銀閣寺歴史年表(創建~現在)足利義政

銀閣寺見どころ

銀閣寺歴史

銀閣寺歴史を紹介しています。銀閣寺はかつて平安時代中期に智証大師・円珍が創建した浄土寺があった場所でした。その後1473年(文明5年)に室町幕府8代将軍・足利義政が長子・足利義尚に将軍職を譲り、浄土寺跡に東山山荘・東山殿の造営しました。
京都世界遺産・銀閣寺基本情報銀閣寺見どころ

【銀閣寺歴史 年表】
(歴史・創建以前)
銀閣寺は平安時代中期に入唐八家(にっとうはっけ)の一人で、天台寺門宗(てんだいじもんしゅう)の宗祖である智証大師(ちしょうだいし)・円珍(えんちん)が創建し、寛仁年間(1017年~1020年)に第60代・醍醐天皇(だいごてんのう)の孫で、天台座主第25世・明求(みょうぐ)が堂宇を再建した天台宗の寺院・浄土寺(じょうどじ)があった場所でした。その後浄土寺は室町時代中期の応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失しました。

(歴史・足利義政の時代)
1473年(文明5年)に室町幕府幕府8代将軍・足利義政(あしかがよしまさ)は長子・足利義尚(あしかがよしひさ)に将軍職を譲り、1482年(文明14年)から浄土寺跡に東山山荘・東山殿(ひがしやまどの)の造営を始め、翌1483年(文明15年)には完成を待たずに洛北・長谷から移り住んだと言われています。東山殿の名称は第103代・後土御門天皇(ごつちみかどてんのう)から賜りました。その後1485年(文明17年)に足利義政の持仏堂として東求堂(とうぐどう)、1489年(長享3年)には銀閣(観音殿(かんのうでん))が建立されました。

スポンサーリンク

(歴史・創建)
1490年(延徳2年)に足利義政が亡くなって遺命により、東山殿は夢窓国師(むそうこくし)・夢窓疎石(むそうそせき)を勧請開山として、足利義政の法号・慈照院殿喜山道慶から臨済宗相国寺派の禅寺・慈照院(じしょういん)に改められました。ただ翌1491年(延徳3年)に慈照院から慈照寺に更に改められました。

(歴史・室町時代)
室町時代末期に足利将軍家と三好氏による兵火により、銀閣と東求堂以外の伽藍は焼失したと言われています。その後銀閣寺は太政大臣・近衛前久(このえさきひさ)の別荘になりました。

(歴史・江戸時代)
近衛前久の没後の1612年(慶長17年)に再び相国寺派の禅寺として再興されました。

【銀閣寺 足利義政】
足利義政は室町幕府6代将軍・足利義教(あしかがよしのり)の子で、8代将軍になり、銀閣寺を開基しました。足利義政は父・足利義教の暗殺や兄で、7代将軍・足利義勝(あしかがよしかつ)の早世により、1449年(宝徳元年)に14歳で将軍職を継ぎ、1473年(文明5年)に長子・足利義尚に将軍職を譲り、1485年(文明17年)には出家して喜山道慶(きざんどうけい)と号しました。

【銀閣寺 夢窓疎石】
夢窓疎石は1283年(弘安6年)に9歳で、甲斐・平塩寺(へいえんじ)の空阿(くうあ)の弟子になり、18歳で得度(とくど)し、1292年(正応5年)に奈良・東大寺(とうだいじ)で受戒しました。その後京(京都)に上洛し、南禅寺(なんぜんじ)の住持(じゅうじ・住持)などを歴任したり、銀閣寺の開山になったりし、歴代天皇から7度の国師号(夢窓国師・正覚国師(しょうがくこくし)・心宗国師(しんしゅうこくし)・普済国師(ふさいこくし)・玄猷国師(げんにゅうこくし)・仏統国師(ぶっとうこくし) ・大円国師(だいえんこくし) )を授けられ、七朝帝師(しちちょうていし)とも言われました。

【銀閣寺 科学的調査】
銀閣は2007年(平成19年)に銀閣寺が奈良文化財研究所に依頼した科学的調査により、建立以来一度も外壁に銀箔が張られていなかったことが判明しました。調査では風雨に晒されにくく、これまで修理されなかった部分から分析試料を取り出し、エックス線分析などを行ったが、銀の成分は全く検出されなかった。

【銀閣寺 国宝】
●銀閣(観音殿)は1489年(長享3年)に建立され、江戸時代に数度改修されました。銀閣は2007年(平成19年)の科学的調査により、一度も銀箔が張られていなかったことが判明しました。
銀閣
●東求堂(とうぐどう)は1485年(文明17年)に足利義政の持仏堂として建立されました。東求堂の書斎・同仁斎(どうじんさい)は日本最古の書院造と言われています。

【銀閣寺 その他の建物】
●本堂(方丈)は寛永年間(1624年~1643年)に再建されたと言われています。
●弄清亭(ろうせいてい)は1996年(平成8年)に再建されました。

【銀閣寺 庭園】
●庭園は世界遺産・苔寺(こけでら・西芳寺(さいほうじ))の庭園を模したと言われていますが、江戸時代に改修され、当初の面影は失われたとも言われています。

【銀閣寺 その他】
●銀沙灘(ぎんしゃだん)・向月台(こうげつだい)が現在のようになったのは室町時代ではなく、江戸時代後期と言われています。
●相君泉(そうくんせん)は足利義政が茶の湯に使用したと言われています。

【銀閣寺 相国寺】
銀閣寺は相国寺(しょうこくじ)の塔頭です。なお相国寺は1382年(永徳2年)に室町幕府3代将軍・足利義満(あしかがよしみつ)が花の御所の隣接地に一大禅宗伽藍を建立することを発願したのが起源です。
相国寺

【銀閣寺歴史 備考】
*参考・・・京都世界遺産・銀閣寺(アクセス・歴史概要・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る