南禅寺歴史年表(創建~現在)亀山法皇

南禅寺見どころ

南禅寺歴史

南禅寺歴史を紹介しています。南禅寺はかつて園城寺の別院・最勝光院や後嵯峨天皇が営んだ離宮・禅林寺殿があった場所です。1291年(正応4年)に亀山法皇(第90代・亀山天皇)が大明国師・無関普門を開山として離宮を寺に改め、龍安山禅林禅寺と称したのが起源です。
京都・南禅寺基本情報南禅寺見どころ

【南禅寺歴史 年表】
(歴史・創建前)
南禅寺(なんぜんじ)は僧・道智(どうち)が創建した園城寺(おんじょうじ・三井寺(みいでら))の別院・最勝光院(さいしょうこういん)があった場所でした。その後最勝光院は衰退しました。
1264年(文永元年)に第88代・後嵯峨天皇(ごさがてんのう)が母の大宮院御所(おおみやいんごしょ)として、離宮・禅林寺殿(ぜんりんじどの)を造営したと言われています。禅林寺殿には上の御所と下の御所があり、1287年(弘安10年)に上の御所に持仏堂(じぶつどう)を建立したのが南禅寺発祥の地と言われる南禅院(南禅寺の別院寺院)の起源です。なお禅林寺殿の名称は現在も南禅寺の北側にある禅林寺(永観堂(えいかんどう))に由来しています。

(歴史・創建)
1289年(正応2年)に亀山上皇(第90代・亀山天皇(かめやまてんのう))が了遍僧正(りょうへんそうじょう)の戒師(かいし)により、落飾(出家)して亀山法皇になりました。その後1291年(正応4年)に亀山法皇が大明国師(だいみょうこくし)・無関普門(むかんふもん)を開山として、離宮・禅林寺殿を寺に改め、龍安山禅林禅寺と名付けました。南禅寺は皇室発願の最初の禅寺になりました。なお大明国師・無関普門は禅林寺殿に夜な夜な出没し、亀山法皇を悩ませた妖怪変化(ようかいへんげ)を弟子とともに静かに座禅するだけで退散させ、そのことから開山に招聘されたと言われています。
開山直後の1291年(正応4年)に大明国師・無関普門が亡くなると無関普門の弟子・規庵祖円(きあんそえん)が2世住職になり、伽藍を整備し、正安年間(1299年~1302年)に名称を龍安山禅林禅寺から太平興国南禅禅寺(たいへいこうこくなんぜんぜんじ)に改めたと言われています。

スポンサーリンク

(歴史・その後)
1307年(徳治2年)に後宇多上皇(第91代・後宇多天皇(ごうだてんのう))が鎌倉幕府に令し、南禅寺を鎌倉五山に准ずるものとしました。その後1334年(建武元年)に南朝初代で、第96代・後醍醐天皇(ごだいごてんのう)が五山の第一に列し、1385年(至徳3年)に室町幕府3代将軍・足利義満(あしかがよしみつ)が自らの建立した相国寺(しょうこくじ)を京都五山の第一にする為、京都五山と鎌倉五山の上である別格・「五山之上」に列しました。なお京都五山は天龍寺(てんりゅうじ)・相国寺・建仁寺(けんにんじ)・東福寺(とうふくじ)・万寿寺(まんじゅじ)、鎌倉五山は建長寺(けんちょうじ)・円覚寺(えんかくじ)・寿福寺(じゅふくじ)・浄智寺(じょうちじ)・浄妙寺(じょうみょうじ)です。
その後1393年(明徳4年)と1447年(文安4年)の火災や応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火により、多くの伽藍が焼失しました。なお応仁の乱では裏山に赤松(あかまつ)軍が陣を敷き、山名(やまな)軍などと戦いになったそうです。
1605年(慶長10年)に江戸幕府の参与で、「黒衣の宰相(こくいのさいしょう)」と言われた金地院崇伝(こんちいんすうでん)・以心崇伝(いしんすうでん)が270世住持になり、伽藍が再建されました。

【南禅寺 建物】
●大方丈は天正年間(1573年~1591年)に建てられた女院御所(にょいんごしょ)の対面御殿を移して、1611年(慶長16年)に再建されました。小方丈は寛永年間(1624年~1643年)に建立されました。
●三門は1615(元和元年)の大坂夏の陣で戦死した一門の武士の冥福を祈る為、1628年(寛永5年)に武将・藤堂高虎(とうどうたかとら)が寄進しました。
●勅使門は慶長年間(1596年~1614年)に建てられた御所・日ノ御門(ひのみかど)を1641年(寛永18年)に移しました。
●法堂は1893年(明治26年)の火災で焼失し、1909年(明治42年)に再建されました。
●中門は1601年(慶長6年)に伏見城・松井邸の門を寄進され、勅使門(ちょくしもん)になりました。しかし御所・日ノ御門を賜ったことから現在の場所に移され、中門になりました。

【南禅寺 その他】
●方丈庭園・虎の子渡しの庭は1611年(慶長16年)頃に小堀遠州(こぼりえんしゅう)が作庭したと言われています。
●小方丈庭園・如心庭(にょしんてい)は1966年(昭和41年)に管長・柴山全慶(しばやまぜんけい)が「心を表現せよ」と指示して作庭されました。
●六道庭(ろくどうてい)は1967年(昭和42年)に作庭されました。
●水路閣は明治時代に建設されました。

【南禅寺 南禅院】
南禅院は1287年(弘安10年)に亀山上皇(第90代・亀山天皇)の離宮・禅林寺殿の上の御所に持仏堂が建立されたのが起源です。
南禅院

【南禅寺歴史 塔頭】
●金地院(こんちいん)は応永年間(1394年~1427年)に室町幕府4代将軍・足利義持(あしかがよしもち)が洛北鷹ケ峯(らくほくたかがみね)に創建したのが起源です。
金地院
●天授庵(てんじゅあん)は1339年(延元4年・暦応2年)に虎関師錬(こかんしれん)が北朝初代・光厳天皇(こうごんてんのう)の勅許により、無関普門の塔所として、建立したのが起源です。
天授庵

【南禅寺歴史 備考】
*参考・・・京都・南禅寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る