金閣寺歴史年表(創建~現在)足利義満

金閣寺金閣・金閣寺見どころ

金閣寺歴史

金閣寺歴史を紹介しています。金閣寺はかつて西園寺公経の山荘・北山殿や氏寺・西園寺があった場所と言われています。1397年(応永4年)に室町幕府3代将軍・足利義満が領地交換により、山荘を譲り受けて改築・新築し、北山第(北山殿)と名付けました。
京都世界遺産・金閣寺基本情報金閣寺見どころ

【金閣寺歴史 年表】
(歴史・創建以前)
金閣寺は鎌倉時代前期に公卿・西園寺公経(さいおんじきんつね)が尾張の所領との交換により、公卿・白川仲資王(しらかわなかすけおう)から手に入れた場所でした。その後1224年(元仁元年)に西園寺公経が山荘・北山第(きたやまてい)を造営し、氏寺・西園寺を創建したと言われています。しかし1335年(建武2年)に公卿・西園寺公宗(さいおんじきんむね)が鎌倉幕府滅亡後の北条氏と南朝初代で、第96代・後醍醐天皇(ごだいごてんのう)を暗殺しようとした謀反が発覚し、西園寺公宗は処刑され、西園寺氏の所領などは没収されました。

(歴史・足利義満の時代)
1397年(応永4年)に室町幕府3代将軍・足利義満(あしかがよしみつ)が河内の領地との交換により、山荘・北山第を譲り受け、御所・北山殿(きたやまどの)を造営しました。1394年(応永元年)に足利義満は将軍職を嫡男・足利義持(あしかがよしもち)に譲ったが、その後も北山第で政務を行いました。

スポンサーリンク

(歴史・足利義満の没後)
足利義満没後の1408年(応永15年)に室町幕府4代将軍・足利義持が異母弟・足利義嗣(あしかがよしつぐ)を追放して北山殿に入ったが、翌1409年(応永16年)に北山殿の一部を破却し、その後は足利義満の妻・北山院(日野康子(ひのやすこ))の御所になりました。しかし1419年(応永26年)に北山院が亡くなると金閣(舎利殿)以外の寝殿などの伽藍は解体され、南禅寺(なんぜんじ)・建仁寺(けんにんじ)に移されたと言われています。

(歴史・創建)
1420年(応永27年)に足利義満の遺言により、北山殿は夢窓国師(むそうこくし)・夢窓疎石(むそうそぜき)を開山として、足利義満の法号「鹿苑院殿」から禅寺・北山鹿苑寺に改められました。

(歴史・室町時代から江戸時代)
応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって伽藍の多くが焼失し、江戸時代に主な伽藍が再建されました。金閣(舎利殿)も1649年(慶安2年)に修理されたと言われています。

(歴史・明治時代以降)
1950年(昭和25年)に金閣(国宝)は放火によって焼失しました。その後1955年(昭和30年)に金閣が再建されました。

【金閣寺 足利義満】
足利義満は室町幕府2代将軍・足利義詮(あしかがよしあきら)の子で、3代将軍になり、金閣寺を開基しました。足利義満は1367年(貞治五年)に10歳で将軍職を継ぎ、1394年(応永元年)に長男・足利義持に将軍職を譲り、1395年(応永2年)には家して道義(どうぎ)と号しました。

【金閣寺 足利義持】
足利義持は異母兄がいたが、嫡子として扱われ、1394年(応永元年)に父・足利義満から将軍職を譲られ、9歳で4代将軍になりました。その後1423年(応永30年)に嫡子・足利義量(あしかがよしかず)に将軍職を譲り、出家ました。なお将軍在位28年は室町幕府の将軍の中で、最長の在任期間です。

【金閣寺 金閣】
●金閣(舎利殿)は1398年(応永5年)に建立されたが、1950年(昭和25年)7月2日未明の放火によって焼失しました。その後1955年(昭和30年)に再建されました。
金閣
●鳳凰(ほうおう)は室町時代に造られました。しかし明治時代の解体・修理の際に尾が破損して取り外され、放火による焼失を免れました。鳳凰は創建当時のもので、唯一残されたものと言われています。

【金閣寺 金閣以外の建物】
●方丈は1602年(慶長7年)に建立されたが、1678年(延宝6年)に第108代・後水尾天皇(ごみずのおてんのう)の寄進によって再建されました。
●不動堂は天正年間(1573年~1591年)に豊臣政権(とよとみせいけん)の五大老の一人だった宇喜多秀家(うきたひでいえ)が再建したと言われています。
不動堂・金閣寺歴史
●大書院は貞享年間(1684年~1687年)に建立されました。
●庫裏(くり)は1835年(天保6年)頃に再建されたとも言われています。
●茶室・夕佳亭(せっかてい)は第108代・後水尾天皇を迎える為に造られたと言われているが、1868年(明治元年)に焼失しました。その後1874年(明治7年)に再建されました。

【金閣寺 庭園】
●庭園は江戸時代後期に造営当初の池泉に戻されたが、その後現在のように改修されたと言われています。

【金閣寺 植物】
●陸舟の松(りくしゅうのまつ)は足利義満手植えで、樹齢約600年とも言われています。
●胡蝶侘助(こちょうわびすけ)は第108代・後水尾天皇のお手植えとも言われています。
●櫟樫(イチイガシ)は現在の様に伽藍が整備された江戸時代初期に植えられたと言われています。

【金閣寺 その他】
●銀河泉(ぎんがせん)は足利義満がお茶の水に使い、厳下水(がんかすい)は足利義満が手洗いに使ったと言われています。
●安民沢(あんみんたく)には西園寺家の鎮守である白蛇を祀った石塔・白蛇の塚があります。

【金閣寺 金閣放火事件】
金閣寺の象徴である金閣は1950年(昭和25年)7月2日未明、21歳の学僧の放火により、足利義満坐像(国宝)などとともに焼失しました。その後放火や学僧の母親の投身自殺は衝撃を与え、三島由紀夫(みしまゆきお)の小説「金閣寺」などの題材にもなりました。

【金閣寺 相国寺】
金閣寺は相国寺(しょうこくじ)の塔頭です。なお相国寺は1382年(永徳2年)に室町幕府3代将軍・足利義満が花の御所の隣接地に一大禅宗伽藍を建立することを発願したのが起源です。
相国寺

【金閣寺歴史 備考】
*参考・・・京都世界遺産・金閣寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ京都世界遺産・金閣寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る