菅大臣神社桜見ごろ2023(時期:3月下旬~4月上旬頃)

菅大臣神社桜見ごろ(見頃)

菅大臣神社桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。菅大臣神社では西側の鳥居から本殿に続く参道などにソメイヨシノが植えられ、桜と本殿・鳥居・灯籠・狛犬・手水などの光景が美しいと言われています。菅大臣神社にはツバキも植えられ、桜と一緒に楽しめる場合もあります。(詳細下記参照)

【菅大臣神社桜見ごろ(例年時期)・2023年開花満開予測】
菅大臣神社の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。ただ桜の開花状況や見ごろ(満開)はその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2023年1月12日、ウェザーニュースは桜が京都で3月26日に開花すると予測しました。
京都桜見ごろ2023(清水寺・哲学の道・原谷苑・・・)

【菅大臣神社桜見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市下京区仏光寺通新町西入菅大臣町187-1
最寄り駅・バス停・・・四条駅(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は烏丸駅(徒歩約7分)

スポンサーリンク

【菅大臣神社桜見ごろ(例年時期)・見どころ解説】
菅大臣神社はあまり知られていない桜の名所です。菅大臣神社の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。
菅大臣神社では西側の鳥居から本殿に続く参道などにソメイヨシノ(染井吉野)が植えられ、桜と本殿・鳥居・灯籠・狛犬・手水などの光景が美しいと言われています。ただ桜はあまり多くありません。菅大臣神社にはツバキも植えられ、桜と一緒に楽しめる場合もあります。
ソメイヨシノは江戸時代末期に染井村(東京都豊島区巣鴨付近)の植木職人がエドヒガン(江戸彼岸)とオオシマザクラ(大島桜)を交配させて生み出したと言われています。ソメイヨシノは古くから奈良吉野山に因んで、ヨシノ(吉野)・ヨシノザクラ(吉野桜)と言われていたが、その後帝室博物館員が染井村からソメイヨシノと命名しました。ソメイヨシノは葉の出る前に径3~3.5センチの淡紅白色の花を咲かせます。花弁は広楕円形で頂部に切れ込みがあります。メイヨシノはほぼ全てがクローンで、気象庁がサクラの開花・満開を判断する標本木として利用されています。ソメイヨシノの開花日の等期日線は桜前線と言われ、南から北に向かって進行します。
桜(染井吉野)は2月1日以降、毎日の最高気温の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になると言われています。また地域によって差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になると言われています。

●京都で人気の桜名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都桜名所・見ごろ(嵐山・仁和寺・醍醐寺・・・)

【菅大臣神社 歴史・簡単概要】
菅大臣神社(かんだいじんじんじゃ)・菅大臣天満宮(かんだいじんてんまんぐう)は祭神・菅原道真(すがわらのみちざね)の邸跡(白梅殿・紅梅殿など)と言われ、産湯(うぶゆ)の井戸が残されています。菅大臣神社は平安時代前期の903年(延喜3年)に菅原道真が左遷された大宰府(だざいふ)で亡くなった直後に創建されたとも言われています。その後度々兵火に見舞われ、鎌倉時代に南北両社に分かれ、南社にあたる菅大臣神社は天神御所・白梅殿社などと言われました。ちなみに北社にあたる北菅大臣神社(きたかんだいじんじんじゃ)は紅梅殿社などと言われました。江戸時代前期の1614年(慶長19年)に菅原氏ゆかりの曼殊院宮良恕法親王(まんしゅいんのみやりょうじょほうしんのう)が再興しました。江戸時代後期の1788年(天明8年)の天明の大火(てんめいのたいか)・1864年(元治元年)の元治の大火(げんじのたいか)で焼失し、1869年(明治2年)に1835年(天保6年)建立の下鴨神社(しもがもじんじゃ)の旧殿を移して現在の本殿が建立され、その後幣殿も建立されました。
*参考・・・菅大臣神社(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【菅大臣神社桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
菅大臣神社(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報
★京都の桜名所では桜の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都桜ライトアップ2023(清水寺・円山公園・東寺・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る