宇多野病院(アクセス・マップ・見どころ・概要・・・)

宇多野病院

宇多野病院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。宇多野病院にはある希望の庭はギランバレ-症候群で入院していた患者が病気がよくなったお礼で寄贈され、長期療養する患者の健康を願って「希望の庭」と名付けられました。希望の庭には藤前開棚(ふじぜんかいだな)・辰巳の階段(たつみのかいだん)があります。

【宇多野病院 アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市右京区鳴滝音戸山町8
最寄り駅・バス停・・・宇多野病院前(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは26系統(D3乗り場)
*JR円町駅・阪急西院駅からは26系統
*京阪三条駅からは10系統

*JR山陰線(嵯峨野線)の場合、最寄り駅は太秦駅(徒歩約25分)
路線・時刻表・運賃チェック

【宇多野病院 拝観時間・時間(要確認)】
観光スポットではありません。

【宇多野病院 拝観料金・料金(要確認)】
観光スポットではありません。

スポンサーリンク

【宇多野病院 歴史・簡単概要】
宇多野病院(うたのびょういん)・独立行政法人国立病院機構宇多野病院は京都府京都市右京区鳴滝音戸山町にあります。宇多野病院は京都市北西で、緑地風致地域に位置し、付近に大覚寺・高山寺・仁和寺・龍安寺・金閣寺などの名勝旧跡があって療養環境に恵まれています。宇多野病院は独立行政法人国立病院機構が運営しています。宇多野病院は1920年(大正9年)3月19日に京都市立宇多野療養所として創設されました。1943年(昭和18年)4月1日に日本医療団に移管されて日本医療宇多野療養所になり、1947年(昭和22年)4月1日に厚生省(厚生労働省)に移管されて国立宇多野療養所になり、1970年(昭和45年)4月1日に国立療養所宇多野病院に改称され、2004年(平成16年)4月1日に独立行政法人国立病院機構宇多野病院に改称されました。宇多野病院は敷地約67,554平方メートル・建築面積約35,693平方メートルで、病床が380床(筋ジス60床・回復リハ55床・その他265床)あります。宇多野病院には内科・精神科・脳神経内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・アレルギー科・リウマチ科・小児科・整形外科・脳神経外科・呼吸器外科・泌尿器科・眼科・耳鼻いんこう科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科・歯科・ペインクリニック内科などがあります。
*参考・・・宇多野病院(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)

【宇多野病院 見どころ・文化財】
宇多野病院の見どころは桜です。宇多野病院には約50種の桜の木が植えられています。(お花見は迷惑にならないようにしましょう。)

*京都には多くの桜名所があり、その桜見ごろを下記リンクから確認できます。
京都桜見ごろ2023

【宇多野病院 連絡先(要確認)】
電話番号・・・不記載

【宇多野病院 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】

【宇多野病院 おすすめ散策ルート】
宇多野病院からのおすすめ東側にある世界遺産の仁和寺を散策することです。15分ほど散策すると仁和寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。特に桜のシーズンはおすすめです。仁和寺の御室桜は国の名勝に指定され、日本さくら名所100選に選ばれています。また西側の広沢池を散策するのもおすすめです。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る