カテゴリー:その他

  • 霊山観音ハギ見ごろ2021(9月中旬頃)

    霊山観音ハギ見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。霊山観音では境内にハギが植えられ、赤紫・白色の花が咲きます。ハギは高さ約24メートルの観音坐像などの光景が美しいと言われています。霊山観音ではススキなども分布し、一足早い秋を感じさせてくれます。
  • 真如堂ハギ見ごろ2021(9月中旬頃)

    真如堂ハギ見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。真如堂では総門前の参道脇や本堂・三重塔周辺など境内各所に100株ほどのハギが植えられ、可憐な赤紫の花を咲かせます。なお三重塔前の手水舎(ちょうずや)では境内に咲く季節の草花が置かれています。
  • 平安神宮ハギ見ごろ2021(9月中旬頃)

    平安神宮ハギ見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。平安神宮では神苑にハギが植えられ、赤紫・白色の花が咲きます。ハギは神苑の内、南神苑と東神苑に多く植えられています。南神苑では遊歩道沿いにハギが多く植えられています。東神苑に白色のハギが多く植えられています。
  • 勧修寺睡蓮見ごろ2021(5月中旬~6月下旬頃)

    勧修寺睡蓮見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。勧修寺では池庭・氷池園の中心である氷室池に睡蓮が植えられ、白い花を咲かせます。睡蓮と氷室池・氷室池の畔に建立された観音堂、そして氷室池の中にある集仙島・方壷島・緑鴨洲などの光景が美しいと言われています。
  • 大原野神社睡蓮見ごろ2021(5月中旬~8月下旬頃)

    大原野神社睡蓮見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。大原野神社では鯉沢池に睡蓮が植えられ、白い花を咲かせます。睡蓮は朝明るくなると花を開き、昼には花を閉じることが多く、睡蓮の花を見るなら午前中がおすすめです。睡蓮と鯉沢池などの光景が美しいと言われています。
  • 三宝院

    三宝院見どころ-修学旅行・観光ポイントまとめ

    三宝院見どころを解説。三宝院で見逃せない表書院(国宝)・唐門(国宝)などを解説しています。三宝院有数の見どころである唐門は2010年に解体修理され、門全体が黒漆で塗られ、表裏に菊と五七の桐の四つの紋に金箔が施されています。(三宝院見どころ下記参照)
  • 退蔵院睡蓮見ごろ2021(5月中旬~8月下旬頃)

    退蔵院睡蓮見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。退蔵院では池泉回遊式庭園である余香苑の中心であるひょうたん池に睡蓮が植えられ、白い花を咲かせます。睡蓮は朝明るくなると花を開き、昼には花を閉じることが多く、睡蓮の花を見るなら午前中がおすすめです。
  • 梅宮大社睡蓮

    梅宮大社睡蓮見ごろ2021(5月中旬~8月下旬頃)

    梅宮大社睡蓮見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。梅宮大社では北神苑の勾玉池と東神苑の咲耶池に睡蓮が植えられ、白い花を咲かせます。睡蓮は朝明るくなると花を開き、昼には花を閉じることが多く、睡蓮の花を見るなら午前中がおすすめです。
  • 龍安寺睡蓮

    龍安寺睡蓮見ごろ2021(5月中旬~8月下旬頃)

    龍安寺睡蓮見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。龍安寺では鏡容池に睡蓮が分布し、白色だけでなく、赤・ピンクの花を咲かせます。睡蓮は鏡容池の大半を埋め尽くします。睡蓮は朝明るくなると花を開き、昼には花を閉じることが多く、花を見るなら午前中がおすすめです。
  • 京都府立植物園睡蓮

    京都府立植物園睡蓮見ごろ2021(5月中旬~8月下旬頃)

    京都府立植物園睡蓮見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。京都府立植物園では四季彩の丘の池と観覧温室前の鏡池に温帯スイレンが植えられ、色とりどりの花を咲かせます。観覧温室には熱帯スイレン・温帯スイレンがあります。熱帯スイレンは耐寒性のないスイレンです。
  • 渉成園睡蓮

    渉成園睡蓮見ごろ2021(5月中旬~8月下旬頃)

    渉成園睡蓮見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。渉成園では面積約10,600坪の池泉回遊式庭園の中心で、面積の6分の1を占める印月池に睡蓮が分布し、白色の花を咲かせます。渉成園では睡蓮が朝明るくなると花を開き、昼には閉じてしまいます。
  • 平安神宮睡蓮

    平安神宮睡蓮見ごろ2021(5月中旬~8月下旬頃)

    平安神宮睡蓮見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。平安神宮では神苑の内、西神苑の白虎池と中神苑の蒼龍池に睡蓮が分布し、白い花を咲かせます。睡蓮は朝明るくなると花を開き、昼には花を閉じることが多く、睡蓮の花を見るなら午前中がおすすめです。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る