・・)を紹介。京都薬用植物園にはツバキ園に江戸時代に品種改良された品種・ユキツバキの品種を含め、昭和30年代から収集した560種余りのツバキが栽培・展示しています。3月または4月に見学受付が行われます。(要確認)
  • 舞鶴自然文化園椿見ごろ2021(3月中旬~4月中旬頃)

    舞鶴自然文化園椿見ごろ(イベント・・・)を紹介。舞鶴自然文化園には面積約5ヘクタールのツバキ園に日本種・洋種などの約1,500種・約3万本の椿が植えられています。日本一の規模とも言われています。カメリアハウスには珍しい原種や唐ツバキが栽培されています。

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 仁和寺御室桜

    京都桜見ごろ2021(例年3月下旬~4月中旬)早め

ページ上部へ戻る