大徳寺歴史年表(創建~現在)宗峰妙超

大徳寺見どころ

大徳寺歴史

大徳寺歴史を紹介しています。大徳寺は平安時代に第53代・淳和天皇の離宮・紫野院が営まれた場所とも言われています。1315年(正和4年)に宗峰妙超が甥・赤松円心の帰依を受け、小堂・大徳庵を建立したとも、小庵・大徳庵を贈られたとも言われています。
大徳寺基本情報大徳寺見どころ

【大徳寺歴史 年表】
(歴史・創建前)
大徳寺(だいとくじ)は平安時代に第53代・淳和天皇(じゅんなてんのう)の離宮・紫野院(しのいん)が営まれた場所とも言われています。その後紫野寺・慈雲院(うりんいん)などが建立されたとも言われています。

(歴史・創建)
1315年(正和4年)に大燈国師(だいとうこくし)・宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)が甥・赤松円心(あかまつえんしん)の帰依を受け、小堂・大徳庵を建立したとも、小庵・大徳庵を贈られたとも言われています。

(歴史・鎌倉時代)
1323年(元亨3年)頃に宗峰妙超が花園上皇(第95代・花園天皇(はなぞのてんのう))に禅籍を講義し、1325年(正中2年)に花園上皇が宗峰妙超に帰依し、持明院統(じみょういんとう・北朝)の祈願所にしました。なお大覚寺統(だいかくじとう・南朝)の第96代・後醍醐天皇(ごだいごてんのう)も院宣を下したと言われています。
1333年(元弘3年)に隠岐(おき)から戻った第96代・後醍醐天皇から五山別格の宸翰(しんかん)を賜り、1334年(建武元年)に第96代・後醍醐天皇から京都五山の第一位である南禅寺(なんぜんじ)と同列の上刹(じょうせつ)に列せられました。なお第96代・後醍醐天皇は1335年(建武2年)に大徳寺に行幸しました。

スポンサーリンク

(歴史・室町時代)
1341年(興国2年)に室町幕府初代将軍・足利尊氏(あしかがたかうじ)が弟で、副将軍と称された足利直義(あしかがただよし)が大徳寺を京都五山から外しました。大徳寺は官刹(かんさつ)から離脱し、十刹の下の格外・林下(りんげ)になりました。なお1386年(元中3年)に室町幕府3代将軍・足利義満(あしかがよしみつ)が五山制度を改定し、大徳寺は五山十刹の内、十刹の第九位に列せられました。ただ1431年(永享3年)に室町幕府に願い出て再び官刹から外れたそうです。
1453年(享徳2年)の火災や応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火により、多くの伽藍を焼失しました。
1474年(文明6年)に第103代・後土御門天皇(ごつちみかどてんのう)の勅命により、一休さん(一休宗純(いっきゅうそうじゅん))が大徳寺第48代住持になり、堺の豪商・尾和宗臨(おわそうりん)らの協力によって再興しました。

(歴史・その後)
1582年(天正10年)に関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)が織田信長(おだのぶなが)の葬儀を7日間に渡って行い、織田信長を弔う為に総見院(そうけんいん)を建立しました。
1589年(天正17年)に千利休(せんのりきゅう)が山門(金毛閣)に二階を増築し、雪駄(げた)を履いた利休の像を安置したことから豊臣秀吉の怒りを買って、自決の原因になったとも言われています。なお秀吉は大徳寺を破却しようとしたそうです。

【大徳寺 建物】
●方丈・玄関は一休宗純の参徒で、豪商・後藤益勝(ごとうますかつ)の寄進によって建立されました。方丈は1635年(寛永12年)、玄関は翌1636年(寛永13年)に完成しました。
●唐門(日暮門)は安土桃山時代に関白・豊臣秀吉が建てた聚楽第(じゅらくてい)の遺構を越後・村上忠勝(むらかみただかつ)が譲り受けて移したと言われています。
●仏殿は1665年(寛文5年)に京都の豪商・那波常有(なわじょうゆう)の寄進によって改めて建立されました。
●寝堂(茶堂)は1630(寛永7年)に毛利家の家老・益田玄蕃頭元祥(ますだげんばのかみもとなが)が建立したと言われています。
●経蔵は1636(寛永13年)に那波宗旦(なわそうたん)が再建しました。
●庫裏(くり)は応仁の乱の兵火によって焼失し、文明年間(1469年~1487年)に淡路屋寿源(淡路屋某法名滴澗)が再建し、1636年(寛永13年)頃に旧方丈の古材によって修復されたとも言われています。
●浴室は1622年(元和8年)に京都の豪商・灰屋紹由(はいやじょうゆう)が再建しました。
●鐘楼は1583年(天正11年)に建立されました。
●山門(三門)の下層は1526年(大永6年)に連歌師(れんがし)・宗長(そうちょう)らが寄進し、上層は1589年(天正17年)に千利休が設けました。
●勅使門は慶長年間(1596年~1614年)に建てられた御所・陽明門(ようめいもん)を1640年(寛永17年)に第108代・後水尾天皇(ごみずのおてんのう)から賜って移しました。
●梶井門は延暦年間(782年~806年)に天台宗の宗祖である伝教大師(でんぎょうだいし)・最澄(さいちょう)が建てた梶井御所(かじいごしょ・三千院(さんぜんいん))の門だったが、梶井御所が応仁の乱によって焼失して大原に移り、梶井門だけが残されました。

【大徳寺 その他】
●東庭は江戸時代初期に小堀遠州(こぼりえんしゅう)、南庭は1636年(寛永13年)に大徳寺169世・天佑紹杲(てんゆうじょうこう)が作庭したとも言われています。
●イブキの木は仏殿が再建された1665年(寛文5年)頃に植えられたと言われています。

【大徳寺 別院・塔頭】
●徳禅寺(とくぜんじ)は大徳寺とは別に開山されたが、応仁の乱の兵火によって焼失し、一休さん(一休宗純)が現在の場所に移して再建したとも言われています。
徳禅寺
●総見院(そうけんいん)は1583年(天正11年)に関白・豊臣秀吉が織田信長の一周忌追善法要の為に位牌所として建立しました。
総見院

【大徳寺歴史 備考】
*参考・・・京都・大徳寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る