カテゴリー:その他

  • 城南宮ハギ見ごろ2021(9月上旬~9月下旬頃)

    城南宮ハギ見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。城南宮では神苑・楽水苑の平安の庭にハギが植えられ、赤紫の花が咲きます。ハギと杉苔・池・遣水などの光景が美しいと言われています。ムラサキジキブ・キキョウ・ススキなども植えられ、ハギと一緒に楽しめる場合があります。
  • 天龍寺ハギ見ごろ2021(9月中旬~9月下旬頃)

    天龍寺ハギ見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。天龍寺では百花苑周辺・百花苑から曹源池庭園に向かう小道・多宝殿前・参道などにハギが植えられ、赤紫・白色の花が咲きます。ススキ・芙蓉・彼岸花・コムラサキなども分布し、ハギと一緒に楽しめる場合があります。
  • 二尊院ハギ見ごろ2021(9月上旬~9月中旬頃)

    二尊院ハギ見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。二尊院では総門から本堂に続く紅葉の馬場の両脇や本堂・書院・弁財天堂の周辺などにハギが植えられ、赤紫・白色の花が咲きます。なお二尊院には百日紅など植えられ、ハギと一緒に楽しめる場合があります。
  • 龍安寺ハギ見ごろ2021(9月中旬~10月下旬頃)

    龍安寺ハギ見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。龍安寺では山門に続く石畳沿いや鏡容池周辺にハギが植えられ、赤紫・白色の花が咲きます。石畳沿いには比較的多くハギが密集して植えられています。鏡容池周辺では散策しながらハギを楽しむことができます。
  • 勧修寺半夏生見ごろ2021(6月中旬~7月上旬頃)

    勧修寺半夏生見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。勧修寺では面積約9,900平方メートルの勧修寺氷池園の中心である氷室池の畔やその中の島に半夏生が植えられ、例年6月上旬頃になると葉が生い茂り、花の近くの数枚の葉が白い可憐な花が咲いたようになります。
  • 京都府立植物園ヒマワリ見ごろ2021(8月上旬~下旬頃)

    京都府立植物園ヒマワリ見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。京都府立植物園ではワイルドガーデン・洋風庭園などにロシアひまわり・テディーベア・モネのひまわり・リングオブファイア・グッドスマイルなど約30種のヒマワリが植えられ、黄色などの花を咲かせます。
  • 南禅寺ハギ見ごろ2021(9月中旬頃)

    南禅寺ハギ見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。南禅寺では法堂前や塔頭寺院側の参道にハギが植えられ、赤紫の花が咲きます。ハギと法堂・参道などの光景が美しいと言われています。南禅寺では赤い彼岸花も所々に分布し、ハギと一緒に楽しめる場合があります。
  • 神応寺(アクセス・マップ・見どころ・概要・・・)

    神応寺開山・行教は山城守・紀魚弼の子として生まれ、大安寺で法相・三論・密教を学び、858年(天安2年)に真雅の推挙により、惟仁親王の即位を祈祷する為に宇佐八幡宮に派遣され、90日間参篭して八幡大神から神託を受け、石清水八幡宮創建の起源となりました。
  • 丹波自然運動公園(アクセス・マップ・見どころ・概要・・・)

    丹波自然運動公園では園内のほぼ中央に1986年(昭和61年)に設置された丹波天文館があります。丹波天文館には口径50センチのカセグレン式反射望遠鏡・口径15センチと口径10センチの屈折望遠鏡が設置され、「宇宙メダカ」とその子孫も展示しています。
  • 世屋高原(アクセス・マップ・見どころ・概要・・・)

    世屋高原にはしおぎり荘・貸切キャビン・キャンプ場などの宿泊施設がある世屋高原家族旅行村があります。世屋高原家族旅行村では宿泊だけでなく、バーベキュー・木工体験などもできたが、2021年(令和3年)3月31日に老朽化・利用者の減少などから休止になりました。
  • 二瀬川渓流(アクセス・マップ・見どころ・概要・・・)

    二瀬川渓流の源流である大江山には「古事記」に記された第10代・崇神天皇の弟・日子坐王が土蜘蛛の陸耳御笠を退治した話、聖徳太子の弟・麻呂子親王が英胡・軽足・土熊を退治した話、源頼光と頼光四天王が酒呑童子を退治した話が残されています。
  • 両足院半夏生見ごろ2021(6月中旬~7月上旬頃)

    両足院半夏生見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介。両足院では池泉回遊式庭園に半夏生が植えられ、例年6月上旬頃になると葉が生い茂り、花の近くの数枚の葉が白い可憐な花が咲いたようになります。両足院では半夏生の見ごろに合わせて初夏の特別拝観が行われます。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る