カテゴリー:その他

  • ウッディパルわち(アクセス・マップ・見どころ・・・)

    ウッディパルわちを設置した和知町は1955年(昭和30年)4月1日に上和知村・下和知村が合併して発足し、2005年(平成17年)10月11日に丹波町・瑞穂町と合併して京丹波町になりました。和知町には長老ヶ岳・三峠山がそびえ、由良川・上和知川が流れています。
  • 大山崎山荘美術館桜見ごろ(4月上旬~中旬頃)

    アサヒビール大山崎山荘美術館桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。アサヒビール大山崎山荘美術館では面積約約5,500坪の庭園などにシダレザクラ・ソメイヨシノ・ギョイコウなどが植えられ、桜とレストハウス・栖霞楼などの光景が美しいと言われています。
  • 紫水ヶ丘公園桜見ごろ2022早め(4月上旬~中旬頃)

    紫水ヶ丘公園桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。紫水ヶ丘公園ではさくら広場にソメイヨシノ数十本、交流広場・みずべの散歩道・いかるの森付近にカワヅザクラ約200本が植えられ、桜とさくら広場・交流広場・みずべの散歩道などの光景が美しいと言われています。
  • 天橋立ビューランド紅葉見ごろ2021(11月中旬~下旬頃)

    天橋立ビューランド紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。天橋立ビューランドでは園内の所々にカエデなどが分布し、紅葉と園内の光景が美しいと言われています。天橋立ビューランドからは紅葉越しに天橋立を眺めることができます。
  • 八坂庚申堂桜見ごろ2022早め(4月中旬頃)

    八坂庚申堂桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。八坂庚申堂では朱塗りの山門脇にヤエザクラが植えられ、桜と朱塗りの山門・石柱・カラフルなくくり猿・本堂などの光景が美しいと言われています。山門を額縁に見立てて境内などを眺めるのがおすすめです。
  • スプリングスひよし(アクセス・マップ・見どころ・・・)

    スプリングスひよし沿いを流れる桂川は京都市左京区広河原と南丹市美山町佐々里の境に位置する標高約735メートル佐々里峠を源とし、上桂川・桂川・大堰川(おおいがわ)・保津川(ほづがわ)・桂川と名前を変える延長約107キロ淀川(よどがわ)水系の一級河川です。
  • 山崎聖天紅葉見ごろ2021(11月中旬~下旬頃)

    山崎聖天紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。山崎聖天ではカエデ・イロハモミジ・イチョウなどが分布し、紅葉と本堂・聖天堂・仁王門・稲荷神社などの光景が美しいと言われています。仁王門前に植えられているイチョウが落葉すると黄色い絨毯が広がります。
  • 池上院(アクセス・マップ・見どころ・・・)

    池上院は本堂が川東西国三十三所(川東三十三ヵ所霊場)の第21番札所、観音堂(大悲殿)が第22番札所になっています。川東西国三十三所は江戸時代中期の1709年(宝永6年)暮春(春の終わり)に始まり、1925年(大正14年)晩秋に再興されたと言われています。
  • 法観寺八坂の塔桜見ごろ2022早め(4月上旬頃)

    法観寺桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。法観寺では境内にヤエザクラが植えられ、桜と高さ約49メートルの五重塔の光景が美しいと言われています。法観寺では一帯に植えられている桜の木を五重塔を借景に見たり、写真撮影したりするのが人気になっています。
  • 大堰川緑地公園・大堰川堤防(アクセス・マップ・・・)

    大堰川緑地公園・大堰川堤防がある八木町は1889年(明治22年)4月1日に町村制施行によって八木村が発足し、1915年(大正4年)1月1日に町制施行によって八木町になり、2006年(平成18年)1月1日に園部町・日吉町・美山町と合併して南丹市になりました。
  • 宇治神社紅葉見ごろ2021(11月下旬~12月上旬頃)

    宇治神社紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。宇治神社では本殿前などにカエデなどが植えられ、紅葉と本殿・拝殿・朱塗りの鳥居・狛犬・灯籠などの光景が美しいと言われています。宇治上神社・源氏物語ミュージアムも一緒に紅葉狩りするのがおすすめです。
  • 長谷運動広場(アクセス・マップ・見どころ・・・)

    長谷運動広場は延長約146キロの一級河川・由良川(ゆらがわ)左岸(西岸)の河川敷に整備されています。由良川は京都府・滋賀県・福井県の境にある標高約775.9メートルの三国岳(みくにだけ)を源とし、舞鶴市と宮津市の境界で日本海の若狭湾に注いでいます。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る