カテゴリー:寺社歴史

  • 地主神社

    地主神社歴史年表(創建~現在)土地神

    地主神社歴史を紹介。地主神社は清水寺の創建以前から土地神が祀られていたとも言われています。地主神社は社伝によると神代の昔、つまり日本の建国以前に造営されたと言われています。701年(大宝元年)に本殿が造営されたとも言われています。
  • 西本願寺

    西本願寺歴史年表(創建~現在)親鸞聖人・覚信尼

    西本願寺歴史を紹介。西本願寺は1272年(文永9年)に親鸞聖人の末娘・覚信尼が自ら寄進した東山吉水北の土地に東山鳥辺野北大谷(元大谷)の石塔に納められていた親鸞聖人の遺骨を改葬して、六角の廟堂(大谷廟堂)を建立したのが起源です。
  • 広隆寺

    広隆寺歴史年表(創建~現在)秦河勝

    広隆寺歴史を紹介。広隆寺は603年(推古天皇11年)に渡来人氏族・秦河勝が用明天皇の皇子・聖徳太子から賜った弥勒菩薩を本尊として創建したのが起源とも、聖徳太子の供養の為に創建され、葛野秦寺と言われたのが起源とも言われています。
  • 三十三間堂蓮華王院本堂・三十三間堂見どころ

    三十三間堂歴史年表(創建~現在)後白河上皇

    三十三間堂歴史を紹介。三十三間堂はかつて988年(永延2年)に太政大臣・藤原為光が造営した私邸があった場所とも言われています。その後1165年(長寛2年)に後白河上皇が平清盛に資材協力を命じ、離宮・法住寺殿の一画に創建しました。
  • 泉涌寺

    泉涌寺歴史年表(創建~現在)月輪大師

    泉涌寺歴史を紹介。泉涌寺は起源が明確ではありません。泉涌寺は天長年間に真言宗の開祖である弘法大師・空海が草庵を結んだのが起源とも、856年(斉衡3年)に左大臣・藤原緒嗣が神修上人を開山として、山荘を改めたのが起源とも言われています。
  • 永観堂

    永観堂歴史年表(創建~現在)永観律師

    永観堂歴史を紹介。永観堂はかつて平安時代に藤原関雄の東山山荘があった場所でした。その後853年(仁寿3年)に弘法大師・空海の高弟・真紹が都における実践道場の建立を志して、東山山荘跡を買い取って五智如来を安置したのが起源です。
  • 伏見稲荷大社

    伏見稲荷大社歴史年表(創建~現在)伊侶巨秦公

    伏見稲荷大社歴史を紹介。伏見稲荷大社は古墳時代に3基の円墳が造営されたとも、古くから神奈備山と信仰されていたとも言われる場所でした。その後711年(和銅4年)に伊侶巨秦公が勅命を受け、稲荷山に稲荷大神を祀ったと言われています。
  • 北野天満宮一の鳥居・北野天満宮見どころ

    北野天満宮歴史年表(創建~現在)菅原道真

    北野天満宮歴史を紹介。北野天満宮は古くから雷神が祀られていた場所とも言われています。その後947年(天暦元年)に多治比文子・近江比良宮の神主である神良種・朝日寺の僧である最珍らが神殿を建て、祭神・菅原道真を祀ったのが起源です。
  • 八坂神社

    八坂神社歴史年表(創建~現在)伊利之使主

    八坂神社歴史を紹介。八坂神社はかつて渡来氏族・八坂造が住した場所とも言われています。その後656年(斉明天皇2年)に高麗の調進副使・伊利之使主が新羅・牛頭山に座した素戔嗚尊(牛頭天王)を山城国愛宕郡八坂郷に奉斎したのが起源とも言われています。
  • 大覚寺

    大覚寺歴史年表(創建~現在)嵯峨天皇

    大覚寺歴史を紹介。大覚寺はかつて平安時代初期に嵯峨天皇が造営した離宮・嵯峨院があった場所です。その後876年(貞観18年)に嵯峨天皇の皇女で、淳和天皇の皇后・正子内親王が淳和天皇の第2皇子・恒寂入道親王を開山として離宮を寺院に改めました。
  • 相国寺

    相国寺歴史年表(創建~現在)足利義満

    相国寺歴史を紹介。相国寺は1382年(永徳2年)に室町幕府3代将軍・足利義満が室町第・花の御所の東に一大禅宗伽藍を建立することを発願したのが起源です。1392年(元中9年)に伽藍が完成したが、1394年(応永元年)に七重大塔を含めて全焼しました。
  • 知恩院

    知恩院歴史年表(創建~現在)法然上人

    知恩院歴史を紹介。知恩院は平安時代末期に浄土宗の開祖・法然上人が勢至堂付近の東山・吉水に草庵を結んだのが起源です。1212年(建暦2年)に法然上人が亡くなり、法然上人の弟子・勢観房源智が廟を造り、法然上人の弟子・信空が守りました。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る