東福寺歴史年表(創建~現在)九条道家

東福寺

東福寺歴史

東福寺歴史を紹介しています。東福寺はかつて924年(延長2年)に藤原忠平が創建した氏寺・法性寺があった場所でした。1236年(嘉禎2年)に九条道家が祖父・兼実の菩提寺として、高さ5丈の釈迦像を安置する寺院を創建することを発願し、仏殿を建立しました。
京都・東福寺基本情報東福寺見どころ

【東福寺歴史 年表】
(歴史・創建以前)
東福寺(とうふくじ)は平安時代の924年(延長2年)に公卿(くぎょう)・藤原忠平(ふじわらのただひら)が創建した藤原氏の氏寺・法性寺(ほっしょうじ)があった場所でした。法性寺は天台宗(てんだいしゅう)の寺院だったそうです。

(歴史・創建)
1236年(嘉禎2年)に摂政(せっしょう)・九条道家(くじょうみちいえ)が祖父・九条兼実(くじょうかねざね)の菩提寺(ぼだいじ)として、高さ5丈(約15メートル)の釈迦(しゃか)像を安置する寺院を創建することを発願し、仏殿を建立しました。名称は奈良の東大寺(とうだいじ)と興福寺(こうふくじ)から1字ずつ取り、「東福寺」になり、宋(中国)から帰国した聖一国師(しょういちこくし)・円爾(えんに)が開山になりました。なお釈迦像は1319年(元応元年)の火災で焼失し、14世紀半ばに再造仏されたが、1881年(明治14年)に再び火災に見舞われました。東福寺には14世紀半ばに再造仏され、1881年(明治14年)の火災で焼け残った釈迦像の左手が残っているそうです。

スポンサーリンク

(歴史・鎌倉時代)
1252年(建長4年)に九条道家が亡くなり、九条道家の子・藤原頼経(ふじわらのよりつね・九条頼経)、そして一条実経(いちじょうさねつね)、二条良実(にじょうよしざね)に遺志は引き継がれ、1273年(文永10年)に法堂などが完成しました。ただ1319年(元応元年)の火災により、伽藍の多くを焼失しました。

(歴史・その後)
1334年(建武元年)に五山制度の第三位に列せられ、1341年(興国2年)と1342年(興国3年)に第五位に列せられました。なお京都五山は天龍寺(てんりゅうじ)・相国寺(しょうこくじ)・建仁寺(けんにんじ)・東福寺・万寿寺(まんじゅじ)、鎌倉五山は建長寺(けんちょうじ)・円覚寺(えんかくじ)・寿福寺(じゅふくじ)・浄智寺(じょうちじ)・浄妙寺(じょうみょうじ)です。
その後応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火などにより、度々焼失したり、荒廃したりしました。
その後関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)、江戸幕府初代将軍・徳川家康(とくがわいえやす)、後水尾上皇(第108代・後水尾天皇(ごみずのおてんのう))、江戸幕府3代将軍・徳川家光(とくがわいえみつ)などの援助により、再興されました。
1614年(慶長19年)に東福寺第227世・文英清韓(ぶんえいせいかん)が豊臣秀吉の子・豊臣秀頼(とよとみひでより)の請に応じ、方広寺(ほうこうじ)の鐘銘「国家安康君臣豊楽」を撰文したことから、方広寺鐘銘事件が起こり、豊臣家の滅亡に繋がりました。

【東福寺歴史 建物】
●三門は1425年(応永32年)に室町幕府4代将軍・足利義持(あしかがよしもち)が再建しました。三門は禅寺の三門として、日本最古と言われています。
●禅堂(選仏堂・僧堂)は1347年(貞和3年)に再建されました。禅堂は日本最古の禅堂と言われています。
●常楽庵(じょうらくあん)は1819年(文政2年)に焼失し、1823年(文政6年)に公卿・一条忠良(いちじょうただよ)が再建しました。
●浴室は1459年(長禄3年)に建立されました。浴室は京都最古の浴室建築とも言われています。
●東司(とうす)は室町時代前期に建立されました。東司は日本最古の東司と言われています。
●愛染堂(あいぞめどう)は室町時代前期に建立され、塔頭(たちゅう)・三聖寺(さんしょうじ)にあったが、1937年(昭和12年)に現在の場所に移されました。
●偃月橋(えんげつきょう)は1603年(慶長8年)に再建されました。
●六波羅門(惣門)は鎌倉時代前期に建てられ、鎌倉幕府の執権・北条(ほうじょう)氏の六波羅探題(ろくはらたんだい)から移したと言われています。
●月下門(月華門)は1268年(文永5年)に一条実経が常楽庵(じょうらくあん)を建立した際、第90代・亀山天皇(かめやまてんのう)から鎌倉時代前期に建てられた御所・月華門(げっかもん)を賜って移したと言われています。
●二王門は1597年(慶長2年)に建立されたが、三聖寺から万寿寺に移され、更に東福寺に移されました。
●鐘楼は室町時代中期に建立され、現在塔頭・万寿寺にあります。
●法堂(仏殿兼法堂)は1881年(明治14年)に焼失し、1934年(昭和9年)に再建されました。
●通天橋は1959年(昭和34年)の台風で崩壊し、1961年(昭和36年)に再建されました。
●五社成就宮(五社明神社)は1594年(文禄3年)に造営されました。
●光明宝殿は1981年(昭和56年)に造営されました。

【東福寺歴史 その他】
●十三重石塔は1343年(康永2年)に公卿・九条道家(くじょうみちいえ)が建てました。
●本坊庭園は1938年(昭和13年)に造園家・重森三玲(しげもりみれい)が作庭しました。なお本坊庭園は名勝です。
●唐楓(通天モミジ)は聖一国師・円爾が宋(中国)から持ち帰ったが、1869年(明治2年)に東福寺288世・海州楚棟(かいしゅうそとう)が一度全て伐採しました。

【東福寺歴史 塔頭】
●芬陀院(ふんだいん)は元亨年間(1321年~1323年)に関白・一条経通(いちじょうつねみち)が父・一条内経(いちじょううちつね)の為に創建しました。
芬陀院
●龍吟庵(りょうぎんあん)は1291年(正応4年)に大明国師(だいみょうこくし)・無関普門(むかんふもん)が建てた住房跡です。
龍吟庵

【東福寺歴史 備考】
*参考・・・京都・東福寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ京都・東福寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る