カテゴリー:その他

  • 平の沢公園(アクセス・マップ・見どころ・・・)

    平の沢公園は京都府内で唯一、全国的にも有数のオニバス(鬼蓮)の自生地になっています。オニバスはスイレン科の一年生の水草です。オニバスは水底の地下茎から葉柄を伸ばし、表面にシワが入った円形の葉を水面に広げ、夏頃に紫色の花を水上に咲かせます。
  • 宇治神社桜見ごろ2022早め(4月上旬頃)

    宇治神社桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。宇治神社には朱塗りの鳥居・拝殿・本殿周辺などにソメイヨシノ・カンヒザクラなどが植えられ、桜と鳥居・拝殿・本殿・狛犬・灯籠などの光景が美しいと言われています。ただ桜の木はあまり多くありません。
  • 薬師ヶ丘さくらの森公園(アクセス・マップ・見どころ・・・)

    薬師ヶ丘さくらの森公園がある峰山町は日本海に向かって北東方向に突き出す丹後半島(たんごはんとう)の付け根に位置し、丹後国風土記の「天女の羽衣伝説(はごろもでんせつ)」の舞台で、丹後地方の地場産業である丹後ちりめん発祥の地とされています。
  • 由岐神社紅葉見ごろ2021(11月中旬頃)

    由岐神社紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。由岐神社では境内にカエデなどが分布し、紅葉と本殿・拝殿・京都市の天然記念物に指定されているスギ3本などの光景が美しいと言われています。スギなどを見上げれば、その高さなどを実感することができます。
  • 八坂神社桜見ごろ2022早め(3月下旬~4月上旬頃)

    八坂神社桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。八坂神社では南楼門・舞殿・美御前社・神馬舎周辺などにソメイヨシノ・ヤエザクラなどが植えられ、桜と南楼門・舞殿・美御前社・神馬舎・南手水舎・参道などが美しいと言われています。夜間もおすすめです。
  • 海蔵寺(アクセス・マップ・見どころ・・・)

    海蔵寺が建立されている伊根地区(伊根浦)には周囲5キロの伊根湾(いねわん)に沿って、1階が船揚場・物置・作業場、2階が居室になっている約230軒の舟屋(舟屋群)が建ち並んでいます。伊根の舟屋は江戸時代中期には既に建てられていたとも言われているそうです。
  • 妙満寺紅葉見ごろ2021(11月中旬~下旬頃)

    妙満寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。妙満寺では境内や雪の庭にカエデ・サクラ・ツツジなどが植えられ、紅葉と雪の庭・本堂・仏舎利大塔・山門・参道などの光景が美しいと言われています。特に仏舎利大塔が美しいと言われています。
  • あやべ温泉(アクセス・マップ・見どころ・・・)

    あやべ温泉にある二王の湯・二王館の名称の由来になった光明寺二王門は上層の柱に記されている墨書銘によると鎌倉時代前期の1248年(宝治2年)に再建されました。二王門は三間一戸の二重門で、木造金剛力士立像2躯(重要文化財)を後の間に安置しています。
  • 安井金比羅宮桜見ごろ2022早め(4月上旬頃)

    安井金比羅宮桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。安井金比羅宮ではソメイヨシノ・シダレザクラが植えられ、桜と縁切り縁結び碑・拝殿・鳥居・灯籠などの光景が美しいと言われています。ヤマブキ・ハナズオウなども植えられ、桜と一緒に見られる時期があります。
  • 阿弥陀寺紅葉見ごろ2021(11月中旬~下旬頃)

    阿弥陀寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。阿弥陀寺では京都市の天然記念物に指定されている古知谷のカエデや約300本のカエデが分布し、紅葉と本堂・山門・参道などの光景が美しいと言われています。古知谷のカエデは樹齢800年以上のタカオカエデです。
  • 伏見桃山城運動公園(アクセス・マップ・見どころ・・・)

    伏見桃山城ゆかりの豊臣秀吉は1537年(天文6年)に生まれ、1554年(天文23年)に織田信長に仕え、その後戦功を重ねて頭角を現し、1582年(天正10年)に明智光秀を破り、四国・九州・関東・奥羽を平定し、1590年(天正18年)に天下を統一を成し遂げました。
  • 永観堂桜見ごろ2022早め(4月上旬頃)

    永観堂桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。永観堂では総門から中門に至る参道・多宝塔周辺・庭園などにソメイヨシノなどの桜の木が植えられ、桜と総門・多宝塔・庭園などの光景が美しいと言われています。桜と御影堂・多宝塔を一緒に撮影するのが人気です。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る