ふれあい広場桜見ごろ2023(3月下旬~4月上旬頃)

ふれあい広場桜見ごろ(見頃)

ふれあい広場桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。ふれあい広場では広場内にソメイヨシノ・ヤマザクラなどが植えられ、南北に続く堤防沿いに桜並木が続いています。菜の花が分布している場所もあり、桜と一緒に楽しめる場合もあります。桜の見ごろに緑とふれあい桜まつりが催されています。(要確認)(詳細下記参照)

【ふれあい広場桜見ごろ(例年)・2023年開花満開予測】
ふれあい広場の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。ただ桜の開花状況や見ごろ(満開)はその年の気候などによって多少前後することがあります。なお京都の桜開花・満開・見ごろ情報は2023年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2023

【ふれあい広場桜見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府木津川市木津小釜1番地1外
最寄り駅・バス停・・・西木津駅(徒歩約16分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR片町線(学研都市線)
路線・時刻表・運賃チェック

スポンサーリンク

【ふれあい広場桜見ごろ(例年)・見どころ解説】
ふれあい広場はあまり知られていない桜の名所です。ふれあい広場の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。
ふれあい広場では広場内にソメイヨシノ(染井吉野)・ヤマザクラ(山桜)などが植えられ、南北に続く堤防沿いに桜並木が続いています。ふれあい広場では菜の花が分布している場所もあり、桜と菜の花が一緒に楽しめる場合もあります。ふれあい広場では桜の見ごろに緑とふれあい桜まつりが催され、花見茶会(お抹茶・お茶菓子・銘々皿の配付)が行われたり、ライトアップが行われたりしています。(要確認)花の種子や堆肥がプレゼントされることもあるそうです。
ソメイヨシノは幕末に東京染井村の植木職人がエドヒガン(江戸彼岸)とオオシマザクラ(大島桜)を交配させて生み出したと言われています。ソメイヨシノは古くから桜の名所である奈良吉野山に因んで、ヨシノ(吉野)・ヨシノザクラ(吉野桜)と言われていたが、その後染井村からソメイヨシノと言われるようになりました。ソメイヨシノは葉の出る前に径3~3.5センチの淡紅白色の花を咲かせます。
ヤマザクラは本州の関東以西、南日本の山地に多く自生しています。ヤマザクラはオオシマザクラ(大島桜)・エドヒガン(江戸彼岸)・カンヒザクラ(寒緋桜)などとともに日本国内に自生する10種のサクラ属の基本野生種とされています。ヤマザクラは春に数個ずつ散房状に花をつけ、赤茶色に染まった葉と同時に開き、径2.5~3センチの淡紅色の5弁花を咲かせます。
桜(染井吉野)は2月1日以降、毎日の最高気温の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になると言われています。また地域によって差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になると言われています。

●京都で人気の桜名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都桜名所・見ごろ

【ふれあい広場 歴史・簡単概要】
ふれあい広場(ふれあいひろば)は東側の鹿川(しかがわ・ろくがわ)と西側の山松川(やままつがわ)に挟まれた場所に整備されています。ふれあい広場には親水広場・水路広場・流水路・竹林・バーゴラ・ベンチなどがあります。竹林に立つ高さ約3~8メートルの100本のステンレス製パイプは町制100周年に因んで立てられたモニュメントで、その内の20本のパイプは風で音を奏でる音の記念碑になっています。20本のパイプは風によって雅楽(ががく)のような音を奏で、夜間はライトアップされ、幻想的な光景を醸し出します。ふれあい広場では地域住民の交流の場として、緑とふれあい桜まつりなどのイベントが行われています。なおふれあい広場は創意・工夫を凝らした地域のシンボルとして木津川市民に親しまれ、1994年(平成6年)度に手作り郷土(ふるさと)賞(国土交通大臣表彰)を受賞しました。なおふれあい広場南側には和牛ダイニング桜・木津川市中央体育館があります。
*参考・・・ふれあい広場(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)

【ふれあい広場桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
ふれあい広場(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報
*京都の桜名所では桜の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都桜ライトアップ2023

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る