カテゴリー:その他

  • 善法律寺紅葉見ごろ(11月下旬頃)・紅葉名所

    善法律寺紅葉見ごろ・紅葉見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。善法律寺には100本近くのモミジ・カエデなどが植えられ、紅葉と本堂(京都府指定文化財)・表門(京都府指定文化財)・五輪石塔・参道など光景が美しいと言われています。善法律寺は八幡市の隠れた紅葉の名所で、もみじ寺(紅葉寺)とも言われています。
  • 神童寺紅葉見ごろ(11月中旬頃)・紅葉名所

    神童寺紅葉見ごろ・紅葉見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。神童寺にはカエデ・モミジ・大イチョウ・サクラなどが分布し、紅葉と蔵王堂とも言われる現在の本堂・鐘楼・十三重石塔などの光景が美しいと言われています。大イチョウの周りには黄色い絨毯が広がります。なお本堂裏手の小山からは山内を眺めることができます。
  • 法常寺紅葉見ごろ(11月中旬頃)・紅葉名所

    法常寺紅葉見ごろ・紅葉見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。法常寺には京都府指定文化財環境保全地区に指定されている山内にカエデ・モミジなどが分布し、紅葉と参道・石垣・勅使門・本堂・開山堂・庭園などの光景が美しいと言われています。緑の杉木立や苔と紅葉のコントラストが映えます。なお法常寺は拝観要予約です。
  • 桑田神社紅葉見ごろ(11月中旬頃)・紅葉名所

    桑田神社紅葉見ごろ・紅葉見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。桑田神社には境内にモミジなどが分布し、紅葉と参道(石段)・鳥居・狛犬・石灯篭・本殿などの光景が美しいと言われています。参道(石段)などに散りモミジ(敷きモミジ)が敷き詰められます。桑田神社が高台に建立され、亀岡盆地や保津川を一望できます。
  • 龍穏寺紅葉見ごろ(11月上旬~下旬頃)・紅葉名所

    龍穏寺紅葉見ごろ・紅葉見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。龍穏寺には山内に20本以上のモミジやイチョウ(銀杏)が分布し、紅葉と山門・参道(石段)・総門(楼門)・池・本堂などの光景が美しいと言われています。参道(石段)などに散りモミジ(敷きモミジ)が敷き詰められ、池に紅葉が映えます。
  • 正法寺紅葉見ごろ(11月上旬~下旬頃)・紅葉名所

    正法寺紅葉見ごろ・紅葉見頃(時期・ライトアップ・・・)を紹介。正法寺には山内に臨済宗永源寺派の大本山・永源寺から移植されたとも言われるヤマモミジ・鐘楼の横にある老木の大イチョウなどが植えられ、紅葉と石畳(石段)の参道・石標・十三重石塔・本堂・お地蔵さまなどの光景が美しいと言われています。
  • 猿丸神社紅葉見ごろ(11月中旬~12月上旬頃)・紅葉名所

    猿丸神社にはカエデ・モミジなどが分布し、本殿・一ノ鳥居・参道(石段)・狛猿(石造)などの光景が美しいと言われています。表参道は祭神・猿丸大夫が「奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき」と詠んだ光景を思わせるとも言われているそうです。
  • 善法律寺(アクセス・見どころ・歴史・・・)

    善法律寺を創建した善法寺宮清は平安時代後期の1122年(保安3年)に生まれ、1187年(文治3年)に石清水八幡宮別当になり、1192年(建久3年)に石清水八幡宮検校になり、高野検校(たかのけんぎょう)と号し、1199年(正治元年)に亡くなりました。
  • 神童寺(アクセス・見どころ・歴史・・・)

    神童寺を創建したとも言われる聖徳太子は冠位十二階・十七条憲法を定めるだけでなく、仏教を篤く崇敬し、聖徳太子建立七大寺とも言われる法隆寺(斑鳩寺)・広隆寺(蜂丘寺)・法起寺(池後寺)・四天王寺・中宮寺・橘寺(聖徳太子生誕地)・葛木寺を創建しました。
  • 法常寺(アクセス・見どころ・歴史・・・)

    法常寺ゆかりの一糸文守は法常寺開山になるだけでなく、1643年(寛永20年)から臨済宗永源寺派の大本山・永源寺(滋賀県東近江市)に住して中興に尽力し、1646年(正保3年)に39歳で亡くなり、没後30年の1675年(延宝3年)に後水尾法皇(第108代・後水尾天皇)から定慧明光仏頂国師が贈られました。
  • 桑田神社(アクセス・見どころ・歴史・・・)

    桑田神社の保津川対岸に祀られている請田神社(うけたじんじゃ)によると桑田神社から湖であった亀岡盆地の開削が開始されたとされ、その鍬入れを受けたことから「請田」になっているとも言われています。ちなみに桑田神社は明治時代前まで請田神社(浮田神社)と名乗っていたそうです。
  • 龍穏寺(アクセス・見どころ・歴史・・・)

    龍穏寺(りょうおんじ)は京丹波町の玉雲寺(ぎょくうんじ)・園部町の徳雲寺(とくうんじ)とともに「船井の三うん寺(船井ごおり三十三ヶ所観音霊場)」と言われています。船井は南丹市の園部町・八木町・日吉町と船井郡の京丹波町から構成されていた旧船井郡のことです。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る